サムエル​記​第​二 10:1-19

10  その後,アンモン人+の王が死に,代わりに王の子ハヌンが王になった+  ダビデは言った。「ハヌンの父ナハシュは私に揺るぎない愛を示してくれた。私も揺るぎない愛をナハシュの子ハヌンに示そう」。こうしてダビデは,父を失ったハヌンを慰めようとして家来たちを遣わした。ところが,ダビデの家来たちがアンモン人の土地に入ると,  アンモン人の高官たちが主人であるハヌンにこう言った。「ダビデはあなたの父上を敬っているので,あなたを慰めるために人を遣わしてきた,とお考えですか。ダビデが家来たちを送ってきたのは,この町を探って偵察し,征服しようとしてのことではないでしょうか」。  それでハヌンはダビデの家来たちを捕まえ,顎ひげを半分そり落とし+,服も腰から下半分を切り落として,追い返した。  ダビデはそのことを聞き,すぐに人を送って家来たちを迎えに行かせた。家来たちがひどい辱めを受けたからである。王はこう伝えさせた。「顎ひげが伸びるまでエリコ+にいて,それから帰ってきなさい」。  やがてアンモン人は,ダビデの憎しみを買ったことを悟った。それで人を送って,ベト・レホブ+のシリア人とツォバ+のシリア人の歩兵2万人,マアカ+の王と1000人,イシュトブ*の1万2000人を雇った+  ダビデはそれを聞き,ヨアブと全軍,最も強い戦士たちを送った+  アンモン人は出ていき,町の門の入り口で戦闘隊形を整えた。ツォバとレホブのシリア人,またイシュトブ*とマアカは野原にいた。  ヨアブは前後から戦いの前線が向かってくるのを見ると,イスラエルの精鋭から兵士たちを選び,シリア人に対して戦闘隊形を整えた+ 10  残りの兵士たちを,兄弟アビシャイ+の指揮下に配置し,アンモン人に対して戦闘隊形を整えた+ 11  ヨアブは言った。「もし私がシリア人に苦戦していたら,助けに来てくれ。あなたがアンモン人に苦戦したときは,私が助けに行く。 12  私たちの民のため,私たちの神の町々のため,力を奮い起こし,勇気を出そう+。エホバは,良いと思われることを行われる+」。 13  ヨアブと兵士たちはシリア人と戦うために進み出,シリア人はヨアブの前から敗走した+ 14  アンモン人は,シリア人が敗走したのを見て,アビシャイの前から逃げ出し,町に戻った。その後ヨアブはアンモン人の所を出て,エルサレムに帰った。 15  シリア人は,イスラエルに打ち破られたので,軍隊を再編成した+ 16  ハダドエゼル+は人を送って,川*+地方にいたシリア人をヘラムに来させた。ハダドエゼルの軍隊の長ショバクが彼らを率いた。 17  そのことについて報告を受けたダビデは,直ちにイスラエル全体を集め,ヨルダン川を渡ってヘラムに行った。シリア人はダビデに対して戦闘隊形を整え,戦った+ 18  だが,シリア人はイスラエルの前から敗走した。こうしてダビデはシリア人の兵車の乗り手700人と騎手4万人を殺し,軍隊の長ショバクを討った。ショバクはそこで死んだ+ 19  ハダドエゼルに仕えていた王たちは皆,イスラエルに打ち破られたので,速やかにイスラエルと和平を結び,イスラエルに従属するようになった+。シリア人は恐れ,もうアンモン人に加勢しようとはしなかった。

脚注

または,「トブの人たち」。
または,「トブの人たち」。
ユーフラテス川のこと。

注釈

メディア