サムエル​記​第​二 10:1-19

10  その,アンモンじん+おうに,わりにおうハヌンがおうになった+  ダビデはった。「ハヌンのちちナハシュはわたしるぎないあいしめしてくれた。わたしるぎないあいをナハシュのハヌンにしめそう」。こうしてダビデは,ちちうしなったハヌンをなぐさめようとしてらいたちをつかわした。ところが,ダビデのらいたちがアンモンじんはいると,  アンモンじんこうかんたちがしゅじんであるハヌンにこうった。「ダビデはあなたのちちうえうやまっているので,あなたをなぐさめるためにひとつかわしてきた,とおかんがえですか。ダビデがらいたちをおくってきたのは,このまちさぐってていさつし,せいふくしようとしてのことではないでしょうか」。  それでハヌンはダビデのらいたちをつかまえ,あごひげをはんぶんそりとし+ふくこしからしたはんぶんとして,かえした。  ダビデはそのことをき,すぐにひとおくってらいたちをむかえにかせた。らいたちがひどいはずかしめをけたからである。おうはこうつたえさせた。「あごひげがびるまでエリコ+にいて,それからかえってきなさい」。  やがてアンモンじんは,ダビデのにくしみをったことをさとった。それでひとおくって,ベト・レホブ+のシリアじんとツォバ+のシリアじんへい2まんにん,マアカ+おうと1000にん,イシュトブ*の1まん2000にんやとった+  ダビデはそれをき,ヨアブとぜんぐんもっとつよせんたちをおくった+  アンモンじんていき,まちもんぐちせんとうたいけいととのえた。ツォバとレホブのシリアじん,またイシュトブ*とマアカははらにいた。  ヨアブはぜんからたたかいのぜんせんかってくるのをると,イスラエルのせいえいからへいたちをえらび,シリアじんたいしてせんとうたいけいととのえた+ 10  のこりのへいたちを,きょうだいアビシャイ+はいし,アンモンじんたいしてせんとうたいけいととのえた+ 11  ヨアブはった。「もしわたしがシリアじんせんしていたら,たすけにてくれ。あなたがアンモンじんせんしたときは,わたしたすけにく。 12  わたしたちのたみのため,わたしたちのかみまちまちのため,ちからふるこし,ゆうそう+。エホバは,いとおもわれることをおこなわれる+」。 13  ヨアブとへいたちはシリアじんたたかうためにすす,シリアじんはヨアブのまえからはいそうした+ 14  アンモンじんは,シリアじんはいそうしたのをて,アビシャイのまえからし,まちもどった。そのヨアブはアンモンじんところて,エルサレムにかえった。 15  シリアじんは,イスラエルにやぶられたので,ぐんたいさいへんせいした+ 16  ハダドエゼル+ひとおくって,かわ*+ほうにいたシリアじんをヘラムにさせた。ハダドエゼルのぐんたいちょうショバクがかれらをひきいた。 17  そのことについてほうこくけたダビデは,ただちにイスラエルぜんたいあつめ,ヨルダンがわわたってヘラムにった。シリアじんはダビデにたいしてせんとうたいけいととのえ,たたかった+ 18  だが,シリアじんはイスラエルのまえからはいそうした。こうしてダビデはシリアじんへいしゃ700にんしゅ4まんにんころし,ぐんたいちょうショバクをった。ショバクはそこでんだ+ 19  ハダドエゼルにつかえていたおうたちはみな,イスラエルにやぶられたので,すみやかにイスラエルとへいむすび,イスラエルにじゅうぞくするようになった+。シリアじんおそれ,もうアンモンじんせいしようとはしなかった。

脚注

または,「トブの人たち」。
または,「トブの人たち」。
ユーフラテス川のこと。

注釈

メディア