サムエル​記​第​一 5:1-12

5  フィリスティア人は真の神の箱を奪って+,エベネゼルからアシュドドに運んだ。  それから真の神の箱を持ってダゴンの家*に運び,ダゴンのそばに置いた+  翌日,アシュドドの人たちが早く起きると,ダゴンはエホバの箱の前でうつぶせに倒れていた+。そこで彼らはダゴンを起こし,元の場所に戻した+  その翌朝,早く起きると,ダゴンはエホバの箱の前でうつぶせに倒れていた。ダゴンの頭と両手が切り落とされて,敷居の上にあった。魚の部分*はそのままだった。  こうしたことがあったため,ダゴンの祭司やダゴンの家に入る人は皆,今もアシュドドのダゴンの敷居を踏まない。  エホバはアシュドドの人たちを処罰した。アシュドドとその地域の人たちを痔にならせて苦しめた+  アシュドドの人たちは起きていることを見て,言った。「イスラエルの神の箱をここにとどまらせるな。イスラエルの神が,われわれとダゴン神に災いをもたらしているからだ」。  そこで彼らは人を遣わしてフィリスティア人の全領主を集め,尋ねた。「イスラエルの神の箱をどうしたらよいか」。領主たちは言った。「イスラエルの神の箱をガト+に移動させるとよい」。こうして彼らはイスラエルの神の箱をそこに移動させた。  彼らが箱をガトに移動させると,エホバはその町に災いをもたらし,大混乱に陥れた。若者も年寄りも,町の皆が痔になった+ 10  それで彼らは真の神の箱をエクロン+に送った。真の神の箱がエクロンに着くと,エクロンの人たちは叫びだした。「彼らはイスラエルの神の箱を持ってきて,われわれと民を死なせようとしているのだ+!」 11  そして彼らは人を遣わしてフィリスティア人の全領主を集め,言った。「イスラエルの神の箱を運び出して元の場所に戻し,われわれと民が死なずに済むようにしてもらいたい」。死の恐怖が町全体に広がっていたのである。真の神は厳しい処罰を下し+ 12  死ななかった人たちも痔になった。町の人々は,天に向かって助けを求めて叫んだ。

脚注

または,「神殿」。
直訳,「ダゴンだけ」。

注釈

メディア