サムエル​記​第​一 31:1-13

31  フィリスティアじんはイスラエルとたたかっていた+。イスラエルのひとたちはフィリスティアじんからげ,おおくがギルボアさんころされてたおれた+  フィリスティアじんはサウルとそのたちにせまっていった。そしてサウルの+ヨナタン+,アビナダブ,マルキ・シュアをった。  サウルへのこうげきはげしくなり,ゆみひとたちにつかったサウルはたれ,ひどいきずった+  サウルははこじゅうしゃった。「つるぎき,わたしとおしてくれ。あのかつれいけていないものたち+とおされ,むごくあつかわれるのはごめんだ」。しかしじゅうしゃおそれのあまり,そうしようとしなかった。それでサウルはつるぎって,そのうえした+  じゅうしゃもサウルがんだ+のをて,つるぎうえし,サウルとともんだ。  こうしてその,サウルと3にん息子むすこはこじゅうしゃ,そしてたちもみなともんだ+  たに*いきやヨルダンほうにいたイスラエルのたみは,イスラエルのへいたちがったこと,サウルと息子むすこたちがんだことをると,まちててはじめた+。そのフィリスティアじんがやってて,そこをせんりょうした。  よくじつ,フィリスティアじんせんしゃからぶっぴんろうとしててみると,サウルと3にん息子むすこがギルボアさんたおれていた+  そこでかれらはサウルのくびとし,った。そしてフィリスティアじんりょうじゅうひとおくり,かれらのぐうぞう+しん殿でんたみところらせをつたえた+ 10  それからサウルのをアシュトレテのぞうしん殿でんき,たいはベト・シャン+じょうへきにくぎけにした。 11  ヤベシュ・ギレアデ+じゅうみんはフィリスティアじんがサウルにしたことをくと, 12  せんたちがみながってどおどうし,サウルと息子むすこたちのたいをベト・シャンのじょうへきからはずし,ヤベシュにかえっていた。 13  それからほね+,ヤベシュのギョリュウのしたほうむ+,7かんだんじきをした。

脚注

または,「谷あいの平原」。

注釈

メディア