サムエル​記​第​一 3:1-21

3  その間,少年サムエルはエリの前でエホバに奉仕していた+。その頃,エホバからの言葉はまれで,幻+もあまりなかった。  ある日,エリはいつもの場所で寝ていた。目はかすみ,見ることができなかった+  神のランプ+はまだ消されておらず,サムエルは神の箱があるエホバの神殿*+寝ていた。  その時,エホバはサムエルを呼んだ。サムエルは,「はい,何でしょうか」と答えた。  そしてエリの所に走っていき,「お呼びになりましたか」と言った。しかしエリは,「呼んではいない。戻って寝なさい」と言った。それでサムエルは戻って寝た。  エホバはもう一度,「サムエル!」と呼んだ。サムエルは起きてエリの所に行き,「お呼びになりましたか」と言った。しかしエリは,「サムエル,呼んではいない。戻って寝なさい」と言った。  (サムエルはまだエホバをよく知らず,エホバの言葉はまだサムエルに啓示されていなかった+。)  エホバは3度目に,「サムエル!」と呼んだ。サムエルは起きてエリの所に行き,「お呼びになりましたか」と言った。 その時エリは,エホバが少年サムエルを呼んでいることに気付いた。  エリはサムエルに言った。「戻って寝なさい。もし呼ばれたら,『エホバ,お話しください。聞いております』と言いなさい」。そこでサムエルは自分の場所に戻って寝た。 10  エホバはもう一度,「サムエル,サムエル!」と呼んだ。サムエルは,「お話しください。聞いております」と言った。 11  エホバはサムエルに言った。「私はイスラエルで,あることをしようとしている。それについて聞く人は皆,衝撃を受ける*だろう+ 12  その日,私はエリとその家系について言ったことを全て,初めから終わりまで実行する+ 13  あなたはエリに伝えなければならない。彼も知っている過ちのゆえに+,私が彼の家系に永遠の処罰を下すということを。息子たちが神を侮辱しているのに+,彼は叱らなかったのである+ 14  それで私はエリの家系に関して誓った。エリの家族の過ちは,犠牲によっても捧げ物によっても決して贖われることはない+」。 15  サムエルは朝まで眠り,それからエホバの家の戸を開けた。彼は,見た幻についてエリに伝えるのを恐れた。 16  ところがエリから,「サムエル!」と呼ばれた。そこでサムエルは,「はい,ここにおります」と言った。 17  エリは尋ねた。「どんな知らせを聞いたのか。どうか隠さないでほしい。もし聞いた言葉を一言でも隠すなら,神があなたを厳しく罰しますように」。 18  それでサムエルは全てを話し,何も隠さなかった。エリは言った。「それはエホバだ。神が,良いと思われることを行われますように」。 19  サムエルはさらに成長していった。エホバが共にいて+,彼の言葉をどれも実現させた。 20  イスラエル全体はダンからベエル・シェバまで,サムエルがエホバの預言者として認められたことを知った。 21  エホバは引き続きシロで現れた。エホバは自分のことをサムエルに明らかにしたのである。エホバの言葉によってそうした+

脚注

幕屋のこと。
直訳,「耳が鳴る」。

注釈

メディア