サムエル​記​第​一 3:1-21

3  そのかんしょうねんサムエルはエリのまえでエホバにほうしていた+。そのころ,エホバからのことはまれで,まぼろし+もあまりなかった。  ある,エリはいつものしょていた。はかすみ,ることができなかった+  かみのランプ+はまだされておらず,サムエルはかみはこがあるエホバのしん殿でん*+ていた。  そのとき,エホバはサムエルをんだ。サムエルは,「はい,なんでしょうか」とこたえた。  そしてエリのところはしっていき,「おびになりましたか」とった。しかしエリは,「んではいない。もどってなさい」とった。それでサムエルはもどってた。  エホバはもういち,「サムエル!」とんだ。サムエルはきてエリのところき,「おびになりましたか」とった。しかしエリは,「サムエル,んではいない。もどってなさい」とった。  (サムエルはまだエホバをよくらず,エホバのことはまだサムエルにけいされていなかった+。)  エホバは3に,「サムエル!」とんだ。サムエルはきてエリのところき,「おびになりましたか」とった。 そのときエリは,エホバがしょうねんサムエルをんでいることにいた。  エリはサムエルにった。「もどってなさい。もしばれたら,『エホバ,おはなしください。いております』といなさい」。そこでサムエルはぶんしょもどってた。 10  エホバはもういち,「サムエル,サムエル!」とんだ。サムエルは,「おはなしください。いております」とった。 11  エホバはサムエルにった。「わたしはイスラエルで,あることをしようとしている。それについてひとみなしょうげきける*だろう+ 12  そのわたしはエリとそのけいについてったことをすべて,はじめからわりまでじっこうする+ 13  あなたはエリにつたえなければならない。かれっているあやまちのゆえに+わたしかれけいえいえんしょばつくだすということを。息子むすこたちがかみじょくしているのに+かれしからなかったのである+ 14  それでわたしはエリのけいかんしてちかった。エリのぞくあやまちは,せいによってもささものによってもけっしてあがなわれることはない+」。 15  サムエルはあさまでねむり,それからエホバのいえけた。かれは,まぼろしについてエリにつたえるのをおそれた。 16  ところがエリから,「サムエル!」とばれた。そこでサムエルは,「はい,ここにおります」とった。 17  エリはたずねた。「どんならせをいたのか。どうかかくさないでほしい。もしいたことひとことでもかくすなら,かみがあなたをきびしくばっしますように」。 18  それでサムエルはすべてをはなし,なにかくさなかった。エリはった。「それはエホバだ。かみが,いとおもわれることをおこなわれますように」。 19  サムエルはさらにせいちょうしていった。エホバがともにいて+かれことをどれもじつげんさせた。 20  イスラエルぜんたいはダンからベエル・シェバまで,サムエルがエホバのげんしゃとしてみとめられたことをった。 21  エホバはつづきシロであらわれた。エホバはぶんのことをサムエルにあきらかにしたのである。エホバのことによってそうした+

脚注

幕屋のこと。
直訳,「耳が鳴る」。

注釈

メディア