サムエル​記​第​一 28:1-25

28  その頃,フィリスティア人がイスラエルと戦うため軍隊を集めた+。そこでアキシュはダビデに言った。「当然分かっていると思うが,あなたも部下たちも私と共に戦いに行くことになる+」。  ダビデはアキシュに言った。「あなたは私のすることを確かにご存じです」。アキシュはダビデに言った。「ならば,あなたをずっと私の護衛官にしよう+」。  さて,サムエルはすでに死んでいた。イスラエル全体が彼のことで嘆き悲しみ,故郷のラマに彼を葬った+。そして,サウルは領土から霊媒師や占い師を排除していた+  フィリスティア人は集まって進み,シュネム+に陣営を張った。それでサウルはイスラエル全体を集め,ギルボア+に陣営を張った。  サウルはフィリスティア人の陣営を見ると,恐れ,ひどくおびえた+  サウルはエホバに尋ねたが+,エホバは夢によっても,ウリム+によっても,預言者によっても答えなかった。  サウルはやがて家来たちに言った。「女の霊媒師+を探してこい。その女の所に行って相談しようと思う」。家来たちは言った。「エン・ドル+に女の霊媒師がいます」。  それでサウルは変装し,服を着替え,夜に2人の部下を連れてその女性の所に行った。サウルは言った。「霊媒師として占ってくれ+。私が言う人を呼び出してほしい」。  女性は言った。「あなたはサウルがしたことを知っているはずです。彼は領土から霊媒師や占い師を排除したのです+。それなのに,どうして私をわなに掛けて死なせようとするのですか+」。 10  するとサウルはエホバに懸けて誓って,こう言った。「生きている神エホバに懸けて誓う。この件であなたが罪を負うことはない!」 11  女性は,「誰を呼び出しましょうか」と言った。サウルは,「サムエルを呼び出してくれ」と答えた。 12  女性は“サムエル”*+を見ると,大声で叫び,サウルに言った。「どうして私をだましたのですか。あなたはサウルではないですか!」 13  王は言った。「恐れなくてよい。何が見えるのか」。女性はサウルに答えた。「神のような者が地面から上ってくるのが見えます」。 14  サウルはすぐ尋ねた。「どんな姿をしているか」。女性は言った。「年取った人が上ってきています。袖なしの上着を着ています+」。それでサウルは,サムエルに間違いないと思い,身をかがめてひれ伏した。 15  すると“サムエル”はサウルに言った。「どうして私を呼び出して煩わすのですか」。サウルは言った。「非常に困っているのです。フィリスティア人が攻めてきているのに,神は私から離れてしまい,預言者によっても夢によっても答えてくださいません+。それで,どうすればよいかを教えていただきたくて,お呼びしました+」。 16  “サムエル”は言った。「エホバがあなたから離れ+,敵となっているのに,どうして私に尋ねるのですか。 17  エホバは,私を通して予告したことを行います。エホバはあなたから王国を引き裂いて取り上げ,あなたの仲間ダビデに与えます+ 18  あなたはエホバの言うことに従わず,神を怒らせたアマレク人を滅ぼしませんでした+。それでエホバは今あなたをこのように扱っているのです。 19  また,エホバはイスラエルもあなたもフィリスティア人+に引き渡し,明日,あなた+とあなたの子たち+は私と一緒になります。エホバはイスラエルの軍勢もフィリスティア人に引き渡します+」。 20  するとサウルはばったり倒れた。“サムエル”の言葉のために非常に恐れた。サウルは一昼夜何も食べていなかったので,力がなくなっていた。 21  女性が近づいて見ると,サウルはひどく動揺していた。それでサウルにこう言った。「あなたの言うことに従い,命懸けで+,言われた通りにいたしました。 22  今度はどうか私の言うことを聞いてください。パンを1切れお出ししますので,召し上がってください。そうすれば力が出て,お帰りになれます」。 23  ところがサウルは拒み,「食べない」と言った。家来たちや女性がしきりに勧めると,ようやく彼は聞き入れ,立ち上がってベッドに座った。 24  女性は,家にいた肥えた子牛を急いでほふり*,麦粉をこねて無酵母パンを焼いた。 25  そしてサウルと家来たちに振る舞った。彼らは食べ,その後立ち上がり,夜のうちに去っていった+

脚注

または,「サムエルのように見える者」。
直訳,「犠牲にし」。

注釈

メディア