サムエル​記​第​一 27:1-12

27  ダビデは心の中でこう言った。「私はいつかサウルの手で殺されるだろう。フィリスティア人の地方に逃げる+のが一番いい。そうすれば,サウルはイスラエルの領土中で私を捜す+のを諦め,私は逃げ切れる」。  そこでダビデは立ち上がり,共にいた600人と一緒に+,ガトの王,マオクの子アキシュ+の所に行った。  ダビデと部下たちやそれぞれの家の人たちは,ガトのアキシュのもとに滞在した。ダビデは2人の妻と一緒だった。エズレルのアヒノアム+と,以前ナバルの妻だった,カルメルの人アビガイル+である。  サウルは,ダビデがガトに逃げ去ったという報告を聞き,捜すのをやめた+  ダビデはアキシュに言った。「もし私があなたの好意を得ていましたら,どこかの田舎町に場所を下さり,そこに住まわせてください。この私がどうして王が住む町に住んでよいでしょうか」。  それでアキシュはその日,チクラグ+を与えた。そのような訳で,チクラグは今もユダの王の所有地である。  ダビデがフィリスティア人の土地に住んだ期間は1年4カ月だった+  ダビデはしばしば部下たちと共に出ていき,ゲシュル人+,ギルズ人,アマレク人+を襲撃した。その人々はテラムからシュル+,そしてエジプトにまで広がる地域に住んでいたのである。  ダビデはその地域を攻めると,男性も女性も生かしておかなかった+。羊,牛,ロバ,ラクダ,衣類を奪っては,アキシュのもとに帰るのだった。 10  アキシュが,「あなた方は今日どこを襲撃したのか」と尋ねると,ダビデは,「ユダの南*です+」,「エラフメエルの子孫+の土地の南です」,「ケニ人+の土地の南です」などと答えていた。 11  ダビデは男性や女性を生かしたままガトに連れてくることはしなかった。彼が言うには,「私たちのことを報告させないため,『ダビデはこれこれのことをした』と言わせないため」だった。(ダビデは,フィリスティア人の土地に住む間ずっと,こういう方法を取った。) 12  それでアキシュはダビデを信じ,こう思った。「彼は間違いなくイスラエル人に憎まれるようになった。だから,私にずっと仕えるに違いない」。

脚注

または,「ネゲブ」。

注釈

メディア