サムエル​記​第​一 20:1-42

20  ダビデはラマのナヨトからった。ヨナタンのところき,こうった。「わたしがいったいなにをしたというのでしょう+わたしはどんなあやまちをおかしたのでしょうか。どんなつみおかしたというので,あなたのちちうえいのちねらわれるのですか」。  ヨナタンはった。「あなたがぬことなどありません+ちちなんでも,おおきなことでもちいさなことでも,わたしはなしてからおこないます。このけんについてもかくすことはないはずです。そのようなことはありません」。  ダビデはさらにった。「あなたのちちうえは,あなたがわたしのことをおもっているのを+きっとごぞんじなので,『ヨナタンにつらいおもいをさせないため,このけんらせないでおこう』とわれるはずです。きているかみエホバとあなたにけています。わたしいっさきにはっています+!」  ヨナタンはダビデにった。「あなたがうことをなんでもします」。  ダビデはヨナタンにった。「あしたはしんげつです+わたしおうともすわってしょくをすることになっています。それで,わたしさせてください。あさってのゆうがたまではらかくします。  もしあなたのちちうえわたしざいについてにしたら,こうってください。『ダビデはきょうのベツレヘム+きゅうかせてほしいとたのんできました。いちぞくぜんたいあつまってとしごとのせいささげるそうです+』。  もしちちうえが『いいだろう』とわれるなら,あんしんです。しかし,もしおいかりになるなら,わたしがいくわえるつもりだとおもってください。  このわたしに,るぎないあいしめしてください+。あなたはエホバのまえわたしけいやくむすんでくださったのです+。ですが,もしわたしつみがあるなら+,あなたのわたしころしてください。ちちうえわたしたりはしないでください」。  ヨナタンはった。「そんなことはかんがえないでください! もしも,ちちがいくわえるつもりであることがかったなら,あなたにかならつたえます+」。 10  ダビデはった。「ちちうえへんとうきびしいものだったかどうか,だれわたしおしえてくれますか」。 11  ヨナタンはダビデにった。「さあ,はらきましょう」。それで2人ふたりともはらていった。 12  ヨナタンはダビデにった。「イスラエルのかみエホバにしょうにんとなっていただき,います。わたしは,あしたのいまごろかあさってまでに,ちちたってみます。もしちちがあなたのことをいとなしているなら,ひとつかわしてそのことをあなたにつたえます。 13  もしちちがあなたにがいくわえるつもりなら,そのことをつたえてあなたをあんぜんのがれさせます。わたしがもしそうしないなら,エホバがわたしきびしくばっしますように。エホバがあなたとともにいてくださいますように+。かつてわたしちちともにいてくださったように+ 14  わたしきているあいだ,そしてときも,エホバのようなるぎないあいわたししめしてくれませんか+ 15  わたしいえひとたちにるぎないあいをずっとしめしてください+。エホバがあなたのてきじょうからいっそうするとしても」。 16  こうしてヨナタンはダビデけいやくむすんだ。そして,「エホバはあなたのてきせきにんいます」とった。 17  ヨナタンはふたたびダビデに,あいによるちかいをてさせた。ダビデをぶんしんのようにあいしていたのである+ 18  ヨナタンはった。「あしたはしんげつです+。あなたのせきくので,ちちはあなたがいないことをにするでしょう。 19  あさってには,もっとになるでしょう。ぜんかくしたこのしょて,このいしのそばにとどまっていてください。 20  わたしは,まとるときのように,いしいっぽうがわに3ぼんはなちます。 21  そしてじゅうしゃつかわし,『つけてきなさい』といます。もしわたしじゅうしゃに『はあなたのちかくにある。ってきなさい』とったなら,あなたはもどってきてください。きているかみエホバにけてちかいますが,それはへいおんけんはないというです。 22  しかし,もしそのわかものに,『はあなたよりもっととおくにある』とったなら,ってください。エホバがあなたをらせたからです。 23  このわたしたちのやくそくかん+,エホバがいつまでもわたしとあなたのあいだにいてくださいますように+」。 24  こうしてダビデははらかくした。しんげつとなり,おうしょくのためにせきいた+ 25  おうかべにしていつものせきすわっていた。ヨナタンはそのかいに,アブネル+はサウルのそばにすわっていたが,ダビデのせきいていた。 26  サウルはそのなにわなかった。「なにかがあってかれきよくないのだ+。きっとけがれているのだ」とおもったのである。 27  しんげつよくじつ,2も,ダビデのせきいていた。それでサウルは息子むすこヨナタンにった。「エッサイの+は,どうして昨日きのう今日きょうしょくなかったのか」。 28  ヨナタンはサウルにこたえた。「ダビデはベツレヘムにかせてほしいとたのんできました+ 29  かれはこういました。『どうかかせてください。わたしたちいちぞくまちせいささげるので,あにからるようにとわれたのです。もしあなたがわたしのことをおもってくださっているのでしたら,どうかわたしをそっとさせてきょうだいたちにわせてください』。それで,おうしょくたくなかったのです」。 30  サウルはヨナタンにげきし,った。「このはんぎゃくてきおんな息子むすこめ,おまえがエッサイのかたってぶんはじははおやはじをさらしていることを,わたしらないとでもおもっているのか。 31  エッサイのじょうきているかぎり,おまえのおうけんかくりつされることはないんだぞ+だれかをつかわしてあいつをれてこさせろ。ころしてやる+」。 32  ヨナタンはちちサウルにった。「なぜかれころされなければいけないのでしょうか+かれなにをしたというのですか」。 33  するとサウルはヨナタンをそうとやりをけた+。それでヨナタンは,ちちがダビデをころすつもりであることをった+ 34  すぐにヨナタンはいかりにえてしょくたくからがった。そのなにべなかった。ダビデのことでみだされていたのである+ちちかれはずかしめたからである。 35  あさになり,ヨナタンはダビデとやくそくしたとおり,はらけていった。わかじゅうしゃいっしょだった+ 36  ヨナタンはじゅうしゃった。「わたしを,はしってつけてきてくれないか」。じゅうしゃはしっていき,ヨナタンはじゅうしゃよりもとおはなれたところけて,た。 37  ヨナタンがところまでじゅうしゃくと,ヨナタンはじゅうしゃけた。「はあなたよりもっととおくにあるではないか」。 38  ヨナタンはさらにじゅうしゃけた。「いそいで! はやくしなさい! まってはいけない!」 ヨナタンのじゅうしゃひろげ,しゅじんところもどってきた。 39  じゅうしゃはこのことについてなにらず,ヨナタンとダビデだけがそのっていた。 40  そのヨナタンはゆみじゅうしゃわたし,「さあ,これをまちっていきなさい」とった。 41  じゅうしゃっていくと,ダビデはみなみほうのあるしょからがった。それからめんかおせ,3をかがめた。2人ふたりくちづけし,いた。ダビデのほうはげしくいた。 42  ヨナタンはダビデにった。「あんしんしてきなさい。わたしたちはおたがいエホバのによってちか+,『わたしとあなたのあいだわたしそんとあなたのそんあいだに,エホバがいつまでもいてくださいますように+』とったのですから」。 ダビデはがってっていき,ヨナタンはまちもどった。

脚注

注釈

メディア