サムエル​記​第​一 19:1-24

19  やがてサウルは息子ヨナタンと家来たち皆に,ダビデを殺すことについて話した+  サウルの子ヨナタンは,ダビデのことをとても大切に思っていたので+,ダビデにこう言った。「父サウルはあなたを殺そうとしています。朝になったら,用心して人目につかない場所に行き,身を隠してください。  私はあなたがいる野原まで行って,父のそばに立ち,あなたについて話します。何か分かれば,必ずあなたに知らせます+」。  ヨナタンは父サウルにダビデのことを良く言った+。こう話した。「王が家来ダビデに対して罪を犯すようなことはしないでください。彼はあなたに対して罪を犯していませんし,あなたのために貢献してきました。  彼は命懸けであのフィリスティア人を討ち取り+,エホバがイスラエル全体に大勝利*をもたらしてくださいました。あなたはそれを見て,非常に喜びました。それなのに,理由もなくダビデを殺し+,無実の人の血を流して罪を犯すようなことがあってよいでしょうか」。  サウルはヨナタンの言うことを聞き入れ,こう誓った。「生きている神エホバに懸けて私は誓う。彼が殺されることはない」。  その後ヨナタンはダビデを呼び,このやりとりを全て伝えた。そしてダビデをサウルのもとに連れていき,ダビデは前と同じようにサウルに仕えた+  やがて再び戦いが起こった。ダビデは出ていってフィリスティア人と戦い,大勢の人を討ち,敵兵は敗走した。  ある時,エホバはサウルが陰鬱な気持ちになるままにした+。サウルは家で手にやりを持って座っていて,ダビデはたて琴を奏でていた+ 10  サウルはやりでダビデを壁に突き刺そうとしたが,ダビデは身をかわし,やりは壁に突き刺さった。ダビデはその夜のうちにそこから出て逃げた。 11  サウルはその後,ダビデの家に使者たちを遣わして見張らせ,朝にダビデを殺させようとした+。妻ミカルはダビデに言った。「もし今夜逃げなければ,あした殺されてしまいます」。 12  ミカルはすぐにダビデを窓から下りさせ,逃げられるようにした。 13  それからテラフィム像*を取ってベッドの上に置き,頭の位置にヤギの毛でできた網を置き,全体を服で覆った。 14  サウルはダビデを捕まえようとして使者たちを遣わしたが,ミカルは,「あの人は病気です」と言った。 15  それでサウルは再び使者たちにダビデを見に行かせ,言った。「彼をベッドごと,ここに連れてこい。殺すのだ+」。 16  使者たちが入ると,テラフィム像*がベッドの上にあり,頭の位置にヤギの毛でできた網があった。 17  サウルはミカルに言った。「おまえはなぜこんなことをして私をだまし,私の敵+を逃げさせたのか」。ミカルはサウルに言った。「あの人に,『行かせてくれ。さもないと,殺す!』と言われたのです」。 18  ダビデは走って逃げ,ラマ+のサムエルの所に行った。そしてサウルからされたことを全部話した。その後ダビデとサムエルはそこから離れ,ナヨト+に滞在した。 19  やがてサウルのもとに,「ダビデはラマのナヨトにいる」という報告があった。 20  すぐにサウルはダビデを捕まえようとして使者たちを遣わした。使者たちは,年長の預言者たちが預言し,サムエルが立ってその人たちをまとめているのを見た。すると神の聖なる力がサウルの使者たちに働き,使者たちも預言者のように振る舞いだした。 21  そのことがサウルに伝わると,サウルはすぐにほかの使者たちを遣わしたが,その使者たちも預言者のように振る舞いだした。それでサウルはもう一度使者たちを遣わした。3度目だった。彼らも預言者のように振る舞いだした。 22  ついにサウルもラマに行った。セクにある大きな水ためまで来た時,サウルは「サムエルとダビデはどこにいるか」と尋ねた。人々は「ラマのナヨト+にいます」と言った。 23  そこからラマのナヨトに向かっている途中,サウルにも神の聖なる力が働き,サウルは預言者のように振る舞いながらラマのナヨトまで歩いた。 24  彼も服を脱ぎ,サムエルの前で預言者のように振る舞い,その日もその夜もずっと裸*でそこに横になっていた。それで,「サウルも預言者の1人なのか+」という言い方がある。

脚注

または,「大救出」。
または,「家の神」,「偶像」。
または,「家の神」,「偶像」。
または,「半裸」。

注釈

メディア