サムエル​記​第​一 17:1-58

17  フィリスティア人+は戦いのために兵士たちを集めた。軍隊はユダのソコ+に集まり,ソコとアゼカ+の間,エフェス・ダミム+に陣営を張った。  サウルとイスラエルの人たちは集まって,エラの谷*+陣営を張り,フィリスティア人に立ち向かうため戦闘隊形を組んだ。  フィリスティア人は一方の側の山に,イスラエル人はもう一方の側の山に陣取った。その間には谷があった。  フィリスティア人の陣営から1人の代表戦士が出てきた。ゴリアテ+という名前で,ガト+の人だった。背丈は290センチほどあった。  銅のかぶとをかぶり,うろことじの銅のよろいを着けていた。そのよろい+の重さは60キロほどだった。  銅のすね当てを着け,銅の投げやり+を背負っていた。  やりの木の柄は機織りが使う巻き棒のように太く+,やりの鉄の刃は7キロほどあった。そして盾を持つ兵士が彼の前を歩いていた。  ゴリアテは立ち止まり,イスラエルの戦列に呼び掛けて+言った。「どうしておまえたちはやって来て戦闘隊形を組んだのか。俺はフィリスティア人だが,おまえたちはサウルの手下ではないか。おまえたちの中から1人を選んで,こっちに来させろ。  もしそいつが俺と戦って俺を倒したら,俺たちはおまえたちに仕えてやろう。だが,俺がそいつに勝って倒したら,おまえたちが仕えるのだ」。 10  フィリスティア人ゴリアテは言った。「今日,俺がイスラエルの戦列に挑んで*やる+。誰か1人を出せ。掛かってこい!」 11  サウルとイスラエル全体はこのフィリスティア人の言葉を聞き,おびえ,非常に恐れた。 12  ダビデは,ユダのベツレヘム+つまりエフラタの人+エッサイ+の息子だった。エッサイは8人の息子を持ち+,サウルの時代にはすでに年老いていた。 13  エッサイの上の3人の息子はサウルに従って戦いに行った+。長男エリアブ+,次男アビナダブ+,三男シャマ+である。 14  ダビデは一番下の子だった+。上の3人の子がサウルに従って出ていった。 15  ダビデはサウルの所で仕えながら,父親の羊の番をするため+,ベツレヘムとの間を行き来していた。 16  その間,例のフィリスティア人は40日にわたり,朝と夕方に出てきては挑発した。 17  エッサイは息子ダビデに言った。「この炒った穀物22リットルとパン10個を,陣営にいる兄さんたちの所に急いで届けてくれないか。 18  このチーズ*10個は千人長の所に持っていってほしい。あと,兄さんたちが無事かどうかを確かめ,その証拠をもらってきなさい」。 19  兄たちは,サウルやイスラエルの人たち皆と共に,フィリスティア人と戦うため+エラの谷*にいた+ 20  ダビデは朝早く起きて羊を代わりの人に任せ,エッサイに命じられた通り,荷物をまとめて出掛けた。陣営の囲いの所に来ると,軍勢はときの声を上げて戦場に出ていくところだった。 21  イスラエルとフィリスティア人は戦列を整え,向き合った。 22  すぐにダビデは持ってきた物を荷物の番人に預け,戦列に走っていった。そこに着くと,兄たちが無事かどうかを尋ねた+ 23  ダビデが話していた時,ガトのフィリスティア人,代表戦士ゴリアテ+がやって来た。フィリスティア人の戦列から出てきて,前と同じことを言いだしたのである+。ダビデはそれを聞いた。 24  イスラエルの人たちは皆,その男を見て恐れ,逃げ出した+ 25  イスラエルの人たちは言った。「やって来たあの男を見たか。イスラエルに挑む*ために来たのだ+。あの男を討ち取る人がいれば,王は多額の報酬を出し,自分の娘を与え+,その人の父の一家をイスラエルの中で優遇してさまざまな義務を免除するそうだ」。 26  ダビデはそばにいた人たちに言った。「あのフィリスティア人を討ち取ってイスラエルの屈辱を晴らす人には,何が与えられるのですか。生きている神の戦列に挑む*とは+,この割礼を受けていないフィリスティア人はいったい何者なのですか」。 27  そこで人々は「あの男を討ち取る人には,これこれのものが与えられるそうだ」と言い,前に言っていたのと同じことを伝えた。 28  一番上の兄エリアブ+は,ダビデが話しているのを聞き,怒ってこう言った。「どうして来たのか。荒野のわずかな羊は誰に預けてきたのか+。おまえはいつも出しゃばる。魂胆はよく分かっている。ただ戦いを見に来たんだろう」。 29  ダビデは言った。「私が何をしたというのですか。ただ質問しただけではないですか」。 30  ダビデが別の人の方を向いて前と同じことを尋ねると+,前と同じ答えが返ってきた+ 31  ダビデが語った言葉は,人々の耳に入り,サウルに伝えられた。それでサウルはダビデを連れてこさせた。 32  ダビデはサウルに言った。「あの男のせいで士気が下がることがありませんように。私が行って,あのフィリスティア人と戦います+」。 33  サウルはダビデに言った。「あなたがあのフィリスティア人と戦うことはできない。あなたはまだ少年だが+,彼は若い時から戦士なのだ」。 34  ダビデはサウルに言った。「私は父の羊の羊飼いになりましたが,ライオン+や熊が来て群れから羊を奪っていくことがありました。 35  私は後を追い,打ち倒し,くわえられていた羊を助け出しました。野獣が襲い掛かってくると,私は毛*をつかんで打ち倒し,殺しました。 36  私はライオンも熊も打ち倒しました。この割礼を受けていないフィリスティア人も同じようになります。生きている神の戦列に挑んだ*からです+」。 37  ダビデはさらに言った。「ライオンや熊から助け出してくださったエホバが,このフィリスティア人からも私を助け出してくださいます+」。そこでサウルはダビデに言った。「行きなさい。エホバがあなたと共にいてくださいますように」。 38  サウルは自分の装備をダビデに身に着けさせた。銅のかぶとをかぶらせ,よろいを着けさせた。 39  ダビデはその装備の上に剣を帯び,歩いてみたが,うまくいかなかった。そういう装備に慣れていなかったのである。ダビデはサウルに,「これでは歩けません。慣れていないのです」と言った。それでダビデは装備を脱いだ。 40  それから自分のつえを取り,川床*から滑らかな石を5つ選んで羊飼いのかばんのポケットに入れ,石投げ器+を持った。そしてフィリスティア人ゴリアテに近づいていった。 41  フィリスティア人ゴリアテもダビデにだんだん近づいてきた。盾を持つ兵士がゴリアテの前にいた。 42  そのフィリスティア人はダビデを見て,侮った。血色が良くてりりしい,ただの少年だったからである+ 43  彼はダビデに,「おまえはつえを持って向かってくるが,俺を犬だとでも思っているのか+」と言った。そしてダビデに災いがあるようにと神々に願い求めた。 44  彼はダビデに言った。「さあ,向かってこい。おまえの肉を鳥や野獣の餌にしてやろう」。 45  ダビデはそのフィリスティア人に言った。「あなたは剣とやりと投げやり+を持って向かってくるが,私はあなたが挑んだ*イスラエルの戦列の神+,大軍を率いるエホバの名によって向かっていく+ 46  今日,エホバはあなたを私の手に渡し+,私はあなたを討ち,あなたの首をはねる。私は今日,フィリスティア人の陣営の死体を鳥や野獣の餌にする。地上の人々は皆,イスラエルに神がいるのを知ることになる+ 47  ここに集う人*は皆,エホバが私たちを救うのに剣ややりを必要とはしないことを知る+。戦いはエホバのものだからだ+。神はあなた方皆を私たちに渡してくださる+」。 48  フィリスティア人ゴリアテはダビデの方に近づいてきた。ダビデはゴリアテに立ち向かうため,敵の戦列へ勢いよく走った。 49  ダビデはかばんに手を入れて石を1つ取り,石投げ器で投げ,彼の額を撃った。石は額にめり込み,彼はうつぶせに倒れた+ 50  こうしてダビデは石投げ器と石だけでそのフィリスティア人に勝った。撃ち倒して殺したのである。ダビデの手に剣はなかった+ 51  ダビデは走り寄って彼のそばに立った。それから彼のさやから剣+を抜き,それで首をはねて確実に殺した。フィリスティア人たちは仲間の強い戦士が死んだのを見て,逃げていった+ 52  するとイスラエルとユダの人たちは立ち上がって叫び声を上げ,谷+からエクロン+の門までフィリスティア人を追っていった。シャアライム+からの道に,ガトやエクロンまでフィリスティア人の死体が転がった。 53  その後,イスラエル人はフィリスティア人への追撃をやめて引き返し,陣営を略奪した。 54  ダビデはフィリスティア人ゴリアテの首を取り,エルサレムに持ち帰った。ゴリアテの武器は自分の天幕に置いた+ 55  サウルは,ダビデがフィリスティア人に立ち向かおうと出ていった時,軍隊の長アブネル+に言った。「アブネル,あの少年は誰の子か+」。アブネルは答えた。「王よ,誓って言います。私は知りません!」 56  王は言った。「誰の子か調べなさい」。 57  ダビデがフィリスティア人ゴリアテを討ち取って帰ると,アブネルは,ゴリアテの首+を持ったダビデをサウルの前に連れていった。 58  サウルが「少年よ,あなたは誰の子か」と言うと,ダビデは「ベツレヘムの人+エッサイ+の子です」と言った。

脚注

または,「谷あいの平原」。
または,「をあざけって」。
直訳,「乳」。
または,「谷あいの平原」。
または,「をあざける」。
または,「をあざける」。
または,「顎」。
または,「をあざけった」。
または,「ワジ」。
または,「あざけった」。
直訳,「この会衆」。

注釈

メディア