サムエル​記​第​一 16:1-23

16  エホバはやがてサムエルに言った。「あなたはいつまでサウルのことで嘆き悲しむのか+。私は彼をイスラエルの王位から退けたのである+。角*に油を満たし+,行きなさい。あなたをベツレヘムの人エッサイ+の所に遣わす。私は,彼の息子の中から私のために王を選んだからだ+」。  サムエルは言った。「どうして行けましょう。サウルが聞いたら,きっと私を殺します+」。エホバは言った。「1頭の若い雌牛を連れていき,『エホバに犠牲を捧げに来ました』と言いなさい。  そしてエッサイを犠牲の所に呼びなさい。その後,何をすべきか知らせよう。あなたは,私が指名する人に私に代わって油を注がなければ*ならない+」。  サムエルはエホバに言われたことを行った。サムエルがベツレヘム+にやって来ると,町の長老たちは恐れながら迎え,「平和なことで来られたのですか」と言った。  サムエルは言った。「平和なことです。エホバに犠牲を捧げに来ました。あなたたちは自分を神聖なものとし,私と一緒に犠牲の所に来てください」。サムエルはその後,エッサイとその息子たちを神聖なものとしてから,犠牲の所に呼んだ。  一同が入ってくると,サムエルはエリアブ+を見て言った。「エホバが選んだ*人はこの人に違いない」。  しかしエホバはサムエルにこう言った。「彼の容姿や背の高さに注目してはいけない+。私は彼を選んでいない。人間の見方と神の見方は違う。人間は目に見えるものを見るが,エホバは心の中を見る+」。  それからエッサイはアビナダブ+を呼んでサムエルの前に来させたが,サムエルは,「この人もエホバが選んだ人ではありません」と言った。  次にエッサイはシャマ+を来させたが,サムエルは,「この人もエホバが選んだ人ではありません」と言った。 10  エッサイは7人の息子をサムエルの前に来させたが,サムエルはエッサイに,「どの人もエホバが選んだ人ではありません」と言った。 11  サムエルはエッサイに言った。「息子さんはこれで全員ですか」。エッサイは言った。「一番下の子+がまだいます。その子は今,羊を連れて牧草地に行っています+」。そこでサムエルはエッサイに言った。「誰かに連れてきてもらってください。その子がここに来るまで,私たちは食事をしません」。 12  それでエッサイはその子を連れてこさせた。その子は血色が良く,美しい目をしていて,姿がりりしかった+。エホバは言った。「この人だ。立ち上がって,油を注ぎなさい+!」 13  サムエルは油が入った角を取り+,兄たちの前で彼に油を注いだ。その日からダビデはエホバの聖なる力を受けるようになった+。その後サムエルは立ってラマ+に向かった。 14  エホバはサウルから聖なる力を取り去った+。そしてエホバはサウルが陰鬱な気持ちに襲われるままにした+ 15  家来たちはサウルに言った。「神はあなたが陰鬱な気持ちに襲われるままにしています。 16  王よ,どうかたて琴を上手に弾く人+を探すよう私どもに命じてください。あなたが陰鬱な気持ちになる時,その人に弾かせるのです。そうすれば,気持ちが楽になるでしょう」。 17  サウルは家来たちに言った。「上手に弾く人を見つけ,私の所に連れてきてくれないか」。 18  従者の1人が言った。「私はベツレヘムの人エッサイの子がたて琴を上手に弾くのを見たことがあります。勇敢な強い戦士です+。雄弁でりりしく+,エホバが共にいる人です+」。 19  サウルはエッサイの所に使者を遣わし,こう言わせた。「羊の群れと共にいる+,あなたの息子ダビデを私の所に来させなさい」。 20  それでエッサイはロバに,パン,ぶどう酒が入った革袋,子ヤギを載せ,息子ダビデに託してサウルのもとに送った。 21  こうしてダビデはサウルのもとに来て仕え始めた+。サウルはダビデをとても愛するようになり,ダビデはサウルの武器を運ぶ人になった。 22  サウルはエッサイの所に人を遣わし,こう伝えさせた。「ダビデを気に入った。彼が私にずっと仕えるようにさせてもらいたい」。 23  神が,サウルが陰鬱な気持ちになるままにした時,ダビデはたて琴を取って弾いた。するとサウルは安心して気持ちが楽になり,陰鬱ではなくなった+

脚注

用語集参照。
用語集の「油を注ぐ」参照。
直訳,「油を注いだ」。

注釈

メディア