サムエル​記​第​一 14:1-52

14  ある,サウルのヨナタン+は,はこじゅうしゃった。「さあ,こうがわにいるフィリスティアじんぜんしょうたいところわたっていきましょう」。ヨナタンはそのことをちちおやげなかった。  サウルは,ギベア+はずれのミグロンにあるザクロのしたにいた。およそ600にんかれともにいた+  (そして,シロ+でエホバのさいだったエリ+ピネハス+イカボド+きょうだいアヒトブ+アヒヤが,エフォドをっていた+。)へいたちはヨナタンがていったことをらなかった。  ヨナタンがフィリスティアじんぜんしょうたいけてわたっていこうとしていたみちりょうがわにはのようなおおいわがあり,いっぽうはボツェツ,ほうはセネとばれていた。  いっぽういわきたにあり,ミクマシュにめんしてはしらのようにっていた。ほうみなみにあり,ゲバ+めんしていた。  ヨナタンは,はこじゅうしゃった。「さあ,あのかつれい*けていないひとたち+ぜんしょうたいところわたっていきましょう。おそらくエホバがわたしたちのためにこうどうしてくださいます。こちらのにんずうおおくてもすくなくても,エホバにとってはすくうえもんだいではありません+」。  じゅうしゃった。「こころかんじたとおりになさってください。おのぞみのところかってください。どこへでもいていきます」。  ヨナタンはった。「これから,あのひとたちのところまでわたっていって,わたしたちの姿すがたせます。  もしかれらが,『われわれがそっちへくまで,じっとしていろ!』とったなら,わたしたちはうごかず,のぼってはいきません。 10  しかし,もしかれらが,『われわれにかってがってこい!』とったなら,わたしたちはのぼっていきます。それは,エホバがわたしたちをたせてくださることのしるしだからです+」。 11  2人ふたりはフィリスティアじんぜんしょうたい姿すがたせた。するとフィリスティアじんった。「ろ,ヘブライじんが,かくれていたあなからてきたぞ+」。 12  ぜんしょうたいひとたちはヨナタンとじゅうしゃった。「われわれのところがってこい。おもらせてやる+!」 ヨナタンはただちにじゅうしゃった。「いてきなさい。エホバはイスラエルをたせてくださいます+」。 13  ヨナタンはよじのぼり,じゅうしゃいていった。フィリスティアじんはヨナタンにたおされていき,じゅうしゃはヨナタンのうしろでかれらをころしていった。 14  ヨナタンとじゅうしゃさいしょこうげきにより,みじかきょ*あいだでおよそ20にんった。 15  そのため,きょうじんえいにもぜんしょうたいみなにもひろまり,しゅうげきたい+さえもおびえた。めんれ,かみひとびときょうおとしいれた。 16  ベニヤミンのギベア+でサウルのためにっていたひとたちがると,こんらんいたところひろまりはじめていた+ 17  サウルはともにいたへいたちにった。「にんずうかぞえて,だれていったかを調しらべてくれないか」。かれらがにんずうかぞえると,ヨナタンとはこじゅうしゃがいなかった。 18  サウルはアヒヤ+った。「しんかみはこってきてください!」(しんかみはこはそのとき,イスラエルじんところにあった。) 19  サウルがさいアヒヤとはなしているあいだにも,フィリスティアじんじんえいしょうじたこんらんはますますおおきくなっていった。それでサウルはさいに,「もうけっこうです」とった。 20  サウルと,ともにいたへいたちはみなあつまってせんじょうかった。すると,フィリスティアじんたがいにつるぎるいい,だいこんらんおちいっていた。 21  それまではフィリスティアじんかたをしてともじんえいまでていたヘブライじんも,サウルやヨナタンがひきいるイスラエルのがわはじめた。 22  エフライムのさんかくれていた+イスラエルのひとたちもみな,フィリスティアじんったことをき,せんじょうってついげきくわわった。 23  こうしてエホバはその,イスラエルをすくった+。ベト・アベン+にまでおよたたかいだった。 24  とはいえ,そのイスラエルのひとたちはしょうもうっていた。サウルがへいたちにかんしてつぎのようなせいやくをしていたからである。「れるまえわたしてきふくしゅうをするまえに,ものくちにするひとわざわいをける!」 それでへいだれものくちにしていなかった+ 25  へいたちみなもりはいると,そこにはちみつがあった。 26  へいたちがもりはいったときはちみつしたたちていたが,だれべなかった。せいやくのことをおそれていたからである。 27  しかしヨナタンは,ちちおやへいたちにかんしてせいやくしたのをいていなかったので+っていたつえのさきみつばちけた。そしてべると,かえったようにげんになった* 28  するとへい1人ひとりった。「あなたのちちうえへいかんしてげんじゅうせいやくをし,『今日きょうものくちにするひとわざわいをける+!』といました。それでみんなつかれているのです」。 29  ヨナタンはった。「ちちへいたちをこまらせるようなことをしました。てください。はちみつすこべただけで,わたしはこんなにげんになり*ました。 30  今日きょうみんながせんひんゆうべていれば+,どんなにかよかったでしょう。もっとおおくのフィリスティアじんかしていたはずです」。 31  そのへいたちはミクマシュからアヤロン+にかけてフィリスティアじんっていった。そのためじょうつかれた。 32  へいたちはよくのままにせんひんき,そのひつじうしうしころし,かずにべた+ 33  サウルにらせがとどいた。「へいたちはにくきせずにべて,エホバにたいしてつみおかしています+」。サウルはった。「あなたたちはちゅうじつなことをした。すぐにわたしのもとにおおきないしころがしてきなさい」。 34  サウルはさらにった。「へいなからばって,こういなさい。『かくうしひつじをここにれてきて,ころしてべなさい。きせずにべてエホバにたいしてつみおかしてはならない+』」。それでそのよるへいはそれぞれうしれてきてころした。 35  サウルはエホバのためにさいだんつくった+。エホバのためにかれつくったさいしょさいだんだった。 36  そのサウルはった。「よるのうちにフィリスティアじんい,がたまでりゃくだつつづけよう。一人ひとりかしてはおかない」。へいたちはった。「いとおもとおりにしてください」。それからさいった。「ここでしんかみちかづきましょう+」。 37  それでサウルはかみたずねた。「フィリスティアじんっていくとよいでしょうか+。あなたはイスラエルをたせてくださるでしょうか」。ところがそのかみこたえなかった。 38  そこでサウルはった。「へいたちのちょうみな,ここにて,今日きょうどのようなつみおかされたのかをはっきりさせなさい。 39  イスラエルをすくしたかたきているかみエホバにけてわたしちかう。つみおかしたひとは,それがたとえわたしヨナタンでも,ななければならない」。しかしへいだれこたえなかった。 40  サウルはイスラエルじんたちにった。「あなたたちはそちらがわにいなさい。息子むすこヨナタンとわたしはこちらがわにいる」。かれらはサウルにった。「いとおもとおりにしてください」。 41  サウルはエホバにった。「イスラエルのかみ,トンミム+こたえてください!」 するとヨナタンとサウルがえらばれ,ほかのひとたちはかいほうされた。 42  サウルはった。「わたし息子むすこヨナタンのどちらなのか,くじをきなさい+」。するとヨナタンがえらばれた。 43  サウルはヨナタンにった。「なにをしたのか,はなしなさい」。ヨナタンはった。「っていたつえのさきはちみつすこべました+わたしはここにいます! かくはできています!」 44  サウルはった。「ヨナタン,もしなないなら,かみわたしきびしくばっしますように+」。 45  へいたちはサウルにった。「イスラエルにだいしょう*をもたらした+,このヨナタンがななければならないのですか。そのようなことはかんがえられません! きているかみエホバにけています。ヨナタンのかみ1ぽんでさえめんちるべきではありません。ヨナタンは今日きょうかみともこうどうしたのです+」。こうしてへいたちがヨナタンをすくったので,ヨナタンはななかった。 46  サウルはフィリスティアじんうのをやめ,フィリスティアじんりょうもどった。 47  サウルはイスラエルにたいするおうけんかくりつし,モアブじん+,アンモンじん+,エドムじん+,ツォバ+おうたち,フィリスティアじん+などしゅうすべてのてきたちとたたかった。さきざきあいやぶった。 48  ゆうかんたたかってアマレクじん+せいふくし,イスラエルをりゃくだつしゃからすくした。 49  サウルの息子むすこはヨナタン,イシュビ,マルキ・シュア+だった。2人ふたりむすめまえは,ちょうじょがメラブ+じょがミカル+だった。 50  サウルのつまはアヒノアムといい,アヒマアツのむすめだった。サウルのぐんたいちょうはアブネル+といい,サウルのおじ,ネルのだった。 51  サウルのちちはキシュ+で,アブネルのちちネル+はアビエルのだった。 52  サウルのだいちゅう,フィリスティアじんとのはげしいたたかいがつづいた+。サウルはつよひとゆうかんひとつけると,ぐんかせるのだった+

脚注

用語集参照。
直訳,「1対の畑の畝の半分」。1対の牛が1日にすき返す畑(約4000平方メートル)の半分のこと。
直訳,「目が輝いた」。
直訳,「目が輝き」。
または,「大救出」。

注釈

メディア