サムエル​記​第​一 11:1-15

11  アンモン人+ナハシュがやって来て,ギレアデのヤベシュ+を攻めるため陣営を張った。ヤベシュの人たちは皆,ナハシュに言った。「私たちと契約*を結んでください。私たちはあなたに仕えます」。  アンモン人ナハシュは言った。「契約を結びたいなら,条件がある。おまえたち皆の右目をえぐり取るという条件だ。イスラエル全体に屈辱を味わわせてやる」。  ヤベシュの長老たちは彼に言った。「7日間猶予を下さい。イスラエルの領土中に使者を送るためです。私たちを救える人が誰もいなければ降伏します」。  やがて使者たちはサウルがいるギベア+に来て,民に報告した。民は皆,声を上げて泣きだした。  野原から,サウルが牛の群れを追いながらやって来た。サウルは言った。「民に何があったのですか。どうして泣いているのでしょう」。そこで使者たちはヤベシュの人たちが言ったことを伝えた。  サウルはそれを聞くと,神の聖なる力を受け+,激しく怒った。  サウルは2頭の雄牛を切ってばらばらにし,使者たちに渡してイスラエルの領土中に送って,「サウルとサムエルに付いていかない人がいれば,その人の牛はこのようになる!」と伝えさせた。すると民はエホバからの恐れに襲われ,同じ思いで出てきた。  サウルがベゼクで民を数えると,イスラエル人は30万人,ユダの人たちは3万人だった。  サウルたちは,ヤベシュから来ていた使者たちに言った。「ギレアデのヤベシュの人たちにこう言ってください。『明日,日差しが強くなる頃,皆さんは救われます』」。使者たちがヤベシュに戻って報告すると,人々は喜びにあふれた。 10  ヤベシュの人たちはアンモン人に言った。「明日,私たちはあなた方に降伏します。良いと思うことを何でも私たちにしてください+」。 11  翌日,サウルは民を3つの部隊に分け,部隊は朝の見張りの時間*に陣営の真ん中に侵入し,真昼ごろまでアンモン人+を討った。生き残った人たちはおのおの散り散りに逃げていった。 12  民はサムエルに言った。「『サウルがわれわれの王となるのか+』と言っていたのは誰ですか。その人たちを引き渡してください。殺します」。 13  しかしサウルは,「今日は誰も殺してはいけない+。エホバが今日イスラエルを救ってくださったのだから」と言った。 14  その後サムエルは民に言った。「さあ,ギルガル+に行って,サウルが王であることをもう一度宣言しましょう+」。 15  それで民は皆ギルガルに行き,エホバの前でサウルを王とした。それからそこでエホバの前に共食の犠牲を捧げた+。サウルとイスラエルの全ての人たちは,非常に喜んで祝いの時を過ごした+

脚注

または,「合意」。
午前2時ごろから午前6時ごろまで。

注釈

メディア