コリント​の​クリスチャン​へ​の​第​二​の​手紙 7:1-16

7  それで,愛する皆さん,私たちにはこのような約束があるのですから+,体と精神のあらゆる汚れを除き去って自分を清め+,神への畏れを抱いて神聖さを完成させていきましょう。  私たちを受け入れて*ください+。私たちは誰にも悪いことをしていません。誰をも堕落させていません。誰かを利用したりもしていません+  このように言うのは,皆さんをとがめるためではありません。前にも言ったように,皆さんは私たちの心の中にいて,私たちと共に死に,共に生きるからです。  私は決して気後れすることなく皆さんに語っています。皆さんのことを大変誇りに思っています。私はとても慰められていて,どんな苦悩を味わっても喜びにあふれています+  マケドニアに着いてから+,私たちは体を休めることができず,あらゆる苦悩をずっと味わっていました。外には戦い,内には恐れがありました。  しかし,気落ちしている人を慰める神+が,私たちのそばにテトスをいさせることによって,慰めてくださいました。  テトスがいたことに加え,テトスが皆さんに会って慰められたのを聞けたことも,神からの慰めでした。皆さんが私に会いたいと思っていること,深く悲しんでいること,私を心から気遣っていることについて,テトスは報告してくれたのです。それで私は一層うれしくなりました。  前の手紙によって私は皆さんを悲しませましたが+,後悔していません。初めは(その手紙が,少しの間とはいえ,皆さんを悲しませたことが分かったので)後悔しましたが,  今は喜んでいます。皆さんがただ悲しんだのではなく,悲しんで悔い改めたからです。皆さんは神の意志に沿って悲しんだので,私たちがしたことは皆さんにとって害にはなりませんでした。 10  神の意志に沿った悲しみは,救いにつながる悔い改めを生じさせるので,後悔は残りません+。一方,世の考えに基づく悲しみは死をもたらします。 11  皆さんが神の意志に沿って悲しんだので,皆さんの中にひたむきな真剣さが生み出されました。汚れを除き,憤りや畏れ,真剣な願い,熱意を抱き,悪を正しました+! 皆さんは例の件に関して清い*ことをあらゆる点で証明しました。 12  私が皆さんに手紙を書いたのは,悪いことをした人のためでも+,悪いことをされた人のためでもありません。皆さんが私たちに対する真剣さを,自分たちの中で,また神の前ではっきり示せるようにするためです。 13  だからこそ,私たちは慰められています。 慰められたことに加えて,私たちはテトスが喜んでいるのを見て,一層うれしくなりました。テトスの心は皆さんによって爽やかにされていました。 14  私はテトスの前で皆さんのことを誇りましたが,恥をかくことにはなりませんでした。私たちが皆さんに伝えた事が全て真実だったように,テトスの前で誇った事も真実となったのです。 15  テトスは,皆さんがよく従い+,丁重に迎えてくれたことを思い出して,皆さんにますます優しい愛情を抱くようになっています。 16  私は,どんな面でも皆さんを信頼できる*ことをうれしく思っています。

脚注

または,「に心を開いて」。
または,「潔白である」。
もしかすると,「皆さんのおかげで勇気を持てる」。

注釈

メディア