コリント​の​クリスチャン​へ​の​第​二​の​手紙 6:1-18

6  さらに,かみともはたら+わたしたちはみなさんにすすめます。かみしみないしんせつけながら,それをにする*ことがないようにしてください+  かみは,「わたしれられるときにあなたのうことにみみかたむけ,すくいのにあなたをたすけた+」とっています。いまこそとくれられるときです。いまこそすくいのです。  わたしたちはけっしてほかのひとしんこうさまたげるようなことはしないようにしています。わたしたちのほうなんされることにならないためです+  かえって,あらゆるてんぶんかみほうしゃとしてすいせんします+。すなわち,おおくのれんにんたいし,なんきゅうぼうこんなん+  おうこうきん+ぼうどうろうねむれないよるしょくもつそくえることによって+  また,きよさ,しきしんぼうづよ+しんせつ+せいなるちからぜんのないあい+  しんじつことかみちから+によって,さらに,みぎひだりせい*+  えいこうめいわるひょうばんひょうばんによってです。わたしたちは,ひとあざむいているとなされていますが,いつもしんじつかたっています。  られていないとなされていますが,よくられています。にそうだ*なされていますが,きています+しょばつ*されているとなされていますが,しょけいされてはいません+ 10  かなしんでいるとなされていますが,つねよろこんでいます。まずしいとなされていますが,おおくのひとませています。なにっていないとなされていますが,あらゆるものっています+ 11  わたしたちはコリントのみなさんにかたるためにくちひら*こころおおきくひらいています。 12  わたしたちはみなさんにしみなくあいじょうしめしていますが+みなさんはわたしたちにやさしいあいじょうじゅうぶんしめしていません。 13  それで,わたしたちのあいじょうこたえて,みなさんもこころおおきくひらいて*ください+わたしはわがはなすようにはなしています。 14  クリスチャンではないひとむすいて*はなりません。それはいなかんけいです+ただしいこととほうにいったいどんなかかわりがあるでしょうか+ひかりやみにどんなきょうつうてんがあるでしょうか+ 15  キリストとベリアル*あいだにどんな調ちょうがあるでしょうか+。クリスチャン*はクリスチャンではないひとなにきょうゆうする*のでしょうか+ 16  かみしん殿でんぐうぞうにどんなせってんがあるでしょうか+わたしたちは,きているかみしん殿でんです+かみったとおりです。「わたしかれらのなか+かれらのなかあるく。そしてわたしかれらのかみとなり,かれらはわたしたみとなる+」。 17  「エホバ*はこういます。『それで,かれらのなかからて,はなれなさい。けがれたものにれるのをやめなさい+』。『そうすればわたしはあなたたちをれよう+』」。 18  「『そしてわたしはあなたたちのちちとなり+,あなたたちはわたし息子むすこむすめとなる+』と,ぜんのうしゃエホバ*います」。

脚注

または,「その目的を見失う」。
右手に持つのは攻撃用,左手に持つのは防御用かもしれない。
または,「死に値する」。
または,「矯正」。
または,「率直に語り」。
または,「自分を広くして」。
または,「くびきで結ばれて」。
または,「どんな分け前を持つ」。
または,「忠実な人」。
「どうしようもない」という意味のヘブライ語に由来。サタンのこと。
付録A5参照。
付録A5参照。

注釈

メディア