コリント​の​クリスチャン​へ​の​第​二​の​手紙 13:1-14

13  わたしみなさんのところこうとするのはこれで3です。「どんなことも2人ふたりか3にんしょうげん*によってたしかめられなければなりません+」。  わたしいまそちらにいませんが,あたかも2にそちらにいるかのようです。ぜんつみおかしたひととほかのひとすべてにまえもってけいこくします。ふたたびそちらにくことになれば,おおることはしません。  キリストがわたしとおしてかたっているしょうを,みなさんがもとめているからです。キリストはみなさんにたいしてよわかたではなく,つよかたです。  キリストはたしかに,よわさのゆえにくいけられてしょけいされたとはいえ,かみちからのゆえにきています+わたしたちもたしかに,キリストのようによわいとはいえ,みなさんへのかみちからのゆえに+,キリストとともきることになります+  ぶんがクリスチャンのしんじょうとおりにきているかどうか,いつもたしかめてください。ぶんがどんなひとかをいつも調しらべてください+みなさんは,イエス・キリストとむすばれていることがかっていないのですか。もちろん,みなさんが退しりぞけられていなければのことですが。  わたしたちが退しりぞけられていないことをみなさんにかってほしいと,わたしこころからのぞんでいます。  わたしたちは,みなさんがなにわるいことをおこなわないようにとねがい,かみいのります。それは,わたしたちがれられたひとられたいからではなく,たとえ退しりぞけられたひとられるとしても,みなさんにりっなことをおこなってほしいからです。  わたしたちはしんさからってはなにおこなえません。しんのためならおこなえます。  わたしたちがよわくてみなさんがつよときわたしたちはよろこびます。そして,みなさんがただされていくことをわたしたちはいのっています。 10  だからこそ,わたしはなれているあいだに,こうしたことをきます。そちらにいるときに,しゅからあたえられたけんきびしくこう使せずにむようにするためです+。そのけんは,ちのめすためではなくちからづけるためのものです。 11  さいに,きょうだいたち,これからもよろこび,ただされ,なぐさめられ+おなかんがかたをし+へいせいかつしてください+。そうすれば,あいへいかみ+ともにいてくださいます。 12  せいなるくちづけによってあいさつをわしてください。 13  せいなるひとたちみながよろしくとっています。 14  しゅイエス・キリストのしみないしんせつかみあいみなさんにしめされ,みなさんがともせいなるちからけますように。

脚注

直訳,「口」。

注釈

メディア