コリント​の​クリスチャン​へ​の​第​一​の​手紙 2:1-16

2  兄弟たち,私は皆さんの所に行って神の神聖な秘密+を伝えた時,もったいぶった話し方をしたり+,知恵をひけらかしたりはしませんでした。  杭に掛けられて処刑されたイエス・キリストのことだけを皆さんに語ろうと決めたからです+  私は弱さと不安を抱え,非常に恐れながら,皆さんの所に行きました。  そして,話したり伝道したりする際,知恵の言葉で説き伏せるのではなく,神の聖なる力*の証拠を示しました+  皆さんが,人間の知恵ではなく神の力によって信仰を持つためです。  私たちはクリスチャンとして十分に成長した人たち+の中で知恵について語ります。といっても,今の体制*の知恵でも,今の体制の支配者たちの知恵でもありません。そうした支配者たちは存在しなくなります+  私たちが語るのは,神聖な秘密+の中の神の知恵,隠された知恵です。それは,神が私たちの栄光のために,さまざまな体制の前にあらかじめ定めた知恵です。  今の体制*の支配者たちは誰もこの知恵を知るようになりませんでした+。知っていたなら,栄光に輝く主を処刑*したりはしなかったでしょう。  「神がご自分を愛する者たちのために準備した事柄は,誰も見たことも聞いたこともなく,人の心に浮かんだこともない+」と書かれている通りです。 10  神はその事柄を,聖なる力によって+私たちに啓示しました+。聖なる力は全ての事柄を明らかにします。神の奥深い事柄さえもです+ 11  人の事柄*は,ほかの誰かが知ることができるものでしょうか。いいえ,本人の心*だけが知っています。同じように,神の事柄*も,誰も知るようになっていません。神の聖なる力*だけが知っています。 12  私たちは,世の精神*ではなく神の聖なる力*を持つようになりました+。そのおかげで,神が親切に与えてくださった事柄を知ることができます。 13  私たちはそうした事柄について話すこともします。その際,人間の知恵によって教えられた言葉ではなく+,聖なる力によって教えられた言葉を使います+。神に関することを,聖なる力による言葉で説明する*のです。 14  しかし,罪深い欲望に従う人は,神の聖なる力による事柄を受け入れません。その人にとっては愚かなことだからです。実際,その人はそうした事柄を知ることができません。それを調べるには聖なる力が必要だからです。 15  一方,聖なる力に導かれる人は全ての事柄を調べます+。そして,その人自身はどんな人からも調べられません。 16  「エホバ*の考えを知るようになって,その方を教えられる人などいるでしょうか+」。とはいえ,私たちはキリストの考えを知って*います+

脚注

用語集参照。
または,「時代」。用語集参照。
または,「時代」。用語集参照。
または,「杭に掛けて処刑」。
または,「考え」。
ギリシャ語,プネウマ。用語集参照。
または,「考え」。
ギリシャ語,プネウマ。用語集参照。
ギリシャ語,プネウマ。用語集参照。
ギリシャ語,プネウマ。用語集参照。
または,「と結び合わせる」。
付録A5参照。
または,「と同じ考え方をして」。

注釈

メディア