コリント​の​クリスチャン​へ​の​第​一​の​手紙 2:1-16

2  きょうだいたち,わたしみなさんのところってかみしんせいみつ+つたえたとき,もったいぶったはなかたをしたり+をひけらかしたりはしませんでした。  くいけられてしょけいされたイエス・キリストのことだけをみなさんにかたろうとめたからです+  わたしよわさとあんかかえ,じょうおそれながら,みなさんのところきました。  そして,はなしたりでんどうしたりするさいことせるのではなく,かみせいなるちから*しょうしめしました+  みなさんが,にんげんではなくかみちからによってしんこうつためです。  わたしたちはクリスチャンとしてじゅうぶんせいちょうしたひとたち+なかについてかたります。といっても,いまたいせい*でも,いまたいせいはいしゃたちのでもありません。そうしたはいしゃたちはそんざいしなくなります+  わたしたちがかたるのは,しんせいみつ+なかかみかくされたです。それは,かみわたしたちのえいこうのために,さまざまなたいせいまえにあらかじめさだめたです。  いまたいせい*はいしゃたちはだれもこのるようになりませんでした+っていたなら,えいこうかがやしゅしょけい*したりはしなかったでしょう。  「かみがごぶんあいするものたちのためにじゅんしたことがらは,だれたこともいたこともなく,ひとこころかんだこともない+」とかれているとおりです。 10  かみはそのことがらを,せいなるちからによって+わたしたちにけいしました+せいなるちからすべてのことがらあきらかにします。かみおくぶかことがらさえもです+ 11  ひとことがら*は,ほかのだれかがることができるものでしょうか。いいえ,ほんにんこころ*だけがっています。おなじように,かみことがら*も,だれるようになっていません。かみせいなるちから*だけがっています。 12  わたしたちは,せいしん*ではなくかみせいなるちから*つようになりました+。そのおかげで,かみしんせつあたえてくださったことがらることができます。 13  わたしたちはそうしたことがらについてはなすこともします。そのさいにんげんによっておしえられたことではなく+せいなるちからによっておしえられたこと使つかいます+かみかんすることを,せいなるちからによることせつめいする*のです。 14  しかし,つみぶかよくぼうしたがひとは,かみせいなるちからによることがられません。そのひとにとってはおろかなことだからです。じっさい,そのひとはそうしたことがらることができません。それを調しらべるにはせいなるちからひつようだからです。 15  いっぽうせいなるちからみちびかれるひとすべてのことがら調しらべます+。そして,そのひとしんはどんなひとからも調しらべられません。 16  「エホバ*かんがえをるようになって,そのかたおしえられるひとなどいるでしょうか+」。とはいえ,わたしたちはキリストのかんがえをって*います+

脚注

用語集参照。
または,「時代」。用語集参照。
または,「時代」。用語集参照。
または,「杭に掛けて処刑」。
または,「考え」。
ギリシャ語,プネウマ。用語集参照。
または,「考え」。
ギリシャ語,プネウマ。用語集参照。
ギリシャ語,プネウマ。用語集参照。
ギリシャ語,プネウマ。用語集参照。
または,「と結び合わせる」。
付録A5参照。
または,「と同じ考え方をして」。

注釈

メディア