ガラテア​の​クリスチャン​へ​の​手紙 4:1-31

4  さて,そうぞくにんすべてのものぬしですが,おさなどもであるあいだれいわりありません。  ちちおやさだめたまでは,しゃいえかんにんかんとくにいます。  おなじようにわたしたちも,どもだったときには,ねん*れいになっていました+  しかし,ときちると,かみはごぶんつかわしました。そのかたじょせいからまれ+りっぽうもとにいました+  こうしてかみは,そのかたりっぽうもとにいるひとたちをってかいほう+わたしたちがようにされるようにしました+  みなさんはなので,かみはごぶんせいなるちから+わたしたちのこころなかおくってくださいました+。そのせいなるちからによってわたしたちは「アバ*ちちよ!」とさけびます+  ですから,みなさんはもうれいではなくです。そして,なので,かみによってそうぞくにん*ともされています+  みなさんはかみらなかったときいつわりのかみがみれいになっていました。  しかし,いまかみるようになりました。というより,かみられるようになりました。それなのに,どうしてむなしくて+のないねん*もどり,ふたたびそのれいになろうとするのですか+ 10  みなさんはつき+としにこだわっています。 11  わたしみなさんのことがしんぱいです。みなさんのためにろうしたことはだったのだろうか,とおもいます。 12  きょうだいたち,おねがいします。わたしのようになってください。わたしもかつてはみなさんのようでした+みなさんはわたしなにわるいことをしませんでした。 13  ごぞんじのとおり,わたしみなさんにらせをつたえるきっかけになったのは,わたしびょうでした。 14  びょうわたしれるのはたいへんだったはずですが,みなさんはくだしたりぎらいしたり*せず,わたしかみてん使かキリスト・イエスであるかのようにむかえてくれました。 15  あのときみなさんのこうふくはどこにってしまったのですか。みなさんは,できることならぶんをえぐりしてわたしあたえたいとさえおもってくれていました+。そのことをわたししょうげんできます。 16  ではわたしは,みなさんにしんつたえるので,みなさんのてきになったのですか。 17  あのひとたちはねっしんみなさんをもうとしていますが,そのもくてきいものではありません。みなさんをわたしからはなしたいとおもっており,ぶんたちのしゃにならせようとしているのです。 18  しかし,だれかがもくてきみなさんをねっしんさそうのはいつでもいことであり,それはわたしみなさんといっしょにいるときだけにかぎりません。 19  わたしどもたち+みなさんのなかにキリストがかたちづくられるまで,わたしふたたみのくるしみをあじわっています。 20  いまそちらにいてべつはなかたができたらいいのに,とおもいます。みなさんのことでこんわくしているからです。 21  りっぽうもとにいることをのぞみなさん,こたえてください。みなさんはりっぽうべていることらないのですか。 22  たとえば,アブラハムには2人ふたりがいたといてあります。1人ひとり使つかいのじょせい+からまれ,1人ひとりゆうじょせい+からまれました。 23  使つかいのじょせいつうまれ+ゆうじょせいやくそくによってまれました+ 24  このごとにはべつがあります。このじょせいたちは2つのけいやくあらわしています。1つはシナイさん+むすばれ,れいとなるどもたちをけいやくで,ハガルがこれにそうとうします。 25  ハガルは,アラビアにあるシナイさん+あらわし,いまのエルサレムにたります。かのじょ*ぶんどもたち*ともれいとなっているからです。 26  いっぽううえにあるエルサレムはゆうであって,わたしたちのははです。 27  こうかれています。「どもめないにんおんなよ,よろこべ。みのくるしみをらないおんなよ,かんせいげよ。てられたおんなどもは,おっとがいるおんなどもよりもおおいからだ+」。 28  きょうだいたち,みなさんはイサクとおなじくやくそくによるどもです+ 29  とうつうまれたが,せいなるちからによってまれたくるしめるようになりました+いまおなじことがきています+ 30  しかし,せいしょなんっているでしょうか。「使つかいのおんなとそのしてください。使つかいのおんなどもが,ゆうおんなどもいっしょそうぞくにんになることはけっしてないからです+」。 31  ですから,きょうだいたち,わたしたちは使つかいのじょせいどもではなく,ゆうじょせいどもです。

脚注

または,「基礎的な事柄」。
「父よ」という意味のヘブライ語もしくはアラム語。
用語集参照。
または,「基礎的な事柄」。
または,「唾を掛けたり」。
エルサレムのこと。
住民のこと。

注釈

メディア