エレミヤ​書 8:1-22

8  エホバはこうせんげんする。「そのとき,ユダのおうたちのほねこうかんたちのほねさいたちのほねげんしゃたちのほね,エルサレムのじゅうみんほねが,はかからされる。  かれらがあいし,つかえ,したがい,みちびきをもとめ,おがんだ,たいようつきてんすべてのほし*まえ+ほねがまきらされる。それらはあつめられることもほうむられることもなく,めんにまかれたやしのようになる+」。  「このじゃあくこくみんのうちのこったひとたちは,わたしかれらをいやるすべてのしょで,いのちよりもえらぶ」と,たいぐんひきいるエホバはせんげんする。  「あなたはかれらにわなければならない。『エホバはこうっている。 ひとびとたおれたままがらないのだろうか。だれかがかんがなおすなら,ものかんがなおすのではないか。   このたみ,エルサレムが,いつまでもちゅうじつなのはどうしてか。かれらはあざむきにしつし,かんがなおそうとしない+   わたしちゅうはらい,ずっといていたが,かれらはただしいことをかたらなかった。だれわるおこないをあらためず,『わたしなんということをしたのか』とわなかった+みなたいしゅうこのみちもどっていく。せんじょうとっしんするうまのように。   そらぶコウノトリでさえ,せつ*っている。ヤマバト,アマツバメ,ツグミ*も,わたりの*ときまもる。しかし,わたしたみはエホバがさばときかいしていない+」』。   『なぜあなたたちは,「わたしたちはかしこく,エホバのりっぽうって*いる」とえるのか。しょ*ひっ*+は,うそをくためだけに使つかわれた。   かしこものたちははじをかいた+かれらはおびえ,らわれる。エホバのこと退しりぞけたかれらに,いったいどんながあるというのか。 10  わたしかれらのつまにんあたえ,かれらのはたけにんしょゆうさせる+ぶんひくひとからたかひとまで,みなとうえきており+げんしゃからさいまで,みなはたらいているからだ+ 11  かれらはわたしたみ*すいじゃく*かるがるしく*やそうとして,へいだ! へいだ!」とう。へいではないにもかかわらず+ 12  ひとびとぶんたちがおこなったまわしいことがらじているだろうか。すこしもじていない!そもそもはじらない+そのため,かれらはたおれたものたちのなかたおれる。わたししょばつするときかれらはつまずいてたおれる+』と,エホバはう。 13  エホバはこうせんげんする。れのときわたしかれらをほろぼす。ブドウのにもイチジクのにものこらず,れる。わたしかれらにあたえたものはられる』」。 14  「なぜわたしたちはここにすわっているのか。あつまって,ぼうされたまちまちはい+,そこでほろびよう。わたしたちのかみエホバは,わたしたちをり,どくみずあたえてませる+わたしたちがエホバにたいしてつみおかしたからだ。 15  へいのぞんでいたが,いものはなかった。やしのときのぞんでいたが,きょう+ 16  ダンから,てきうまはならすのがこえる。うまがいななくこえに,ぜんふるえる。てきたちはやってて,とそのなかすべてのものを,まちじゅうみんくす」。 17  「わたしはあなたたちのなかへびおくむ。まじないがかないどくへびであり,かならずあなたたちをかむ」と,エホバはせんげんする。 18  わたしかなしみはえない。わたしこころしずんでいる。 19  とおから,たすけをもとめるさけごえがする。わたしたみ*がこうっている。「エホバはシオンにおられないのですか。シオンのおうはそこにおられないのですか」。「なぜかれらはちょうぞうによって,がいこくかみがみによって,わたしいからせたのか」。 20  「しゅうかくときぎ,なつわった。だがわたしたちはすくわれていない!」 21  わたしたみ*よわてたので+わたしちのめされた。わたししょうちんし,きょうにとらわれた。 22  ギレアデにバルサム*はないのか+そこにはやすひと*がいないのか+なぜわたしたみ*かいふくしていないのか+

脚注

直訳,「天の全軍」。
または,「定められた時」。
もしかすると,「鶴」。
または,「戻る」。
または,「偽りの尖筆」。
または,「秘書官」。
または,「指示を知って」。
または,「表面的に」。
または,「傷」。
直訳,「民の娘」。
直訳,「民の娘」。
直訳,「民の娘」。
または,「痛みを和らげる香油」。
または,「医者」。
直訳,「民の娘」。

注釈

メディア