エレミヤ​書 50:1-46

50  バビロンについて+,カルデアじんについて,エホバがげんしゃエレミヤをとおしてかたったこと   「くにぐになかつたえ,ひろめよ。はたじるし*かかげ,ひろめよ。なにかくしてはならない!こうえ。『バビロンはられた+ベルははじをかいた+メロダクはおびえた。かのじょ*ぞうはじをかいた。かのじょけがらわしいぐうぞう*はおびえた』。   1つのこくみんきたからかのじょかってめてきたからだ+そのこくみんかのじょきょうこうけいえる。だれもそこにんでいない。ひとどうぶつり,いなくなってしまった」。  エホバはこうせんげんする。「そのとき,イスラエルのたみとユダのたみとも+きながらある+ともぶんたちのかみエホバにみちびきをもとめる+  シオンへのみちたずね,かおをそのほうこうけて+う。『こう。わすれられることのないえいえんけいやくによって,エホバとむすこう+』。  わたしたみは,さまようひつじれとなった+ひつじいたちのせいでさまよったのである+やまやまうえれていかれ,やまからおかへとあるまわった。ぶんたちのやすわすれてしまった。  かれらをつけるものたちはみなかれらをむさぼり+てきたちはった。『われわれにつみはない。かれらがエホバにたいしてつみおかしたのだ。ただしさのみなもと*であり,たちがぼういだいてったエホバにたいして,つみおかしたのだ』」。   「バビロンのなかからげ,カルデアじんからなさい+れをひきいるひつじヤギのようになりなさい。   わたしきょうだいくにぐにいちだんこし,きたからバビロンをめさせる+かれらはせんとうたいけいんでかのじょる。かれらのせんのようであり,おやからどもうば+かれ*せいおさめずにもどることはない。 10  カルデアはりゃくだつされる+かのじょからりゃくだつするものみなまんぞくする+」と,エホバはせんげんする。 11  「あなたがたよろこつづ+かんつづけた。わたしざいさんうばとき+わかうしのようにくさうえ*つづけ,うまのようにいななきつづけた。 12  あなたがたはははじをかいた+あなたがたんだおんなしつぼうした。かのじょくにぐになかもっとるにりず,みずのないこうまたばくである+ 13  エホバのいきどおりのために,そこにひとはいなくなり+かのじょはすっかりてる+バビロンのそばをとおひときょういだいてつめ,もたらされたすべてのさいやくのためにくちぶえ+ 14  ゆみげる*ものみなせんとうたいけいんでほうからバビロンをめよ。かのじょかってよ。しむな+かのじょはエホバにたいしてつみおかしたからだ+ 15  ほうからかのじょかってときのこえげよ。かのじょこうふくした。はしらたおれ,じょうへきこわされた+これはエホバのふくしゅうなのである+あなたがたかのじょふくしゅうせよ。かのじょがしたとおりのことをかのじょおこな+ 16  バビロンから,たねをまくものと,しゅうかくときかまるうもののぞ+ざんこくつるぎおそれて,みなぶんたみのもとにもどり,ぶんかえ+ 17  イスラエルのたみらされたひつじである+。ライオンがかれらをらした+さいしょにアッシリアのおうかれらをむさぼり+,そのバビロンのネブカドネザルおうかれらのほねをかじった+ 18  それで,イスラエルのかみたいぐんひきいるエホバはこうう。『わたしは,アッシリアのおうしょばつしたのとおなじように+,バビロンのおうとそのくにしょばつする。 19  そして,イスラエルをぼくそうもど+かれはカルメルとバシャン+くさべ,エフライム+とギレアデ+やまやまうえたされる』」。 20  「そのとき,イスラエルのつみさがしても,それはどこにもなく,ユダのつみつからない。わたしぶんのこしておいたひとたちをゆるすからである+」と,エホバはせんげんする。 21  「メラタイムのを,ペコド+じゅうみんめよ。かれらをころし,かんぜんほろぼせ」と,エホバはせんげんする。わたしめいじたことをすべおこなえ。 22  そのたたかいのおとがし,だいさんこる。 23  ぜんかいったハンマーはられ,こわされた+くにぐにはバビロンについてきしてきょういだいた+ 24  バビロンよ,わたしはわなをけ,あなたはかずにつかまった。あなたはつかり,らわれた+エホバにてきたいしたからである。 25  エホバはひらき,いきどおりの+しゅけんしゃであるしゅたいぐんひきいるエホバは,カルデアじんおこなうべきことがある。 26  とおくからかのじょめよ+かのじょこくもつそうひら+かのじょこくもつやまのようにげ,かんぜんほろぼせ+だれ一人ひとりのこらないようにせよ。 27  わかうしすべころ+ほふるためのしょいていけ。かれらはさんだ! かれらのが,しょばつときたからだ。 28  げるひとたちのこえがする。かれらはバビロンからのがれ,シオンでエホバかみふくしゅうについて,しん殿でんのためのふくしゅうについてつたえる+ 29  バビロンをめるために,ゆみものたちをあつめよ。ゆみげている*ものたちをみな+かのじょしゅうじんえいり,一人ひとりがすな。かのじょおこないにおうじてへんぽうせよ+かのじょがしたとおりのことをかのじょおこな+かのじょはエホバにたいして,イスラエルのせいなるものたいして,こうまんったからである+ 30  それで,かのじょわかものたちはひろたお+そのかのじょへいたちもみなほろびる*」と,エホバはせんげんする。 31  しゅけんしゃであるしゅたいぐんひきいるエホバはこうせんげんする。はんこうてきもの+わたしはあなたにてきたいしている+あなたの,あなたにせきにんときかならる。 32  はんこうてきものよ,あなたはつまずいてたおれ,だれにもがらせてもらえない+わたしはあなたのまちまちはなち,それはあなたのしゅうのものすべてをくす」。 33  たいぐんひきいるエホバはこうう。「イスラエルとユダのたみしいたげられている。かれらをらえているものたちはみなばなそうとせず+かいほうすることをこばんだ+ 34  しかし,かれらをすく*ものつよ+は,たいぐんひきいるエホバ+かならかれらのうったえをべんする+このやすらぎをもたらし+バビロンのじゅうみんどうようさせるために+」。 35  エホバはこうせんげんする。つるぎがカルデアじんおそう。それはバビロンのじゅうみんこうかんけんじんおそ+ 36  つるぎにせげんしゃたち*おそい,かれらはおろかなことをおこなう。つるぎかのじょせんたちをおそい,かれらはおびえる+ 37  つるぎかれらのうませんしゃおそい,かのじょなかにいるあらゆるたみおそう。かれらはじょせいのようによわくなる+つるぎかのじょざいほうおそい,それらはりゃくだつされる+ 38  かのじょみずそこなわれ,がる+そこはちょうぞうであり+ひとびとおそろしいまぼろしのためにくるったようにこうどうつづける。 39  ばくものが,とおぼえするどうぶつともにすみ,かのじょなかにダチョウがすむ+そこにひとむことはとなく,いつのだいまでもきょじゅうにはならない+」。 40  エホバはこうせんげんする。「かみがソドムとゴモラ+ちかくのまちまちほろぼしたときのように+だれもそこにもうとせず,だれ一人ひとりていじゅうしない+ 41  なさい! 1つのたみきたからやってる。きょうだいこくみんだいおうたちが+てからこうどうこす+ 42  かれらはゆみげやりをたくみに使つか+ざんこくで,あわれみをしめさない+うまりながら,うみのようにとどろくこえ+バビロン*よ,かれらはせんとうたいけいととのえ,1人ひとりひとのようにあなたをめる+ 43  バビロンのおうかれらについてのらせをいた+ちからなくがり+のうする。しゅっさんするじょせいのようにつうおそわれる。 44  なさい! ヨルダンがわ沿いのうっそうとしたしげみからてくるライオンのように,だれかがあんぜんぼくそうめてくる。わたしかれらをそこからすぐにらせる。そして,えらんだものにそこをおさめさせる+わたしのようなものわたしいどものだれかいるだろうか。わたしまえちふさがることができるぼくしゃがいるだろうか+ 45  ひとびとよ,エホバのバビロンにたいするけってい*+,カルデアじんたいするかんがえをきなさい。 れのちいさなものたちはかならいていかれる。かれらのまいはかれらのせいでこうはいする+ 46  バビロンがらわれるときおとだいふるえ,さけごえくにぐにこえる+」。

脚注

または,「合図のさお」。
バビロンのこと。
ヘブライ語で「ふん」を意味する言葉と関連があると考えられる,嫌悪を表す表現。
直訳,「住まい」。
もしかすると,「矢」。
または,「のようにひづめで草をかき」。
直訳,「踏む」。弓に弦を張る動作のこと。
直訳,「踏んでいる」。弓に弦を張る動作のこと。
直訳,「沈黙させられる」。
直訳,「買い戻す」。
または,「中身のない話をする者たち」。
直訳,「バビロンの娘」。
または,「意図」。

注釈

メディア