エレミヤ​書 40:1-16

40  護衛官の長ネブザラダン+がラマ+でエレミヤを解放した後,エホバがエレミヤに語り掛けた。エレミヤは手かせをはめられてラマに連れていかれたのであり,捕らわれてバビロンに連れていかれるエルサレムとユダの人たちの中にいた。  護衛官の長はエレミヤを連れ出し,言った。「あなたの神エホバは,この場所にこの災いが降り掛かることを予告した。  そして,エホバは語った通りに災いをもたらした。あなたたちがエホバに対して罪を犯し,その声に従わなかったからだ。だからこのことがあなたたちに起きたのだ+  私は今日,あなたの手かせを外し,あなたを解放する。もし私と一緒にバビロンに行くのが良いと思うなら,来なさい。面倒を見よう。しかし,私と一緒にバビロンに行きたくないなら,来なくていい。見なさい,全土があなたの前に広がっている。どこでも好きな所に行きなさい+」。  エレミヤがどこにも行かないで*いると,ネブザラダンは言った。「バビロンの王がユダの町々の総督とした,シャファン+の子アヒカム+の子ゲダリヤ+の所に戻って,彼と共に民の中で暮らせばいい。それか,どこでも好きな所に行きなさい」。 そして護衛官の長は食料と贈り物を与えて,エレミヤを行かせた。  それで,エレミヤはミツパ+にいるアヒカムの子ゲダリヤの所に行き,その土地に残っていた民の中で彼と共に暮らした。  やがて,部下と共に野外にいた全ての軍隊長たちは,バビロンの王がアヒカムの子ゲダリヤを土地の総督としたことを聞いた。バビロンに連れていかれなかった貧しい男女や子供たちをゲダリヤが治めることになった,ということだった+  それで,軍隊長たちはミツパ+にいるゲダリヤの所に来た。ネタヌヤの子イシュマエル+,カレアハの子のヨハナン+とヨナタン,タヌフメトの子セラヤ,ネトファの人エパイの子たち,マアカト人の子エザヌヤ+が,部下たちと共に来た。  シャファンの子アヒカムの子ゲダリヤは,彼らと部下たちに誓って言った。「カルデア人に仕えることを恐れてはなりません。この土地に住んでバビロンの王に仕えれば,物事はうまくいきます+ 10  私は,皆さんを代表してカルデア人に応対するために,ミツパにいることにします。皆さんは,ぶどう酒と夏の果物と油を集めて容器に入れ,自分たちが確保した町々に住みなさい+」。 11  モアブ,アンモン,エドム,またそれ以外の土地にいた全てのユダヤ人も,バビロンの王がユダに人々を残しておき,シャファンの子アヒカムの子ゲダリヤに治めさせていることを聞いた。 12  それで,ユダヤ人は皆,散らされていた全ての場所から戻り始め,ユダに入って,ミツパにいるゲダリヤの所に来た。そして,ぶどう酒と夏の果物を大量に集めた。 13  野外にいた,カレアハの子ヨハナンと全ての軍隊長たちが,ミツパにいるゲダリヤの所に来た。 14  彼らは言った。「アンモン人+の王バアリスが,あなたを殺そうと,ネタヌヤの子イシュマエルを送ったことを知らないのですか+」。しかし,アヒカムの子ゲダリヤは彼らの言うことを信じなかった。 15  その後,カレアハの子ヨハナンは,ミツパでゲダリヤにひそかに言った。「私に,ネタヌヤの子イシュマエルを討ちに行かせてください。誰にも知られないようにします。あなたが彼に殺され,あなたのもとに集まったユダの民が皆散らされて,ユダの残りの者が滅びるようなことになってよいでしょうか」。 16  しかし,アヒカムの子ゲダリヤ+は,カレアハの子ヨハナンに言った。「そうしてはなりません。あなたがイシュマエルについて言っていることはうそです」。

脚注

または,「が戻らないで」。

注釈

メディア