エレミヤ​書 4:1-31

4  エホバはこうせんげんする。「イスラエルよ,もしあなたがもどってくるなら,もしわたしのもとにもどり,けがらわしいぐうぞうわたしまえからのぞるなら,あなたはもはやさまよいあるくことはない+   そして,もしあなたが,しんじつこうせいせいをもって,きているかみエホバにけて!』とちかうなら,くにぐにかれ*によってしゅくふくけ,かれについてほこ+」。  エホバはユダのひとたちとエルサレムにこうう。 ぶんたちのためにこうさくたがやしなさい。いばらのなかたねをまきつづけてはならない+   ユダのひとたちとエルサレムのじゅうみんよ,かつれい*けてエホバにしたがい,こころほうりなさい+さもなければ,あなたたちのわるおこないのために,わたしいきどおりはのようにがり,だれにもせなくなる+」。   ユダでつたえ,エルサレムでひろめよ。くにじゅうさけび,つのぶえらせ+おおごえけ,こううように。あつまれ。ぼうされたまちまちげよう+   シオンにかってはたじるし*かかげよ。なんし,まるな」。わたしきたからわざわいを+だいほうかいをもたらそうとしているからだ。   くにぐにほろぼすものしゅっぱつした+しげみから姿すがたあらわすライオンのように+あなたのきょうこうけいえるために,ぶんしょからていった。あなたのまちまちはいきょし,だれまなくなる+   それで,あらぬのをまとえ+かなしんで*さけべ。エホバがわたしたちにたいしていかりをやしつづけているからだ。   「そのおうこうかんたちのこころしず*+さいたちはきょうおそわれ,げんしゃたちはぼうぜんとする+」と,エホバはせんげんする。 10  わたしった。「ああ,しゅけんしゃであるしゅエホバ! あなたは『へいおとずれる』とって+,まさにこのたみとエルサレムをかんぜんあざむかれました+つるぎわたしたちののどもとけられています」。 11  そのとき,このたみとエルサレムはこうげられる。 ばくれたおかからねっぷうて,わたしたみ*ける。らすためでも,きよめるためでもない。 12  きわめてつよかぜが,わたしめいれいによってる。わたしたみさばきをわたす。 13  なさい! てきあまぐものようにる。そのへいしゃぼうふうのようだ+そのうまはワシよりもはや+わざわいだ! わたしたちはほろぼされる!』 14  エルサレムよ,すくわれるために,こころあらってあくからきよめなさい+あなたはいつまでわるかんがえをいだつづけるのか。 15  こえがダン+かららせをげ,エフライムのさんからさいなんについてつたえる。 16  それをくにぐにらせ,エルサレムにつたえなさい」。ばんぺいたち*とおからやってて,ユダのまちまちかってときのこえげる。 17  かれらははらばんにんのようにほうからかのじょ*める+かのじょわたしはんぎゃくしたからである+」と,エホバはせんげんする。 18  「あなたはぶんかたおこないのむくいをける+なんとひどいさいなんあじわうのだろう。それはあなたのしんぞうにまでたっする」。 19  ああ,わたしくるしんでいる*くるしんでいる!こころ*なかおおきないたみをかんじている。しんぞうたかり,だまっていることができない。つのぶえおとたたかいのあい*いたからだ+ 20  さいなんさいなんつたえられた。くにぜんたいほろぼされたのである。わたしてんまくとつぜんらされた。てんまくぬのいっしゅんのうちに+ 21  わたしはいつまではたじるし*つづけ,つのぶえおとつづけるのだろうか+ 22  「わたしたみおろかで+わたしまったちゅうはらわない。ひとびと*で,かいりょくがない。あくおこなうことにはがない*が,ぜんおこなうことはらない」。 23  わたしかれらのたが,ひとけがなくこうはいしていた+そら*たが,もはやひかりはなかった+ 24  やまやまると,なんしんどうしており,おかれていた+ 25  ると,ひとだれもおらず,とりみなげてしまっていた+ 26  ると,みのゆたかな*こうとなり,まちまちすべこわされていた+エホバのいかりがえたからである。 27  エホバはこうう。くにぜんたいこうはいすることになる+しかし,わたしかんぜんほろぼすことはしない。 28  かなしみに+てんくらくなる+わたしかたり,めたからである。わたしかんがえをえず*,そのとおりにおこな+ 29  しゅゆみものたちのおといて,まちぜんじゅうみん+かれらはしげみにり,いわによじのぼ+すべてのまちてられ,だれまなくなる」。 30  めつしたいま,あなたはどうするのか。かつてあなたはいろ*ふくて,きんそうしょくひんかざり,おおきくせるためにくろがんりょう*っていた。しかし,ぶんうつくしくせたのはだった+あなたにじょうよくいだものたちはあなたを退しりぞけ,あなたのいのちうばおうとしているからだ+ 31  わたしは,びょうじょせいのようなこえいた。はじめてのじょせいのようなうめきごえいきらしてあえいでいるシオン*こえである。かのじょりょうひろげて+わたしはもうです! わたしころそうとするものたちのせいでつかてました」。

脚注

エホバのことかもしれない。
用語集参照。
または,「合図のさお」。
または,「胸をたたいて」。
または,「王と高官たちは勇気を失い」。
直訳,「民の娘」。擬人法で,哀れに思う気持ちや同情を表現しているのかもしれない。
直訳,「見張りたち」。いつ攻撃するか見定めるために町を監視する者たちのこと。
エルサレムのこと。
直訳,「私の腸」。
直訳,「心臓の壁」。
もしかすると,「ときの声」。
または,「合図のさお」。
直訳,「子たち」。
または,「賢い」。
または,「天」。
または,「果樹園の多い」。
または,「悔やまず」。
または,「赤い」。
または,「アイシャドー」。
直訳,「シオンの娘」。

注釈

メディア