エレミヤ​書 4:1-31

4  エホバはこう宣言する。「イスラエルよ,もしあなたが戻ってくるなら,もし私のもとに戻り,汚らわしい偶像を私の前から除き去るなら,あなたはもはやさまよい歩くことはない+   そして,もしあなたが,真実と公正と正義をもって,『生きている神エホバに懸けて!』と誓うなら,国々は彼*によって祝福を受け,彼について誇る+」。  エホバはユダの人たちとエルサレムにこう言う。 「自分たちのために耕作地を耕しなさい。いばらの中に種をまき続けてはならない+   ユダの人たちとエルサレムの住民よ,割礼*を受けてエホバに従い,心の包皮を取り去りなさい+さもなければ,あなたたちの悪い行いのために,私の憤りは火のように燃え上がり,誰にも消せなくなる+」。   ユダで伝え,エルサレムで広めよ。国中で叫び,角笛を吹き鳴らせ+大声で呼び掛け,こう言うように。「集まれ。防備された町々に逃げよう+   シオンに向かって旗印*を掲げよ。避難し,立ち止まるな」。私は北から災いを+,大規模な崩壊をもたらそうとしているからだ。   国々を滅ぼす者は出発した+茂みから姿を現すライオンのように+あなたの土地を恐怖の光景に変えるために,自分の場所から出ていった。あなたの町々は廃虚と化し,誰も住まなくなる+   それで,粗布をまとえ+悲しんで*泣き叫べ。エホバが私たちに対して怒りを燃やし続けているからだ。   「その日,王と高官たちの心は沈み*+祭司たちは恐怖に襲われ,預言者たちはぼうぜんとする+」と,エホバは宣言する。 10  私は言った。「ああ,主権者である主エホバ! あなたは『平和が訪れる』と言って+,まさにこの民とエルサレムを完全に欺かれました+。剣が私たちの喉元に突き付けられています」。 11  その時,この民とエルサレムはこう告げられる。 「砂漠の荒れた丘から熱風が来て,私の民*に吹き付ける。吹き散らすためでも,清めるためでもない。 12  極めて強く吹く風が,私の命令によって来る。私は民に裁きを言い渡す。 13  見なさい! 敵は雨雲のように来る。その兵車は暴風のようだ+その馬はワシよりも速い+『災いだ! 私たちは滅ぼされる!』 14  エルサレムよ,救われるために,心を洗って悪から清めなさい+あなたはいつまで悪い考えを抱き続けるのか。 15  声がダン+から知らせを告げ,エフライムの山地から災難について伝える。 16  それを国々に知らせ,エルサレムに伝えなさい」。「番兵たち*が遠い土地からやって来て,ユダの町々に向かってときの声を上げる。 17  彼らは野原の番人のように四方から彼女*を攻める+彼女が私に反逆したからである+」と,エホバは宣言する。 18  「あなたは自分の生き方や行いの報いを受ける+何とひどい災難を味わうのだろう。それはあなたの心臓にまで達する」。 19  ああ,私は苦しんでいる*苦しんでいる!*の中で大きな痛みを感じている。心臓が高鳴り,黙っていることができない。角笛の音,戦いの合図*を聞いたからだ+ 20  災難に次ぐ災難が伝えられた。国全体が滅ぼされたのである。私の天幕も突然に荒らされた。天幕の布が一瞬のうちに+ 21  私はいつまで旗印*を見続け,角笛の音を聞き続けるのだろうか+ 22  「私の民は愚かで+私に全く注意を払わない。無知な人々*で,理解力がない。悪を行うことには抜け目がない*が,善を行うことは知らない」。 23  私は彼らの土地を見たが,人けがなく荒廃していた+*を見たが,もはや光はなかった+ 24  山々を見ると,何と震動しており,丘も揺れていた+ 25  見ると,人は誰もおらず,鳥も皆逃げてしまっていた+ 26  見ると,実り豊かな*土地は荒野となり,町々は全て壊されていた+エホバの怒りが燃えたからである。 27  エホバはこう言う。「国全体は荒廃することになる+しかし,私は完全に滅ぼすことはしない。 28  地は悲しみに暮れ+天は暗くなる+私が語り,決めたからである。私は考えを変えず*,その通りに行う+ 29  騎手と弓を射る者たちの音を聞いて,町の全住民が逃げ去る+彼らは茂みに分け入り,岩によじ登る+全ての町は捨てられ,誰も住まなくなる」。 30  破滅した今,あなたはどうするのか。かつてあなたは緋色の*服を着て,金の装飾品で身を飾り,目を大きく見せるために黒い顔料*を塗っていた。しかし,自分を美しく見せたのは無駄だった+あなたに情欲を抱く者たちはあなたを退け,あなたの命を奪おうとしているからだ+ 31  私は,病気の女性のような声を聞いた。初めての子を産む女性のようなうめき声,息を切らしてあえいでいるシオン*の声である。彼女は両手を広げて言う+「私はもう駄目です! 私を殺そうとする者たちのせいで疲れ果てました」。

脚注

エホバのことかもしれない。
用語集参照。
または,「合図のさお」。
または,「胸をたたいて」。
または,「王と高官たちは勇気を失い」。
直訳,「民の娘」。擬人法で,哀れに思う気持ちや同情を表現しているのかもしれない。
直訳,「見張りたち」。いつ攻撃するか見定めるために町を監視する者たちのこと。
エルサレムのこと。
直訳,「私の腸」。
直訳,「心臓の壁」。
もしかすると,「ときの声」。
または,「合図のさお」。
直訳,「子たち」。
または,「賢い」。
または,「天」。
または,「果樹園の多い」。
または,「悔やまず」。
または,「赤い」。
または,「アイシャドー」。
直訳,「シオンの娘」。

注釈

メディア