エレミヤ​書 39:1-18

39  ユダのゼデキヤ王の治世の第9年,第10の月に,バビロンのネブカドネザル王とその全軍が攻めてきて,エルサレムを包囲した+  ゼデキヤの治世の第11年,第4の月の9日に,都市の城壁が破られた+  バビロンの王に仕える全ての高官が入っていって,「中央の門+」の所に座った。サムガルであるネルガル・シャルエツェル,ラブサリス*であるネボ・サルセキム*,ラブマグ*であるネルガル・シャルエツェル,また残りの高官たちがいた。  ユダのゼデキヤ王と兵士たちは皆,彼らを見ると逃げた+。夜のうちに王の庭園を通り,2重の城壁の間の門を通って都市から出て,アラバ*の道を行った+  しかし,カルデア人の軍は後を追い,エリコの砂漠平原でゼデキヤに追い付いた+。ゼデキヤは捕らえられ,ハマト地方+のリブラ+にいるバビロンのネブカドネザル王のもとに連れていかれて,刑を宣告された。  バビロンの王は,そこリブラで,ゼデキヤの目の前で彼の子たちを殺させ,ユダの高貴な人たちも全て殺させた+  それからゼデキヤを失明させ,バビロンに連れていくために銅の足かせをはめた+  カルデア人は王の家*や民家を焼き払い+,エルサレムの城壁を破壊した+  護衛官の長ネブザラダン+は,都市に残されていた人たちと,投降してきた人たちと,ほかに残っていた人たちを捕らえて,バビロンに連れていった。 10  ただし,何も持っていない最も貧しい人たちをいくらかユダに残しておいた。そしてその日,彼らにブドウ園と畑を与えて働かせた*+ 11  バビロンのネブカドネザル王は,エレミヤについて護衛官の長ネブザラダンにこう命じた。 12  「彼を連れていって,世話するように。危害を加えてはならない。彼が望むことは何でもかなえてやれ+」。 13  それで,護衛官の長ネブザラダン,ラブサリス*であるネブシャズバン,ラブマグ*であるネルガル・シャルエツェル,またバビロンの王に仕える他の主立った人たちは,人を遣わして, 14  エレミヤを「監視の庭+」から連れ出させた。そしてシャファン+の子アヒカム+の子ゲダリヤ+に託し,彼の家に連れていかれるようにした。こうしてエレミヤは民の中で暮らした。 15  エレミヤがまだ「監視の庭」に拘束されていた時+,エホバが彼に語り掛けてこう言った。 16  「行って,エチオピア人エベド・メレク+に言いなさい。『イスラエルの神,大軍を率いるエホバはこう言っている。「私はこの都市に対して語った言葉を実現させ,良いことではなく災いをもたらす。その日,あなたはそれを目の当たりにする」』。 17  『しかし,その日に私はあなたを救う。あなたは,あなたが恐れている人々の手に渡されることはない』と,エホバは宣言する。 18  『私が必ず逃れさせるので,あなたは剣によって倒れることはない。私に頼ったので+,あなたは死ぬことなく逃れる*+』と,エホバは宣言する」。

脚注

または,「廷臣の長」。
または,ヘブライ語本文の区切り方を変えると,「ネルガル・シャルエツェル,サムガル・ネボ,サルセキム,ラブサリス」。
または,「魔術師(占星術師)の長」。
用語集参照。
または,「宮殿」。
もしかすると,「ブドウ園を与えて強制労働を課した」。
または,「廷臣の長」。
または,「魔術師(占星術師)の長」。
または,「自分の命を戦利品として得る」。

注釈

メディア