エレミヤ​書 38:1-28

38  さて,マタンの子シェファトヤ,パシュフルの子ゲダリヤ,シェレムヤの子ユカル+,マルキヤの子パシュフル+は,エレミヤが民全てにこう語るのを聞いた。  「エホバはこう言っています。『この都市にとどまる人は,剣と飢餓と疫病によって死ぬ+。一方,カルデア人に降伏する人は,死ぬことなく逃れ*,生き続ける+』。  エホバはこう言っています。『この都市は必ずバビロンの王の軍勢の手に渡され,彼は都市を攻め取る+』」。  高官たちは王に言った。「どうか,この人を死刑にしてください+。彼はこうした言葉を語って,この都市に残っている兵士や民全ての士気*を弱めているからです。この人は,民の平和ではなく,災いを願っています」。  ゼデキヤ王は答えた。「彼のことは任せます。王であっても,あなたたちを止めることはできません」。  それで高官たちはエレミヤを捕らえ,「監視の庭+」にある,王の子*マルキヤの水ために入れた。縄を使ってエレミヤを下ろしたのである。水ためには水がなく,泥があるだけで,エレミヤは泥の中に沈み始めた。  王の家*にいたエチオピア人の宦官*エベド・メレク+は,エレミヤが水ために入れられたことを聞いた。その時,王は「ベニヤミンの門+」の所に座っていた。  そこでエベド・メレクは王の家*から出て,王に話した。  「王よ,あの人たちは預言者エレミヤに非道なことをしました。水ために投げ込んだのです。彼はそこで飢え死にしてしまうでしょう。もう都市にパンは残っていないからです+」。 10  すると王はエチオピア人エベド・メレクにこう命じた。「ここから30人の男たちを連れていって,預言者エレミヤが死なないうちに水ためから引き上げなさい」。 11  それでエベド・メレクは男たちを連れて王の家*に入り,宝物庫+の下にある場所からぼろ切れや布切れを取って,水ための中のエレミヤの所に縄で下ろした。 12  そしてエチオピア人エベド・メレクはエレミヤに言った。「どうぞ,ぼろ切れと布切れを脇の下に当てて,縄で擦れないようにしてください」。エレミヤはその通りにした。 13  彼らは縄でエレミヤを引っ張り,水ためから引き上げた。エレミヤはその後も「監視の庭」にいた+ 14  ゼデキヤ王は,エホバの家の第3の入り口にいる自分の所に預言者エレミヤを連れてこさせ,こう言った。「尋ねたいことがあります。何も隠さずに話してください」。 15  エレミヤはゼデキヤに言った。「私が話したら,あなたは私を死刑にするに違いありません。また,私が助言しても,あなたは聞こうとしないでしょう」。 16  それでゼデキヤ王はひそかにエレミヤに誓い,こう言った。「私たちにこの命を与えてくださった,生きている神エホバに懸けて誓います。私はあなたを死刑にしませんし,あなたの命を奪おうとしている人たちに引き渡すこともしません」。 17  エレミヤはゼデキヤに言った。「イスラエルの神,大軍を率いる神エホバはこう言っています。『もしバビロンの王に仕える高官たちに降伏するなら,あなたは生き延びることになる。この都市は火で焼かれず,あなたと家族は生き延びる+ 18  しかし,もしあなたがバビロンの王に仕える高官たちに降伏しないなら,この都市はカルデア人の手に渡され,火で焼かれる+。あなたは彼らの手から逃れられない+』」。 19  すると,ゼデキヤ王はエレミヤに言った。「私は,カルデア人のもとに逃げたユダヤ人たちを恐れています。もし彼らの手に渡されたら,むごい扱いを受けるかもしれません」。 20  エレミヤは言った。「彼らの手に渡されることはありません。どうか,私が伝えているエホバの言葉に従ってください。そうすれば物事はうまくいき,あなたは生き続けられます。 21  しかし,もし降伏しようとしないなら次のようになることを,エホバは私に示されました。 22  ユダの王の家*に残っている女性たちは皆,バビロンの王に仕える高官たちの前に連れ出され+,こう言います。 『あなたが信頼していた人たちが,あなたを欺き,打ち負かしました+あなたの足を泥の中に沈み込ませ,背を向けて逃げ去りました』。 23  あなたの妻たちや子たちは皆,カルデア人の前に連れ出されます。あなたも彼らの手から逃れられず,バビロンの王に捕らわれます+。あなたのせいでこの都市は火で焼かれます+」。 24  ゼデキヤはエレミヤに言った。「これらのことについて誰にも知らせてはなりません。あなたが殺されないためです。 25  高官たちが,私があなたと話したことを聞き,あなたの所に来て,こう言うとします。『どうか,王に何を言ったか教えてほしい。何も隠さずに話すように。そうすれば,私たちはあなたを殺したりしない+。王はあなたに何と言ったのか』。そうしたら, 26  彼らにこう答えなさい。『私は,エホナタンの家に送り返されてそこで死ぬことにならないよう,王に懇願していました+』」。 27  やがて,全ての高官がエレミヤの所に来て,問いただした。エレミヤが王に命じられた通りに答えると,彼らはそれ以上何も言わなかった。誰もエレミヤと王の会話を聞いていなかったからである。 28  エレミヤはエルサレムが攻め取られる日まで「監視の庭」にいた+。エルサレムが攻め取られた時もそこにいた+

脚注

または,「自分の命を戦利品として得て」。
直訳,「手」。
王家の一員という意味かもしれない。
または,「宮殿」。
または,「廷臣」。用語集参照。
または,「宮殿」。
または,「宮殿」。
または,「宮殿」。

注釈

メディア