エレミヤ​書 37:1-21

37  ヨシヤの子ゼデキヤ王+が,エホヤキムの子コニヤ*+に代わって治め始めた。バビロンのネブカドネザル王によって,ユダの王とされたのである+  しかし,ゼデキヤも家来たちも民も,預言者エレミヤを通して語られたエホバの言葉を聞かなかった。  ゼデキヤ王は,シェレムヤの子エフカル+と祭司マアセヤの子ゼパニヤ+を,預言者エレミヤのもとに遣わして言った。「どうか,私たちのために,私たちの神エホバに祈ってください」。  この時,エレミヤはまだ投獄されておらず,民の中で自由に行き来していた+  エルサレムを包囲していたカルデア人は,ファラオの軍がエジプトを出発したと聞いて+,エルサレムから引き揚げた+  すると,エホバが預言者エレミヤに語り掛けてこう言った。  「イスラエルの神エホバはこう言う。『私に尋ねるためにあなたたちを遣わしたユダの王に,こう言いなさい。「あなたたちを助けようと向かってきているファラオの軍は,自分たちの国エジプトに帰らなければならなくなる+  そしてカルデア人は戻ってきて,この都市を攻め取り,火で焼く+」。  エホバはこう言う。「『カルデア人は去っていくに違いない』と言って,自分たちを欺いてはならない。彼らは去っていかないからである。 10  たとえあなたたちが,攻めてくるカルデア人の全軍を打ち倒し,彼らに負傷兵しか残らないとしても,彼らは自分たちの天幕から出陣し,この都市を火で焼く+」』」。 11  ファラオの軍が来ると知って,カルデア人の軍がエルサレムから引き揚げた時+ 12  エレミヤはエルサレムからベニヤミンの土地+に向かおうとした。郷里で自分の分の土地を得るためだった。 13  ところが,「ベニヤミンの門」に着くと,ハナニヤの子シェレムヤの子でイルイヤという名前の守衛の長が,預言者エレミヤを捕らえて言った。「あなたはカルデア人のもとに逃げようとしている!」 14  エレミヤは言った。「違います! 私はカルデア人のもとに逃げたりしません」。しかしイルイヤは聞かず,エレミヤを拘束して,高官たちの所へ連れていった。 15  高官たちは激怒して+エレミヤを打ちたたき,秘書官エホナタンの家に拘禁した*+。その家は牢屋になっていたのである。 16  エレミヤは地下牢*にある円天井の部屋に入れられ,何日もの間そこにいた。 17  その後,ゼデキヤ王はエレミヤを連れてこさせ,自分の家*でひそかにこう尋ねた+。「エホバからの言葉が何かありますか」。エレミヤは「あります」と答え,続けて,「あなたはバビロンの王の手に渡されます」と言った+ 18  エレミヤはさらにゼデキヤ王に言った。「私は,あなたや家来たちやこの民に対してどんな罪を犯したというので,投獄されたのですか。 19  『バビロンの王があなたたちとこの土地を攻めることはない』と預言した預言者たちは,一体どこにいるのですか+ 20  王よ,どうか聞いてください。恵みを求める私の願いをかなえてくださいますように。私を秘書官エホナタン+の家に送り返さないでください。送り返されたら,私はそこで死んでしまいます+」。 21  それでゼデキヤ王は,エレミヤを「監視の庭+」に拘禁するよう命じた。毎日,パン職人の通りから丸いパン1つがエレミヤに届けられ+,都市のパンが尽きるまで続いた+。エレミヤはずっと「監視の庭」にいた。

脚注

エホヤキンまたエコニヤとも呼ばれる。
直訳,「にある足かせの家に入れた」。
直訳,「水ための家」。
または,「宮殿」。

注釈

メディア