エレミヤ​書 36:1-32

36  ユダのおう,ヨシヤのエホヤキム+せいだい4ねんに,エホバがエレミヤにかたけてこうった。  「まきものり,わたしがイスラエルとユダ+すべてのくに+たいしてかたったことしるしなさい。わたしがヨシヤのだいにあなたにはじめてはなしたからいままでのあいだに,あなたにかたったことすべしるすのである+  ユダこくみんは,わたしかれらにもたらそうとしているわざわいについてくと,わるかたをやめるかもしれない。そうすれば,わたしかれらのあやまちやつみゆる+」。  そこでエレミヤはネリヤのバルク+び,エホバからいたことすべつたえた。バルクはそれをまきものった+  それからエレミヤはバルクにこうめいじた。「わたしこうそくされていて,エホバのいえはいることができません。  それで,あなたがはいっていって,わたしからいてまきものったエホバのことげてください。だんじきにエホバのいえで,ひとびとこえるようにんでください。そのようにして,まちまちからやってるユダのたみすべてにかせるのです。  もしかするとかれらは,エホバがこのたみたいしておおきないかりといきどおりをあらわそうとしておられることをって,エホバにめぐみをもとめていのり,おのおのがわるかたをやめるかもしれません」。  そこでネリヤのバルクは,げんしゃエレミヤにめいじられたとおりにした。エホバのいえで,まきもの*からエホバのことげた+  ユダのおう,ヨシヤのエホヤキム+せいだい5ねんだい9のつきに,だんじきけられた。エルサレムのすべてのひとと,ユダのまちまちからエルサレムにやってすべてのひとが,エホバのまえだんじきすることになった+ 10  そのときバルクは,エホバのいえで,まきものからエレミヤのことげた。うえにわの,エホバのいえあたらしいもんぐちところにある+しゃせい*シャファン+ゲマルヤ+*で,ひとびとこえるようにんだのである。 11  シャファンのゲマルヤのミカヤは,まきものからげられたエホバのことすべくと, 12  おういえ*き,しょかんはいった。そこにはすべてのこうかん*すわっていた。しょかんエリシャマ+,シェマヤのデラヤ,アクボル+エルナタン+,シャファンのゲマルヤ,ハナニヤのゼデキヤと,すべてのこうかんである。 13  ミカヤはかれらに,ぶんいたことすべげた。バルクがひとびとこえるようにげたまきものことである。 14  するとこうかんたちは,クシのシェレムヤのネタヌヤのエフディをバルクのもとにつかわしてった。「あなたがひとびとこえるようにんだまきものって,てください」。そこでネリヤのバルクはまきものって,かれらのところった。 15  こうかんたちはバルクに,「どうかすわって,それをげてください」とった。それでバルクはまきものんだ。 16  こうかんたちはまきものことすべくと,おそれをかんじてかおわせ,バルクにった。「わたしたちはこれらのことすべおうつたえなければなりません」。 17  そしてバルクにたずねた。「これらのことすべてをどのようにしていたのか,どうかおしえてください。エレミヤからいてったのですか」。 18  バルクはこたえた。「エレミヤがこれらのことすべてをわたしつたえ,わたしはインクでこのまきものりました」。 19  こうかんたちはバルクにった。「って,かくしなさい。あなたもエレミヤもです。だれにもしょられないようにしなさい+」。 20  こうかんたちはまきものしょかんエリシャマのき,にわにいるおうのもとにって,ぶんたちがいたことをすべおうつたえた。 21  おうはエフディ+まきものってこさせ,エフディはそれをしょかんエリシャマのからってきた。そして,おうと,おうのそばにっているすべてのこうかんこえるように,まきものはじめた。 22  これはだい9のつき*のことで,おうふゆいえすわっており,おうまえにはばちがあってえていた。 23  エフディが3だんか4だんえるたびに,おうはそのぶんしょかんのナイフでり,ばちなかれたので,やがてまきものぜんえてしまった。 24  まきものことすべてをいたおうらいたちも,だれ一人ひとりおそれをかんじず,ぶんたちのふくくこともしなかった。 25  エルナタン+とデラヤ+とゲマルヤ+が,まきものやさないようおうこんがんしたが,おうかれらのうことをかなかった。 26  さらにおうは,おう*エラフメエルとアズリエルのセラヤとアブデエルのシェレムヤに,しょかんバルクとげんしゃエレミヤをらえるようめいじた。しかし,エホバは2人ふたりつからないようにした+ 27  バルクがエレミヤからいたことったまきもの+おうやされたのち,エホバがふたたびエレミヤにかたけてこうった。 28  「もう1つまきものって,ユダのエホヤキムおうやしたさいしょまきもの+かれていたことを,もとどおりにしるしなさい。 29  そして,ユダのエホヤキムおうたいしていなさい。『エホバはこうっている。「あなたはこのまきものやしてこうった。『なぜあなたはこれに,「バビロンのおうかならずやっててこのほろぼし,ひとどうぶつやしにする」といたのか+』。 30  それで,エホバはユダのエホヤキムおうたいしてこうう。『かれそんでダビデのおうにつくものはいなくなる+かれたいほうむられず,ひるあつさに,よるさむさにさらされる+ 31  わたしは,かれそんらいたちにあやまちのせきにんい,かれらとエルサレムのじゅうみんとユダのひとたちにわざわいをことごとくもたらす。わたしはそのわざわいについてかれらにげたが+かれらはかなかった+』」』」。 32  そこでエレミヤはもう1つまきものり,ネリヤのであるしょかんバルクにわたした+。バルクは,ユダのエホヤキムおうやしたまきものかれていたことすべてを+,エレミヤからいてった。また,おなじようなことがさらにたくさんくわえられた。

脚注

または,「書」。
または,「書記」。
または,「食堂」。
または,「廷臣」。
または,「宮殿」。
11月後半から12月前半。付録B15参照。
王家の一員という意味かもしれない。

注釈

メディア