エレミヤ​書 34:1-22

34  バビロンのネブカドネザル王とその全軍,領土の全ての王国と全ての民が,エルサレムとその周辺の町々を攻めていた+。その時,エホバがエレミヤに語り掛けた。  「イスラエルの神エホバはこう言う。『行って,ユダのゼデキヤ王+に話しなさい。「エホバはこう言っている。『私はこの都市をバビロンの王の手に渡し,彼はそれを火で焼く+  あなたは彼の手から逃れられない。必ず捕らわれ,彼の手に渡される+。バビロンの王と対面し,彼はあなたとじかに話す。あなたはバビロンに行くことになる+』。  とはいえ,ユダのゼデキヤ王,エホバの言葉を聞きなさい。『エホバはあなたについてこう言う。「あなたは剣によって死ぬことはない。  安らかに死に+,人々はあなたのために香をたく。あなたの父祖たち,以前の王たちのためにしたようにである。そして人々は『ああ,主人よ!』と言ってあなたの死を悼む。『私がこの言葉を語ったのである』と,エホバは宣言する」』」』」。  預言者エレミヤはエルサレムで,ユダのゼデキヤ王にこれらの言葉を全て語った。  その時バビロンの王の軍勢は,エルサレムと,ユダに残っていた町+すなわちラキシュ+とアゼカ+を攻めていた。ユダの町々のうち,防備された町はその2つしか残っていなかったのである。  ゼデキヤ王がエルサレムの全ての人と契約を結び,奴隷の解放を宣言した後+,エホバがエレミヤに語り掛けた。  契約により,全ての人がヘブライ人の奴隷を男性も女性も解放することになり,誰も仲間のユダヤ人を奴隷にしておくことができなくなった。 10  全ての高官と民は従った。皆が契約を結び,男奴隷も女奴隷も解放して,もう奴隷にしないことにしたのである。彼らは従い,奴隷たちを行かせた。 11  ところが,後になって彼らは解放した男奴隷や女奴隷を連れ戻し,再び奴隷にした。 12  そのため,エホバがエレミヤに語り掛けた。エホバはこう言った。 13  「イスラエルの神エホバはこう言う。『私は,あなたたちの父祖たちをエジプトから,奴隷となっていた土地から連れ出した日に+,彼らと契約を結んで+言った。 14  「あなたたちはおのおの,自分が買って6年間仕えさせたヘブライ人の兄弟を,7年目に解放すべきである。彼を自由の身にしなければならない+」。しかし,父祖たちは私の言うことを聞かず,耳を傾けなかった。 15  最近*,あなたたちは考えを変え,私から見て正しいことを行った。仲間を解放すると宣言し,私の前で,私の名が付された家で契約を結んだ。 16  ところが,また考えを変え,私の名を汚した+。男奴隷や女奴隷を彼らの望み通り解放したのに,連れ戻して再び奴隷にしたのである』。 17  それで,エホバはこう言う。『あなたたちは私に従わず,おのおのが兄弟を,仲間を解放しなかった+。そのため,私はあなたたちに解放を言い渡す』と,エホバは宣言する。『剣と疫病と飢餓+による解放*である。そして,地上の全ての王国はあなたたちに起きたことを見聞きして恐怖を抱く+ 18  私は,私との契約を破った人たちを敵の手に渡す。彼らは子牛を2つに切り裂いてその間を通り,私の前で契約を結んだが+,契約の言葉を実行しなかった。 19  その人たちは,2つに切り裂かれた子牛の間を通った,ユダの高官たち,エルサレムの高官たち,廷臣たち,祭司たち,民全てである。 20  私は彼らを敵の手に,彼らの命を奪おうとしている者たちの手に渡し,彼らの死体は鳥や野獣に食べられる+ 21  また,私はユダのゼデキヤ王と高官たちを敵の手に渡す。彼らの命を奪おうとしている者たちの手に,あなたたちの所から引き揚げている+バビロンの王の軍勢の手に渡すのである+』。 22  エホバはこう宣言する。『私は命令を与え,敵たちをこの都市に連れ戻す。彼らはこの都市を攻め取って火で焼く+。私はユダの町々を誰も住まない荒れ地にする+』」。

脚注

直訳,「今日」。
つまり,死ぬということ。

注釈

メディア