エレミヤ​書 33:1-26

33  エレミヤがまだ「監視の庭+」に拘束されていた時,エホバが再びエレミヤに語り掛けてこう言った。  「大地を造ったエホバ,大地を形作ってしっかり据えたエホバはこう言う。エホバがその名である。  『私に呼び掛けなさい。そうすれば私はあなたに答え,あなたが知らないこと,理解し難い偉大なことを直ちに告げる+』」。  「敵が土塁を築き,剣を持って攻めてきたため,この都市の家々とユダの王たちの家々は取り壊された。イスラエルの神エホバは,その家々について語る+  また,カルデア人と戦うために来る人たちについて語る。私は怒りと憤りのうちに彼らを打ち倒し,辺りは死体だらけになる。彼らの悪い行いのために,私はこの都市から顔を隠したのである。  『私は彼女*を回復させ,健康にする+。そして彼らを癒やし,豊かな平和と真理を与える*+  ユダとイスラエルの捕らわれている民を連れ戻し+,初めの時にしたように彼らを祝福する*+  私に対して犯した全ての罪から彼らを清め+,私に対して犯した全ての罪や違反を許す+  私が彼らに与えるあらゆる良いものについて聞く地上の全ての国の人々の前で,彼女の名は私を歓喜させ,彼女は私に賛美と栄光をもたらす+。私が彼女に与えるあらゆる良いものと平和のために+,人々は恐れて震える+』」。 10  「エホバはこう言う。『人も家畜もいない荒れ地だとあなたたちが言うこの場所で,荒れ果てて人も住民も家畜もいないユダの町々とエルサレムの通りで,再び声が聞かれるようになる。 11  歓喜や祝福の声+,花婿や花嫁の声がして,人々はこう言う。「大軍を率いるエホバに感謝しよう。エホバは善い方だからだ+。神の揺るぎない愛は永遠に続く+!」』 『彼らはエホバの家に感謝の捧げ物を持ってくる+。私が,捕らわれている民をこの土地に連れ戻し,初めの時のようにするからである』と,エホバは言う」。 12  「大軍を率いるエホバはこう言う。『人も家畜もいないこの荒れ地と全ての町々に再び牧草地ができ,羊飼いたちが群れを休ませる+』。 13  『山地の町々,低地の町々,南の町々,ベニヤミンの土地,エルサレムの周辺+,ユダの町々で+,再び羊飼いが羊を数える*ようになる』と,エホバは言う」。 14  「エホバはこう宣言する。『私がイスラエル国民とユダ国民に関して語った良い約束を果たす時が来る+ 15  その時,私はダビデのために正しい芽*を芽生えさせ+,その者はこの土地で公正に裁き,正しいことを行う+ 16  その時,ユダは救われ+,エルサレムは安らかに暮らすようになる+。その都市は「エホバは私たちの正義」という名で呼ばれる+』」。 17  「エホバはこう言う。『イスラエルの王座には必ずダビデの家系の人がつく+ 18  また,必ずレビ族の祭司の1人が私の前に立ち,全焼の捧げ物を捧げ,穀物の捧げ物を焼き,犠牲を捧げる』」。 19  エホバが再びエレミヤに語り掛けてこう言った。 20  「エホバはこう言う。『あなたたちが,昼と夜に関する私の契約を破ることができず,決まった時間に昼と夜が来るのを妨げられないのと同じように+ 21  私に仕えたダビデとの契約も破られることはなく+,彼の王座について王として治める子が必ず生まれる+。私に奉仕するレビ族の祭司たちとの契約も破られることはない+ 22  私は,私に仕えたダビデの子孫と,私に奉仕するレビ族を増やし,数え切れない天の星*のように,量り切れない海の砂のようにする』」。 23  エホバが再びエレミヤに語り掛けてこう言った。 24  「この人々が『エホバは自分で選んだ2つの家系を退ける』と言っていることに,あなたは気付いていないのか。彼らは私の民を侮っており,もはや国民とは見なしていない。 25  エホバはこう言う。『私は,昼と夜に関する契約と+,天と地の法則*を確立した+のと同じように, 26  ヤコブの子孫および私に仕えたダビデの子孫を決して退けない。ダビデの子孫から,アブラハムとイサクとヤコブの子孫を治める者たちを選ぶ。私は捕らわれている民を哀れに思い+,集めて戻すのである+』」。

脚注

都市つまりエルサレムのこと。
または,「啓示する」。
直訳,「建てる」。
直訳,「羊を数える人の手の下を再び群れが通る」。
または,「後継者」。
直訳,「軍」。
または,「法令」。

注釈

メディア