エレミヤ​書 24:1-10

24  エホバは私に,エホバの神殿の前に置かれた2つの籠に入ったイチジクを見せた。それは,バビロンのネブカドネザル王が,ユダの王,エホヤキム+の子エコニヤ*+を捕らえた後のことだった。ネブカドネザルは,ユダの高官たち,職人,鍛冶屋*も捕らえ,エルサレムからバビロンに連れていった+  1つの籠に入っていたイチジクはとても良く,早い時期になるイチジクのようだったが,もう1つの籠に入っていたイチジクはとても悪くて食べられなかった。  エホバは私に,「エレミヤ,何が見えるか」と尋ねた。それで私は言った。「イチジクです。良いイチジクはとても良いですが,悪い方はとても悪くて食べられません+」。  すると,エホバが私に語り掛けてこう言った。  「イスラエルの神エホバはこう言う。『私は,捕囚にされたユダの人たち,この場所から私がカルデア人の土地に追いやった人たちを,これらの良いイチジクのように良いものと見なす。  彼らに目を留めて恵みを与え,この土地に戻らせる+。彼らを建てるのであり,壊しはしない。彼らを植えるのであり,引き抜きはしない+  彼らに私を知る心,私がエホバであることを知る心を与える+。彼らは私の民となり,私は彼らの神となる+。彼らは心を尽くして私のもとに戻る+  一方,とても悪くて食べられないイチジクについて+,エホバはこう言う。「私は,ユダのゼデキヤ王+と高官たち,この土地にいてエルサレムに残っている人たちと,エジプトに住んでいる人たちを+,悪いイチジクのように見なす。  私は彼らに災難をもたらし,地上の全ての王国が彼らについて見聞きして恐怖を抱くようにする+。私が彼らを追いやる全ての場所で+,人々は彼らを非難し,格言の題材とし,あざけり,彼らに災いがあることを願う+ 10  私は彼らに対して剣+と飢餓と疫病+を送り,彼らと父祖たちに与えた土地から滅ぼし去る」』」。

脚注

エホヤキンまたコニヤとも呼ばれる。
もしかすると,「とりでを築く人」。

注釈

メディア