エレミヤ​書 21:1-14

21  ゼデキヤ王+が,マルキヤの子パシュフル+と,マアセヤの子で祭司のゼパニヤ+をエレミヤのもとに遣わした時,エレミヤはエホバの言葉を受けた。王はこう頼んだ。  「どうか,私たちのためにエホバに尋ねてください。バビロンのネブカドネザル*王が私たちに戦いを仕掛けているからです+。もしかしたら,彼が撤退するように,エホバは過去に行われたような驚くべきことを行ってくださるかもしれません+」。  エレミヤは彼らに言った。「ゼデキヤにこう言いなさい。  『イスラエルの神エホバはこう言っている。「私は,あなたたちが持っている武器,城壁の外で包囲しているバビロンの王+とカルデア人と戦うための武器の矛先を,あなたたちの方に向かせる*。そして,それら*を都市の真ん中に集める。  私は手を伸ばし,力強い腕と怒りと憤りと激怒をもって+,自らあなたたちと戦う+  この都市の住民を,家畜もろとも打つ。彼らはひどい疫病で死ぬ+」』。  『エホバはこう宣言する。「その後,私は,ユダのゼデキヤ王と家来たちとこの都市の人々,疫病と剣と飢餓を生き延びる人たちを,バビロンのネブカドネザル王の手に渡す。彼らの敵,彼らの命を奪おうとしている者たちの手に渡すのである+。ネブカドネザルは剣で彼らを討つ。彼らを哀れに思わず,同情も憐れみも示さない+」』。  また,この民に言いなさい。『エホバはこう言っている。「私はあなたたちの前に,命の道と死の道を置いている。  この都市にとどまる人は,剣と飢餓と疫病によって死ぬ。一方,出ていって,あなたたちを包囲しているカルデア人に降伏する人は,死ぬことなく逃れ*,生き続ける+」』。 10  『エホバはこう宣言する。「私がこの都市に厳しい顔を向けたのは,災いをもたらすためであって,良いことのためではない+。都市はバビロンの王の手に渡され+,火で焼かれる+」。 11  ユダの王家の人たち,エホバの言葉を聞きなさい。 12  ダビデの王家よ,エホバはこう言う。 「朝ごとに公正な裁きを行いなさい。物を奪われている人を,だまし取る人の手から救いなさい+さもなければ,あなたたちの悪い行いのために+私の憤りは火のように燃え上がり+誰にも消せなくなる」』。 13  『谷*に住む者よ,平地の岩よ,私はあなたに敵対している』と,エホバは宣言する。『あなたたちは言う。「誰が私たちに向かってくるだろうか。誰が私たちの住まいに攻め入るだろうか」と。 14  私はあなたたちの行いに応じて,あなたたちに責任を問う+そして森林に火を放ち,それは周囲のもの全てを焼き尽くす+』と,エホバは宣言する」。

脚注

または,「ネブカドレザル」。
または,「逆にする」。
もしかすると,「彼ら」。
または,「自分の命を戦利品として得て」。
または,「谷あいの平原」。

注釈

メディア