エレミヤ​書 14:1-22

14  干ばつ+について,エホバがエレミヤに語った言葉。   ユダは悲しみ+,門は衰えた。力なく地面に座り込み,エルサレムから叫び声が上がる。   主人たちは水を求めて召し使い*たちを遣わす。召し使いたちは水ため*に行くが,水はない。彼らは空の器を持って戻る。恥じて,失望し,頭を覆う。   土地に雨が降らないので地面はひび割れている+そのため農業をする人たちは落胆し,頭を覆う。   野の雌鹿でさえ,産んだばかりの子を見捨てる。草がないからである。   野ロバははげ山の上に立ち,ジャッカルのように息を荒くする。草木がないために目が衰える+   私たちの過ちは,私たちに不利に働いていますが,エホバ,あなたの名のために行動してください+私たちは不忠実なことをたくさん行い+あなたに対して罪を犯しました。   イスラエルの希望,苦難の時の救い主よ+なぜあなたはこの土地でよそ者のように振る舞っているのですか。なぜ一夜を過ごすためだけに立ち寄った旅人のようなのですか。   なぜ,ぼうぜんとしている人,力があるのに救うことができない人のようなのですか。エホバ,あなたは私たちの中におられ+私たちはあなたの名で呼ばれています+私たちを見捨てないでください。 10  この民についてエホバはこう言う。「彼らはさまようことを好み+,自分たちの足をとどめていない+。それで,エホバは彼らのことを喜ばない+。彼らの過ちを思い起こし,罪の責任を問う+」。 11  エホバはさらに私に言った。「この民に良いことが起きるようにと祈ってはならない+ 12  彼らが断食をしても,私は彼らの嘆願に耳を傾けない+。彼らが全焼の捧げ物や穀物の捧げ物を捧げても,私は喜ばない+。剣と飢餓と疫病*によって彼らを滅ぼす+」。 13  それで私は言った。「ああ,主権者である主エホバ! 預言者たちは彼らにこう告げています。『あなたたちは剣を見ず,飢餓に見舞われない。私はこの場所であなたたちに真の平和を与える+』」。 14  すると,エホバは言った。「預言者たちは私の名によって偽りの預言をしている+。私は彼らを遣わしておらず,彼らに命じても語ってもいない+。彼らがあなたたちに預言しているのは,偽りの幻,無価値な占い,自分たちの心のたくらみ*である+ 15  それで,私が遣わしていないのに,私の名によって預言し,この土地は剣にも飢餓にも襲われないと言っている預言者たちについて,エホバはこう言う。『その預言者たちは剣と飢餓によって滅びる+ 16  そして,彼らの預言を聞いている民は,飢餓と剣のためにエルサレムの通りに放り出される。夫も妻も,息子も娘も,誰にも葬られない+。私は彼らに見合った災いをもたらす+』。 17  あなたは彼らにこう言わなければならない。 『私の目から昼も夜も涙があふれるままになれ+私の処女である民*は,完全に打ち砕かれ+非常に重い傷を負ったからだ。 18  私が野原に行って見ると,剣で殺された人たちがいる+町に入っていくと,飢餓で弱っている人たちがいる+預言者も祭司も見知らぬ土地をさまよっている+』」。 19  あなたはユダを完全に退けたのですか。シオンを憎悪したのですか+私たちを打ち,癒やされないようにしたのはどうしてですか+平和を待ち望んでいたのに,良いものは来ませんでした。癒やしの時を待ち望んでいたのに,恐怖が来ました+ 20  エホバ,私たちは,自分たちの邪悪さと,父祖たちの過ちを認めます。あなたに対して罪を犯しました+ 21  あなたの名のために,私たちを退けないでください+あなたの栄光の王座を軽んじないでください。私たちとの契約を覚えていて,破らないでください+ 22  国々の無価値な偶像が,雨を降らせてくれるでしょうか。天が自ら雨を降らすことができるでしょうか。私たちの神エホバ,それができるのはあなただけではありませんか+私たちは希望を抱いてあなたを待ちます。あなただけがこれら全てを行われるからです。

脚注

または,「小さな者」。
または,「溝」。
または,「病気」。
または,「欺き」。
直訳,「民の娘」。

注釈

メディア