エレミヤ​書 12:1-17

12  エホバ,あなたはただしいかたです+わたしがあなたにうったえるときも,こうせいについてあなたとはなすときも。しかし,じゃあくひとたちがせいこうおさめているのはどうしてですか+せいじつひとたちがらくらしているのはどうしてですか。   あなたがかれらをえ,かれらはきました。かれらはせいちょうし,むすびました。あなたについてはなしますが,おくそこかんが*はあなたからとおはなれています+   エホバ,あなたはわたしをよくごぞんじで+わたしておられます。わたしこころ調しらべ,あなたとむすいていることをっておられます+かれらを,ほふられるひつじのようにえらし,ころのためにけてください。   いつまでこのからびたままで,どのはらくされているのでしょうか+そこにひとたちのわるおこないのために,じゅうとりいっそうされました。かみわたしたちのすえない」と,かれらはいました。   あなたは,ひとはしってつかれるのなら,どうしてうまきょうそうできるだろうか+へいではあんしんしていられるとしても,ヨルダンがわ沿いのうっそうとしたしげみのなかではどうするのか。   あなたのきょうだいたち,ちちいえひとたちでさえ,あなたにたいしてせいじつだった+あなたにかってった。かれらをしんようしてはならない。たとえいことをうとしても。   「わたしは,わたしいえ+ざいさんった+ふかあいするものを,かのじょてきわたした+   わたしざいさんであるかのじょは,わたしにとってしんりんのライオンのようになった。わたしかってほえたため,わたしかのじょにくむようになった。   わたしざいさんであるかのじょは,わたしにとっていろとりどり*にくしょくとりのようだ。ほかのにくしょくとりかこまれ,おそわれる+すべてのじゅうよ,い。あつまれ。べに+ 10  おおくのひつじいがわたしのブドウえんかい+わたしらした+こうえてしまった。 11  そこはになり,からびた*わたしまえこうはいしている+ぜんたいこうはいさせられたが,だれめない+ 12  こうのあらゆるみならされたみちとおって,ほろぼすものたちがやってた。はしからはしまで,エホバのつるぎがむさぼりっている+だれにもへいはない。 13  ひとびとむぎをまいたが,いばらをった+つかてるまではたらいたが,だった。エホバのえるいかりのために,かれらはぶんたちのさんぶつじる」。 14  エホバはじゃあくきんりんたみすべてにたいしてかたる。かれらは,わたしわたしたみイスラエルにしょゆうさせたしている+。「わたしかれらを,かれらのから+。また,ユダこくみんかれらのなかからく。 15  しかし,かれらをいたのちわたしふたたあわれみをしめし,かれらをかくに,そうぞくもどす」。 16  「もしかれらがわたしたみかたたしかにまなぶなら,また,バアルにけてちかうことをわたしたみおしえたように,『きているかみエホバにけて!』とわたしけてちかうようになるなら,かれらはわたしたみあいださかえることになる。 17  しかし,もししたがおうとしないなら,わたしはそのこくみんかんぜんいてほろぼす」と,エホバはせんげんする+

脚注

または,「奥底の感情」。直訳,「腎臓」。
または,「まだら」。
もしかすると,「嘆いている」。

注釈

メディア