エレミヤ​書 1:1-19

1  ベニヤミンの土地のアナトテ+にいた祭司ヒルキヤの子,エレミヤ*の言葉。  ユダの王,アモン+の子ヨシヤ+の時代,その治世の第13年に,エホバがエレミヤに語り掛けた。  また,ユダの王,ヨシヤの子エホヤキム+の時代にも語り掛けた。それは,ユダの王,ヨシヤの子ゼデキヤ+の治世の第11年が終わるまで,第5の月にエルサレムの住民が捕囚にされるまで続いた+  エホバが私に語り掛けてこう言った。   「私は,あなたを母親の胎内で形作る前から知っており*+生まれる*前にあなたを神聖なものとした*+国々に対する預言者とした」。   しかし,私は言った。「ああ,主権者である主エホバ!私はどのように話したらいいか分かりません+。少年*にすぎないからです+」。   すると,エホバは言った。「『私は少年にすぎない』と言ってはいけない。私が遣わす所へ行き,皆に,私が命じることを全て話しなさい+   彼らの見た目のために恐れてはいけない+『私があなたと共にいて,あなたを救う+』と,エホバは宣言する」。  エホバは手を伸ばし,私の口に触れた+。それからエホバは言った。「私は,私の言葉をあなたの口に入れた+ 10  今日,私はあなたを国々や王国の上に任命した。引き抜き,取り壊し,滅ぼし,打ち壊し,建てて,植えるためだ+」。 11  エホバが再び私に語り掛け,「エレミヤ,何が見えるか」と言った。それで私は,「アーモンドの木*の枝が見えます」と言った。 12  エホバは言った。「あなたが見た通りだ。私は自分の言葉を実行するため,しっかり目覚めている」。 13  エホバがもう一度私に語り掛け,「何が見えるか」と言った。それで私は言った。「煮え立っている*鍋が見えます。鍋の口が北を向かないように傾けられています」。 14  すると,エホバは言った。 「北から災いが降り掛かる。この土地に住む全ての人の上に+ 15  エホバはこう宣言する。『私は北の諸王国の全ての部族を呼び寄せる+王たちは来て,それぞれ自分の王座を据える。エルサレムの門の入り口に+その周囲の城壁に向かって,またユダの全ての町に向かって+ 16  私は,あらゆる悪を行った民に対する裁きを言い渡す。彼らが私を捨て+ほかの神々のために犠牲の煙を立ち上らせ+自分の手で作った物にひれ伏しているからである+』。 17  あなたは用意を整える*べきである。立ち上がって,私が命じることを全て彼らに話さなければならない。彼らにおびえてはならない+私が彼らの前であなたをおびえさせることにならないために。 18  今日,私はあなたを,防備された町,鉄の柱,銅の城壁とし,国全体に立ち向かわせる+すなわち,ユダの王たち,高官たち,祭司たち,民に対して+ 19  彼らは必ずあなたと戦うが,あなたに勝つことはない。『私があなたと共にいて+,あなたを救う』と,エホバは宣言する」。

脚注

意味はもしかすると,「エホバは重んじる」。
または,「選び」。
直訳,「胎内から出る」。
または,「取り分けた」。
または,「若者」。
直訳,「目覚めつつある者」。
直訳,「あおられている」。鍋の下の火があおられていることを指す。
または,「行動の準備をする」。直訳,「腰に帯を締める」。

注釈

メディア