エゼキエル​書 8:1-18

8  第6年,第6の月の5日,私は自分の家で座っており,ユダの長老たちが私の前に座っていた。すると,主権者である主エホバの力が私に働いた。  見ていると,火のように見える方がいた。その方の腰と思われる所から下には火があり+,腰から上は琥珀金*のように輝いていた+  その方は手のようなものを伸ばし,私の髪の毛の房をつかんだ。すると,神からの幻の中で,私は聖なる力*によって運ばれ,地と天の間を通ってエルサレムに連れてこられた。そこは北を向いている内側の門+の入り口で,嫉妬をかき立てる偶像があった+  見ると,イスラエルの神の栄光が輝いていた+。それは私が谷あいの平原で見たものに似ていた+  その方は私に,「人の子よ,どうか目を上げて,北の方を見てほしい」と言った。それで私が北の方を見ると,祭壇の門の北の入り口の所に,嫉妬をかき立てる偶像があった。  その方は言った。「人の子よ,ここでイスラエル国民が行っている,ひどく忌まわしい事柄が見えるか+。そのために私は聖なる所から遠く離れている+。しかし,あなたはもっとひどく忌まわしい事柄を見る」。  それからその方は私を庭の入り口に連れてきた。見ると,壁に穴があった。  その方は,「人の子よ,どうか壁の穴を掘り広げてほしい」と言った。それで壁の穴を掘り広げると,入り口が見えた。  その方は,「入っていって,人々がここで行っている邪悪で忌まわしい事柄を見なさい」と言った。 10  それで入っていって見ると,地面を動く生き物と忌まわしい動物+のさまざまな像,イスラエル国民のあらゆる汚らわしい偶像*があった+。それらは周囲の壁に彫られていた。 11  それらの前にイスラエル国民の長老70人が立っており,その中にシャファン+の子ヤアザヌヤもいた。それぞれが香炉を持ち,香の煙が立ち上っていた+ 12  その方は言った。「人の子よ,イスラエル国民の長老たちが暗闇の中で,それぞれ自分の偶像が飾られている*奥の部屋で行っていることが見えるか。彼らは,『エホバは私たちを見ていない。エホバはこの土地を捨てた』と言っている+」。 13  その方は続けて,「あなたは,彼らが行っている,もっとひどく忌まわしい事柄を見る」と言った。 14  そして,私をエホバの家の北の門の入り口に連れてきた。見ると,女性たちが座っていて,タンムズという神のために泣いていた。 15  その方はさらに言った。「人の子よ,これが見えるか。あなたはこれよりももっとひどく忌まわしい事柄を見る+」。 16  そして,私をエホバの家の内側の庭に連れてきた+。すると,エホバの神殿の入り口で,玄関と祭壇の間で,25人ほどの男性がエホバの神殿に背を向け,顔を東に向けて,東にある太陽にひれ伏していた+ 17  その方は言った。「人の子よ,これが見えるか。ユダ国民にとって,こうした忌まわしい事柄を行い,この土地を暴力で満たし+,私を怒らせ続けるのは,ささいなことなのだろうか。彼らは私の鼻に向かって枝*を突き出している。 18  それで私は激しい怒りのうちに行動する。私の目は彼らを惜しまず,私は同情しない+。彼らが私の耳に向かって大声で叫んでも,私は聞かない+」。

脚注

金と銀の輝く合金。
もしかすると,「天使」。
ヘブライ語で「ふん」を意味する言葉と関連があると考えられる,嫌悪を表す表現。
または,「自分の飾り物がある」。
偶像崇拝に使う枝のことと思われる。

注釈

メディア