エゼキエル​書 41:1-26

41  それからかれわたしれてせいじょ*はいり,わきはしらはばはかった。かたほうが3.1メートル,もうかたほうも3.1メートルだった。  ぐちはばは5.2メートルで,ぐちそくへきかたがわが2.6メートル,はんたいがわも2.6メートルだった。かれせいじょおくきをはかると20.7メートルで,はばは10.4メートルだった。  それからかれなか*はいり,ぐちわきはしらはかった。そのあつさは1メートルだった。ぐちはばは3.1メートルで,ぐちそくへきは3.6メートルだった。  つぎかれせいじょめんするそのはかると,おくきとはばは10.4メートルだった。そしてかれわたしに,「これがせいじょ+です」とった。  それからかれしん殿でんかべはかると,あつさは3.1メートルだった。しん殿でんかこはばは2.1メートルだった+  うえがあり,3がいてになっていて,かくかいに30あった。しん殿でんかべしゅうりがあり,はりささえていた。はりしん殿でんかべまれているのではなかった+  しん殿でんりょうがわにらせんじょうつう*があり,うえかいのぼるにつれてはばひろくなった+。1かいから2かいとおって3がいくにつれ,かいがるごとにはばひろくなった。  ると,しん殿でんたかだいうえっており,だいはばしん殿でんはばよりひろかった。それはだいでもあり,かどまでのたかさはちょうど3.1メートルだった。  そとがわかべあつさは2.6メートルだった。しん殿でんいちである沿って,だいはしまでくうかんがあった* 10  しん殿でんりょうがわしょくどうぐん*+あいだに,はば10.4メートルのかくがあった。 11  沿ったくうかんとをつなぐぐちが,1つはきたがわに,もう1つはみなみがわにあった。しん殿でんかこむそのくうかんはばは2.6メートルだった。 12  しん殿でん西にしがわかくめんしたたてものは,おくきが36メートル,はばが47メートルだった。たてものかべあつさはどこも2.6メートルだった。 13  かれしん殿でんはかると,ぜんちょうは52メートルだった。かくたてもの*おくきとかべあつさをすと,それも52メートルだった。 14  ひがしいているしん殿でんしょうめんと,りょうがわかくはばわせると,52メートルだった。 15  かれしん殿でんうしろにあるかくめんしたたてものはばはかった。りょうがわろうふくめて52メートルだった。 かれはさらに,せいじょせいじょ+にわめんするげんかんはかった。 16  また,それら3つのぐちところまどわくおくかってせばまっているまど+ろうはかった。ぐちところちかくには,ゆかからまどまでのあいだいた+られていた。まどにはおおいがあった。 17  ぐちうえや,しん殿でんないそとがわしゅうかべぜんたいはかられた。 18  かべにはケルブ+とヤシのよう+られていた。ヤシのはそれぞれ2人ふたりのケルブのあいだにあり,ケルブにはそれぞれ2つのかおがあった。 19  にんげんかおかたがわのヤシのほうき,ライオンのかおはんたいがわのヤシのほういていた+しん殿でんないしゅうぜんたいにそのようにられていた。 20  せいなるところかべには,ゆかからぐちうえぶんまで,ケルブとヤシのようられていた。 21  せいなるところぐち*かくだった+せいなるしょ*まえには,つぎのようなものがあった。 22  たかさ1.6メートル,はば1メートルの,さいだんのようなもの+である。すみささ*があり,そくめんでできていた。かれわたしに,「これがエホバのまえにあるしょくたくです+」とった。 23  せいじょせいなるしょにはそれぞれ2つのとびらがあった+ 24  とびらになっており,かくとびらを2つにたたむことができた。 25  せいなるところとびらには,かべおなじように,ケルブとヤシのようられていた+げんかんそとがわにはのひさしがあった。 26  また,げんかんりょうがわと,しん殿でんとひさしに沿って,まどわくおくかってせばまっているまど+とヤシのようがあった。

脚注

直訳,「神殿」。41章と42章で,この言葉は聖所か,聖なる所全体(聖所と至聖所を含む神殿)を指す。
至聖所の中ということ。
らせん階段のことと思われる。
神殿を囲む細い通路のことと思われる。
または,「部屋」。
聖なる所の西側の建物のこと。
直訳,「戸口の柱」。聖所の入り口を指していると思われる。
至聖所を指していると思われる。
角のことかもしれない。

注釈

メディア