エゼキエル​書 41:1-26

41  それから彼は私を連れて聖所*に入り,脇の柱の幅を測った。片方が3.1メートル,もう片方も3.1メートルだった。  入り口の幅は5.2メートルで,入り口の側壁は片側が2.6メートル,反対側も2.6メートルだった。彼が聖所の奥行きを測ると20.7メートルで,幅は10.4メートルだった。  それから彼は中*に入り,入り口の脇の柱を測った。その厚さは1メートルだった。入り口の幅は3.1メートルで,入り口の側壁は3.6メートルだった。  次に彼が聖所に面するその部屋を測ると,奥行きと幅は10.4メートルだった。そして彼は私に,「これが至聖所+です」と言った。  それから彼が神殿の壁を測ると,厚さは3.1メートルだった。神殿を囲む小部屋の幅は2.1メートルだった+  小部屋の上に小部屋があり,3階建てになっていて,各階に30部屋あった。神殿の壁の周囲に出っ張りがあり,小部屋の梁を支えていた。梁が神殿の壁に差し込まれているのではなかった+  神殿の両側にらせん状の通路*があり,上の階に上るにつれて幅が広くなった+。1階から2階を通って3階に行くにつれ,階が上がるごとに小部屋の幅も広くなった。  見ると,神殿は高い土台の上に立っており,土台の幅は神殿の幅より広かった。それは小部屋の土台でもあり,角までの高さはちょうど3.1メートルだった。  小部屋の外側の壁の厚さは2.6メートルだった。神殿の一部である小部屋に沿って,土台の端まで空間があった* 10  神殿の両側と食堂群*+間に,幅10.4メートルの区画があった。 11  小部屋に沿った空間と小部屋とをつなぐ入り口が,1つは北側に,もう1つは南側にあった。神殿を囲むその空間の幅は2.6メートルだった。 12  神殿の西側の区画に面した建物は,奥行きが36メートル,幅が47メートルだった。建物の壁の厚さはどこも2.6メートルだった。 13  彼が神殿を測ると,全長は52メートルだった。区画と建物*の奥行きと壁の厚さを足すと,それも52メートルだった。 14  東を向いている神殿の正面と,両側の区画の幅を合わせると,52メートルだった。 15  彼は神殿の後ろにある区画に面した建物の幅を測った。両側の廊下を含めて52メートルだった。 彼はさらに,聖所,至聖所+,庭に面する玄関を測った。 16  また,それら3つの入り口の所,窓枠が奥に向かって狭まっている窓+,廊下も測った。入り口の所の近くには,床から窓までの間に板+が張られていた。窓には覆いがあった。 17  入り口の上や,神殿の内部と外側,周囲の壁全体が測られた。 18  壁にはケルブ+とヤシの木の模様+が彫られていた。ヤシの木はそれぞれ2人のケルブの間にあり,ケルブにはそれぞれ2つの顔があった。 19  人間の顔が片側のヤシの木の方を向き,ライオンの顔が反対側のヤシの木の方を向いていた+。神殿内の周囲全体にそのように彫られていた。 20  聖なる所の壁には,床から入り口の上の部分まで,ケルブとヤシの木の模様が彫られていた。 21  聖なる所の入り口*は四角だった+。聖なる場所*の前には,次のようなものがあった。 22  高さ1.6メートル,幅1メートルの,木の祭壇のようなもの+である。四隅に支え*があり,基部と側面は木でできていた。彼は私に,「これがエホバの前にある食卓です+」と言った。 23  聖所と聖なる場所にはそれぞれ2つの扉があった+ 24  扉は折り戸になっており,各扉を2つに折り畳むことができた。 25  聖なる所の扉には,壁と同じように,ケルブとヤシの木の模様が彫られていた+。玄関の外側には木のひさしがあった。 26  また,玄関の両側と,神殿の小部屋とひさしに沿って,窓枠が奥に向かって狭まっている窓+とヤシの木の模様があった。

脚注

直訳,「神殿」。41章と42章で,この言葉は聖所か,聖なる所全体(聖所と至聖所を含む神殿)を指す。
至聖所の中ということ。
らせん階段のことと思われる。
神殿を囲む細い通路のことと思われる。
または,「部屋」。
聖なる所の西側の建物のこと。
直訳,「戸口の柱」。聖所の入り口を指していると思われる。
至聖所を指していると思われる。
角のことかもしれない。

注釈

メディア