エゼキエル​書 40:1-49

40  私たちが捕囚にされて+25年目の初め,第1の月の10日,都市*が陥落してから+14年目のその日に,エホバの力が私に働き,私は都市に連れていかれた+  神は幻の中で私をイスラエルに連れていき,非常に高い山の上に下ろした+。南の方に都市のようなものがあった。  そこに連れていかれると,私は1人の人を見た。その姿は銅のように輝いていて+,亜麻の綱とアシの物差しを持ち+,門の所に立っていた。  その人は私に言った。「人の子よ,よく見て,注意深く聞き,私が見せるもの全てに注意を払いなさい。あなたはそのために連れてこられたからです。あなたが見ることを全部イスラエル国民に話しなさい+」。  見ると,神殿*の周りを塀が囲んでいた。私に話した人が持っていたアシの物差しは,長さが3.1メートル*あった。彼は塀を測り始めた。塀の厚さは3.1メートルで,高さも3.1メートルだった。  それから彼は東に向いている門+に行き,その階段を上った。門の入り口の空間を測ると,奥行きは3.1メートルで,もう一方の空間の奥行きも3.1メートルだった。  守衛室はそれぞれ幅と奥行きが3.1メートルで,守衛室+と守衛室の間隔は2.6メートルだった。神殿の方を向いている,門の玄関の隣の空間は3.1メートルだった。  彼は,神殿の方を向いている,門の玄関を測った。それは3.1メートルだった。  それから門の玄関を測ると,4.1メートルだった。玄関の脇の柱を測ると,1メートルだった。門の玄関は,神殿の側にあった。 10  東の門の両側に,守衛室が3つずつあった。それら3つは同じ大きさで,両側にある脇の柱もそれぞれ同じ大きさだった。 11  それから彼は門の入り口の幅を測った。5.2メートルだった。門の外側の幅は6.7メートルだった。 12  両側にある守衛室の前にある仕切られた場所は52センチだった。守衛室はそれぞれ3.1メートルだった。 13  それから彼は,片側の守衛室の屋根*から反対側の守衛室の屋根までの距離を測った。13メートルだった。守衛室の入り口は,反対側の守衛室の入り口と向かい合っていた+ 14  そして彼が脇の柱を測ると,それぞれ高さが31メートルだった。彼は庭の周囲の門の脇の柱を全て測った。 15  門の入り口の前から,門の神殿側の玄関の前までは,26メートルだった。 16  門の中の両側にある守衛室とその脇の柱には,窓枠が奥に向かって狭まっている窓があった+。玄関の内側のどの面にも窓があり,脇の柱にはヤシの木の模様+があった。 17  彼は私を外側の庭に連れてきた。見ると,庭の周りに石畳があり,食堂*+あった。石畳の上に30の食堂があったのである。 18  門の横の石畳の幅は,門の全長と同じだった。これが下の石畳である。 19  それから彼は,下の門の前から内側の庭の端までの距離を測った。その距離は,東側も北側も52メートルだった。 20  外側の庭には北を向いている門もあり,彼はその長さと幅を測った。 21  門の両側に守衛室が3つずつあった。脇の柱と玄関は最初の門と同じ寸法だった。門の長さは26メートル,幅は13メートルだった。 22  窓,玄関,ヤシの木の模様+は,東の門のものと同じ大きさだった。人々は7段の階段を上ると門に着き,進んでいくと玄関があった。 23  内側の庭には,北の門と向かい合う門と,東の門と向かい合う門があった。彼が門から門までの距離を測ると,52メートルだった。 24  次に彼は私を南の方に連れてきた。見ると,南側にも門があった+。彼がその脇の柱と玄関を測ると,他のものと同じ大きさだった。 25  門とその玄関の周囲には,他の門と同じ窓があった。門の長さは26メートル,幅は13メートルだった。 26  門に至る7段の階段があり+,進んでいくと玄関があった。玄関の両脇に柱があり,それぞれにヤシの木の模様があった。 27  内側の庭には,南を向いている門もあった。彼が南の方へ門から門までの距離を測ると,52メートルだった。 28  次に彼は南の門から私を連れて内側の庭に入った。彼が南の門を測ると,他の門と同じ大きさだった。 29  守衛室,脇の柱,玄関は,他のものと同じ大きさだった。門とその玄関の周囲には窓があり,門の長さは26メートル,幅は13メートルだった+ 30  周囲の玄関は長さが13メートル,幅が2.6メートルだった。 31  門の玄関は外側の庭に面していて,その脇の柱にはヤシの木の模様があり+,門に至る階段は8段だった+ 32  彼は東から私を連れて内側の庭に入り,門を測った。他の門と同じ大きさだった。 33  守衛室,脇の柱,玄関は,他のものと同じ大きさで,門とその玄関の周囲には窓があった。門の長さは26メートル,幅は13メートルだった。 34  門の玄関は外側の庭に面していて,両脇の柱にはヤシの木の模様があり,門に至る階段は8段だった。 35  それから彼は私を連れて北の門に入り+,門を測った。他の門と同じ大きさだった。 36  守衛室,脇の柱,玄関は,他のものと同じだった。門の周囲には窓があり,門の長さは26メートル,幅は13メートルだった。 37  脇の柱は外側の庭に面していて,両方の柱にヤシの木の模様があった。門に至る階段は8段だった。 38  門の脇の柱の近くに,食堂とその入り口があった。そこで全焼の捧げ物が洗われた+ 39  門の玄関の両側に台が2つずつあり,その上で,全焼の捧げ物+,罪の捧げ物+,有罪の捧げ物+がほふられた。 40  北の門の入り口の外側に2つの台があった。また,門の玄関の反対側にも2つの台があった。 41  門の両側に4つずつ,全部で8つの台があり,その上で犠牲がほふられた。 42  全焼の捧げ物のための4つの台は,切り石でできていた。長さと幅は78センチ,高さは52センチだった。それらの上に,全焼の捧げ物や犠牲をほふるのに使う道具が置かれていた。 43  幅7センチの棚が,内側の壁にぐるりと取り付けられていた。台の上には供え物の肉が置かれることになっていた。 44  内側の門の外には,歌い手たち+のための食堂があった。内側の庭の中の,北の門の近くにあり,南を向いていた。東の門の近くにも別の食堂があり,それは北を向いていた。 45  彼は私に言った。「南を向いているこの食堂は,神殿での奉仕を行う祭司たちのためのものです+ 46  北を向いている食堂は,祭壇での務めを行う祭司たちのためのものです+。彼らはザドクの子孫で+,エホバに近づいて奉仕するために任命されたレビ族の人たちです+」。 47  それから彼は内側の庭を測った。その長さと幅は52メートルで,正方形だった。祭壇は神殿の前にあった。 48  そして彼は私を連れて神殿の玄関に入り+,玄関の脇の柱を測った。片側が2.6メートル,反対側も2.6メートルだった。門の幅は,片側が1.6メートル,反対側も1.6メートルだった。 49  玄関の幅は10.4メートル,奥行きは5.7*メートルだった。人々は玄関まで階段を上っていった。両脇の柱の横に,1本ずつ柱があった+

脚注

エルサレムのこと。
直訳,「家」。40-48章で,「家」が神殿の建物群や主な建物を指す場合,「神殿」と訳している。
付録B14参照。
守衛室の壁の一番上の所のことかもしれない。
または,「部屋」。
もしかすると,「6.2」。

注釈

メディア