エゼキエル​書 33:1-33

33  エホバがわたしかたけてこうった。  「ひとよ,どうほうたちにはなして+いなさい。 わたしがあるつるぎけたとする+。そして,そのひとびと1人ひとりひとえらんでぶんたちのためのりとし,  そのひとつるぎかってくるのをて,つのぶえいてひとびとけいこくしたとする+  もしだれかがつのぶえおといたものの,けいこくちゅうはらわず+つるぎによっていのちうばわれるなら,それはそのひとしんせきにんである*+  そのひとつのぶえおといたが,けいこくちゅうはらわなかった。せきにんはそのひとしんにある。もしけいこくちゅうはらっていれば,いのちたすかっていたはずである。  しかし,もしりが,つるぎかってくるのをたのにつのぶえかず+ひとびとけいこくけず,そのうちのだれかがつるぎによっていのちうばわれるなら,そのひとぶんあやまちのためにぬが,わたしはそのひとせきにんりに*+』。  ひとよ,わたしはあなたをイスラエルこくみんりににんめいした。あなたはわたしくちからこといたら,わたしからのけいこくかれらにつたえなければならない+  わたしわるひとに,『あなたはわるいことをしているのでかなら+』とうのに,あなたがそのひとにはっきりけいこくせず,かたえるようさとさないなら,そのひとぶんあやまちのためにあくにんとしてぬことになるが+わたしはそのひとせきにんをあなたに*  いっぽう,あなたがわるひとけいこくし,わるおこないをやめるようさとしたのに,そのひとかたえようとしないなら,そのひとぶんあやまちのためにぬが+,あなたはぶんいのちすくうことになる+ 10  ひとよ,イスラエルこくみんいなさい。『あなたたちはこうった。「わたしたちのはんこうつみは,わたしたちにおもくのしかかり,わたしたちをよわらせている+。どうしてつづけられるだろうか+」』。 11  かれらにいなさい。『しゅけんしゃであるしゅエホバはこうせんげんしている。「きているわたししんけてちかう。わたしわるひとよろこばず+,かえって,わるひとかたえて+つづける+ことをよろこぶ。あらためて,わるおこないをやめなさい+。イスラエルこくみんよ,あなたたちがぬようなことがあってよいだろうか+」』。 12  ひとよ,どうほうたちにいなさい。『ただしいひとはんこうするとき,そのひとただしさがそのひとすくうことはない+わるひとわるおこないをやめるとき,そのひとあくがそのひとたおれさせることはない+。また,ただしいひとつみおかに,ぶんただしさゆえにつづけるということはなくなる+ 13  わたしただしいひとに,「あなたはかならつづける」とうとする。もしそのひとぶんただしさにまんしんしてちがった*ことをおこなうなら+,そのひとただしいおこないはなにひとおもされず,そのひとちがったことをおこなったために+ 14  いっぽうわたしわるひとに,「あなたはかならぬ」とうとする。もしそのひとつみからはなれてこうせいただしいことをおこな+ 15  たんかえ+うばったものべんしょう+ちがったことをおこなわずにいのち*ほうれいしたがってあゆむなら,そのひとかならつづける+ぬことはない。 16  そのひとは,おかしたどのつみについてもめられることはない*+こうせいただしいことをおこなったために,かならつづける+』。 17  しかし,あなたのどうほうたちは,『エホバのおこないはこうせいだ』とった。じっさいこうせいなのはかれらのおこないである。 18  ただしいひとただしいおこないをやめてちがったことをおこなあい,そのひとぬことになる+ 19  いっぽうわるひとわるおこないをやめて,こうせいただしいことをおこなあい,そのひとつづける+ 20  しかし,あなたたちは,『エホバのおこないはこうせいだ』とった+。イスラエルこくみんよ,わたしはあなたたちをかくおこないにおうじてさばく」。 21  やがて,わたしたちがしゅうにされて12ねんの,だい10のつきの5に,エルサレムからげてきたひとわたしところ+,「かんらくしました!」とった+ 22  そのげてきたひとまえゆうがた,エホバのちから*わたしはたらき,そのひとあさわたしところまえに,かみわたしくちひらいた。それでわたしくちけるようになった+ 23  そして,エホバがわたしかたけてこうった。 24  「ひとよ,これらのはいきょひとたち+はイスラエルのについてこうっている。『アブラハムはたった1人ひとりだったのに,このしょゆうするようになった+わたしたちはおおぜいいるのだから,このわたしたちがしょゆうするようにあたえられたにちがいない』。 25  それで,かれらにいなさい。『しゅけんしゃであるしゅエホバはこうっている。「あなたたちはにくとも+けがらわしいぐうぞう*をしきりにて,なが*つづける+。それなのにこのしょゆうすることがゆるされるだろうか。 26  あなたたちはぶんつるぎたよ+まわしいおこないにふけり,それぞれりんじんつまけがした+。それなのにこのしょゆうすることがゆるされるだろうか+」』。 27  あなたはかれらにこうわなければならない。『しゅけんしゃであるしゅエホバはこうっている。「わたしは,きているわたししんけてちかう。はいきょんでいるひとたちはつるぎによってたおれる。はらにいるひとたちを,わたしじゅうべさせる。とりでやどうくつにいるひとたちはびょう+ 28  わたしはそのをすっかりてたところにし+,そのこうまんほこりはうしなわれ,イスラエルのやまやまこうはい+,そこをとおひとはいなくなる。 29  かれらがおこなったあらゆるまわしいことがらのために+わたしがそのをすっかりてたところにするとき+かれらはわたしがエホバであることをらなければならなくなる」』。 30  ひとよ,あなたのどうほうたちは,じょうへきのそばやいえぐちであなたについてはなしている+。それぞれぶんきょうだいに,『エホバからのこときにこう』とっている。 31  かれらはむらがってきて,わたしたみとしてあなたのまえすわる。そしてあなたのことくが,したがいはしない+かれらのくちはあなたをおだてるが*こころとうえきどんよくもとめる。 32  あなたはかれらにとって,げんがったくみなえんそうわせてうつくしいこえうたわれる,じょうねつてきあいうたのようだ。かれらはあなたのことくが,だれこうどうしない。 33  そのことかならじつげんする。それがじつげんするときかれらはぶんたちのなかげんしゃがいたことをらなければならなくなる+」。

脚注

直訳,「その人の血はその人自身の頭上にある」。
または,「その人の血の代価を見張りに求める」。
または,「その人の血の代価をあなたに求める」。
または,「不公正な」。
または,「に導く」。
または,「その人が犯したどの罪も思い出されることはない」。
直訳,「手」。
または,「人を殺し」。
ヘブライ語で「ふん」を意味する言葉と関連があると考えられる,嫌悪を表す表現。
または,「みだらなことを語り」。

注釈

メディア