エゼキエル​書 24:1-27

24  第9年,第10の月の10日,エホバが再び私に語り掛けてこう言った。  「人の子よ,この日付を,まさにこの日を記録しなさい。バビロンの王はまさにこの日にエルサレムを攻め始めた+  反逆的な民に関する例えを語り,彼らについてこう言いなさい。 『主権者である主エホバはこう言っている。 「鍋を火に掛けよ。火に掛けて,水を入れよ+   あらゆる良い肉片を鍋に入れよ+ももと肩の肉を入れ,最上の骨で鍋を満たすのである。   最上の羊+を選び,鍋の下にまきを敷き詰めよ。肉片をゆで,骨を煮るように」』。  主権者である主エホバはこう言う。 『流血に満ちた都市+には災いがある!この都市はさび付いた鍋であり,さびが取り除かれていない。肉を1切れずつ全て取り出せ+くじを引いて選んではならない。   血が都市の中にあるからである+彼女*は血をむき出しの岩に注いだ。地面には注がず,土で覆わなかった+   私は,復讐するために激しい怒りをかき立てようと,彼女の血をむき出しの岩に注がれたままにし,その血が覆われないようにした+』。  主権者である主エホバはこう言う。 『流血に満ちた都市には災いがある+私はまきを高く積み上げる。 10  まきを積み重ね,火をおこせ。肉を十分にゆで,肉汁を注ぎ出し,骨を焦がせ。 11  空の鍋を炭火の上に置き,銅が真っ赤になるまで熱するように。鍋の汚れは中で溶け+,さびはなくなっていく。 12  しかし,努力もむなしく,もどかしいことに,頑固なさびは落ちない+鍋をそのさびごと火に投げ入れよ!』 13  『あなたの汚れは,みだらな行いのせいである+。私はあなたを清めようとしたが,あなたは汚れたままで清くならなかった。あなたに対する私の激しい怒りが和らぐまで,あなたは清くならない+ 14  私エホバが語ったのである。これは必ず起きる。私はためらわずに行動し,悲しまず,嘆かない*+。あなたは自分の生き方や行いに応じて裁かれる』と,主権者である主エホバは宣言する」。 15  エホバが再び私に語り掛けてこう言った。 16  「人の子よ,私は,あなたの愛する人を速やかに*奪おうとしている+。あなたは嘆いて*はいけない。泣いて涙を流してもいけない。 17  声を出さずに悲しみなさい。死者のために喪に服してはいけない+。ターバンを巻き+,サンダルを履きなさい+。口ひげ*を覆ってはいけない+。人が持ってきたパンを食べてはいけない+」。 18  朝に私は人々に語り掛け,夕方に妻が死んだ。それで次の朝,私は命じられた通りにした。 19  人々は私に,「あなたがしているこれらのことが私たちとどんな関係があるのか,話してくれませんか」と言った。 20  私は彼らに答えた。「エホバが私に語り掛けて,こう言いました。 21  『イスラエル国民に言いなさい。「主権者である主エホバはこう言っている。『私は,私の聖なる所を汚そうとしている+。あなたたちが大いに誇り,大切にし,心から慕っている場所を汚すのである。あなたたちが残してきた息子や娘は,剣によって倒れる+ 22  そしてあなたたちは,エゼキエルがした通りにしなければならない。口ひげを覆わず,人が持ってきたパンを食べない+ 23  ターバンを巻き,サンダルを履く。嘆くことも泣くこともしない。自分の過ちのせいで弱り果て+,互いに悲しみを表す。 24  エゼキエルはあなたたちに対するしるしとなった+。あなたたちは彼がした通りにする。それが起きる時,あなたたちは私が主権者である主エホバであることを知らなければならなくなる』」』」。 25  「人の子よ,私は民の要塞を取り去る。彼らが喜び,大切にし,心から慕っているその美しい物を,彼らの息子や娘と共に取り去るのである+。その日に, 26  逃れた人が,起きた事をあなたに報告する+ 27  その日に,あなたは口を開いて,逃れた人に語り掛け,もはや黙ったままではいない+。あなたは彼らに対するしるしとなり,彼らは私がエホバであることを知らなければならなくなる」。

脚注

都市つまりエルサレムのこと。
または,「悔やまない」。
直訳,「一撃で」。
または,「胸をたたいて」。
または,「上唇」。

注釈

メディア