エゼキエル​書 17:1-24

17  エホバが再び私に語り掛けてこう言った。  「人の子よ,イスラエル国民に関して謎を掛け,例えを語りなさい+  こう言わなければならない。『主権者である主エホバはこう言っている。「大きい翼と長い羽を持ち,色とりどりの豊かな羽毛に覆われた大きなワシ+が,レバノン+に来て,杉の木の頂を折り取った+  一番上の若枝を取り,それを商業の地*に持ってきて,商人の町に置いた+  それから,その土地の種をいくらか取り+,肥えた畑にまいた。柳のように,豊かな水のほとりに植えたのである。  種は芽生え,低く生い茂るブドウの木+になった。枝葉を内側に向け,根を下に伸ばしていった。こうしてブドウの木が育ち,新芽を出し,枝を伸ばした+  また,大きい翼と羽を持つ+別の大きなワシがやって来た+。するとブドウの木は,植えられた場所からワシに向かってどんどん根を伸ばし,枝葉も伸ばして,水を得ようとした+  この木はすでに,豊かな水のほとりにある良い畑に植えられていた。枝を張って実を結び,立派なブドウの木になるようにである+」』。  こう言いなさい。『主権者である主エホバはこう言っている。「それは立派な木になるだろうか。誰かが根を引き抜き+,実を腐らせ,芽をしおれさせるのではないか+。その木は枯れてしまい,根こそぎ引き抜くのに強い腕力も大勢の人も必要なくなる。 10  植え替えられても,それは立派な木になるだろうか。東風が吹き付けると,完全に枯れてしまうのではないか。それは芽生えた場所で枯れることになる」』」。 11  エホバが再び私に語り掛けてこう言った。 12  「どうか反逆的な民に言ってほしい。『あなたたちはこれらのことが何を意味するか分からないのか』。こう言いなさい。『バビロンの王がエルサレムに来て,王*と高官たちを捕らえ,バビロンに連れていった+ 13  さらに,王家の子孫の1人を選んで+その者と契約を結び,誓いを立てさせた+。そして,その土地の主立った人たちを連れ去った+ 14  それは,その王国を弱めて立ち上がれないようにし,契約を守ることによってのみ存続できるようにするためだった+ 15  しかし,ユダの王はついにバビロンの王に反逆して+エジプトに使者を送り,馬+と大軍+を得ようとした。彼は成功するだろうか。このようなことをしている者が,処罰を免れられるだろうか。契約を破っておきながら,逃れられるだろうか+』。 16  『主権者である主エホバはこう宣言する。「私は,生きている私自身に懸けて言う。彼*はバビロンで死ぬ。そこは彼を王にした王*が住む場所であり,彼はその王への誓いを軽んじ,王との契約を破った+ 17  ファラオの大勢の兵から成る大軍は,全く戦いの役に立たない+。攻めるための土塁が築かれ,包囲壁が建てられて,多くの命が奪われる。 18  彼は誓いを軽んじ,契約を破った。約束して*おきながらこれらのことを行ったので,逃れられない」』。 19  『それで,主権者である主エホバはこう言う。「生きている私自身に懸けて誓う。私は彼に,私への誓いを軽んじて+私との契約を破ったことの報いを受けさせる。 20  彼に向かって網を投げ,狩猟用の網で彼を捕らえる+。そしてバビロンに連れていき,そこで彼を裁く。私に対して不忠実なことをしたからである+ 21  彼の軍隊から逃げた者は一人残らず剣によって倒れ,残っている人はあらゆる方向*に散らされる+。あなたたちは,私エホバが語ったことを知らなければならなくなる+」』。 22  『主権者である主エホバはこう言う。「私は,高い杉の木の頂から若枝を取って+植える。小枝の一番上から柔らかい若枝を取り+,高大な山の上に植える+ 23  イスラエルの高い山にそれを植える。それは枝を伸ばし,実を結び,立派な杉の木になる。あらゆる種類の鳥がその木の下に,枝葉の陰にすむ。 24  そして野の全ての木は,私エホバが高い木を低くし,低い木を高くしたことを+知らなければならなくなる。また,私は青々とした木を枯れさせ,枯れた木に花を咲かせた+。私エホバが語り,これを行ったのである」』」。

脚注

直訳,「カナンの土地」。
ユダの王のこと。
ゼデキヤのこと。
ネブカドネザルのこと。
直訳,「手を差し出して」。
直訳,「風」。

注釈

メディア