エゼキエル​書 13:1-23

13  エホバが再び私に語り掛けてこう言った。  「人の子よ,イスラエルの預言者たちに対して預言しなさい+。預言をでっち上げる*者たち+にこう言いなさい。『エホバの言葉を聞きなさい。  主権者である主エホバはこう言っている。「何も見ていないのに,自分の心のままに語る愚かな預言者には災いがある+  イスラエルよ,あなたの預言者たちは,廃虚にいるキツネのようになった。  あなたたちは,石の壁が崩れている箇所に行かず,エホバの日+の戦いでイスラエル国民が立ち続けられるように壁を建て直そうとはしない+」。  「彼らは偽りの幻を見て,偽りの予告をしている。エホバに遣わされていないのに,『エホバの言葉はこうである』と言っており,自分たちの言葉が実現するのを待ちわびてきた+  私が何も述べていないのに,『エホバの言葉はこうである』と言うあなたたちは,偽りの幻を見て偽りの予告をしているのではないか」』。  『それで,主権者である主エホバはこう言う。「『あなたたちが偽りを語り,偽りの幻を見たので,私はあなたたちに敵対している』と,主権者である主エホバは宣言する+」。  私は手を伸ばし,偽りの幻を見て偽りの予告をする預言者たちを処罰する+。彼らは私と親しい民の中にいることはなくなり,イスラエル国民の登録簿に記されることもなく,イスラエルの土地に戻ることもない。こうして,あなたたちは私が主権者である主エホバであることを知らなければならなくなる+ 10  この全ては,平和がないのに彼らが「平和だ!」と言って+私の民を惑わしたためである。薄い仕切り壁が造られると,彼らはそれにしっくいを塗る*+』。 11  しっくいを塗る者たちに,その壁は倒れると言いなさい。激しい雨が打ち付け,ひょうが*降り,暴風が壁を壊す+ 12  壁が倒れると,あなたたちは,『塗ったしっくいはどうなったのか』と問われる+ 13  それで,主権者である主エホバはこう言う。『私は,憤りのうちに暴風を起こし,怒りのうちに激しい雨を生じさせ,激怒のうちにひょうを降らせて壁を破壊する。 14  私はあなたたちがしっくいを塗った壁を壊して地面にたたきつけ,その土台をむき出しにする。都市が倒れると,あなたたちもその中で滅びる。あなたたちは私がエホバであることを知らなければならなくなる』。 15  『私は,壁に対して,またそれにしっくいを塗った者たちに対して,憤りを十分に表す時,あなたたちにこう言う。「壁はもうなく,しっくいを塗る者たちももういない+ 16  エルサレムに向かって預言し,平和がないのに,その都市は平和だという幻を見るイスラエルの預言者たちは,いなくなった+」』と,主権者である主エホバは宣言する。 17  人の子よ,あなたの民の娘たち,預言をでっち上げる女性たちに厳しい顔を向け,彼女たちに対して預言しなさい。 18  こう言いなさい。『主権者である主エホバはこう言っている。「皆の腕に巻くための布*を縫い合わせ,皆の*頭のためのベールを作って,人々の命を捕らえようとする女性たちには災いがある! あなたたちは,私の民の命を捕らえ,自分たちの命を保とうとしているのか。 19  わずかな大麦や少しのパンのために,私の民の中で私を汚すのか+。うそに耳を傾ける民にうそをつくことにより,死ぬべきでない人を死なせ,生きるべきでない人を生かしておくのか+」』。 20  主権者である主エホバはこう言う。『女性たちよ,私は,あなたたちが鳥を捕らえるかのように人々を捕らえるために使う布を憎み,あなたたちの腕から剝ぎ取る。そして,鳥のように捕らわれている人たちを解放する。 21  また,あなたたちのベールを剝ぎ取り,あなたたちの手から私の民を救い出す。あなたたちはもはや私の民を捕らえることはなく,私がエホバであることを知らなければならなくなる+ 22  私が正しい人を苦しめなかったのに,あなたたちは正しい人を偽りによって落胆させた+。また,悪人を後押しして*+,そういう人が悪い行いをやめて生き続けることがないようにした+ 23  それで,女性たちよ,あなたたちはもう偽りの幻を見ることも占いをすることもない+。私はあなたたちの手から私の民を救い出し,あなたたちは私がエホバであることを知らなければならなくなる』」。

脚注

または,「自分の心のままに預言する」。
もろい内壁を造り,しっくいを塗って頑丈に見せ掛けようとする,ということ。
直訳,「ひょうよ,あなたたちも」。
肘や手首に巻く魔術用のバンドのこと。
または,「あらゆる背丈の人の」。
直訳,「の手を強くして」。

注釈

メディア