エゼキエル​書 10:1-22

10  さらにていると,ケルブたちのじょうにあるだい*うえに,サファイアのいしのようなものがあらわれた。それはおうのようにえた+  かみぬのふくもの+った。「しゃりんあいだ+,ケルブのしたはいり,ケルブのあいだにあるすみ+りょうたし,うえにまきらしなさい+」。それでわたしていると,そのものはいっていった。  そのものはいったとき,ケルブたちはいえ*みぎがわっており,くもうちがわにわちていた。  そして,エホバのえいこう+がケルブたちからのぼっていえぐちところうつり,いえじょじょくもたされ+にわはエホバのえいこうかがやきでちた。  ケルブたちのつばさおとが,そとがわにわにまでこえた。それはぜんのうかみこえのようだった+  かみぬのふくものに,「しゃりんあいだ,ケルブのあいだからっていきなさい」とめいじ,そのものはいっていってしゃりんのそばにった。  ケルブの1人ひとりが,ケルブたちのあいだにあった+かってばし,をいくらかって,ぬのふくもの+りょういた。そのものってていった。  ケルブたちのつばさしたには,にんげんのようなものがあった+  わたしていると,ケルブたちのそばに4つのしゃりんがあった。それぞれのケルブのそばに1つのしゃりんがあり,かんらんせきのようにひかっていた+ 10  しゃりんは4つともおなかたちをしていて,なかがあるかのようだった。 11  しゃりんすすとききをえずに4つのどのほうこうにもくことができた。ケルブのあたまいているほうへ,きをえずにくのである。 12  ケルブたちのぜんしん,そのなかつばさ,また4にんのケルブのそばにあるしゃりんは,たくさんのおおわれていた+ 13  また,しゃりんかって「しゃりんよ!」とけるこえこえた。 14  ケルブにはそれぞれ4つのかおがあった。1つはケルブのかお,2つにんげんかお,3つはライオンのかお,4つはワシのかおだった+ 15  ケルブたちはのぼっていくのであった。それはわたしがケバルがわたのとおなものだった+ 16  ケルブがすすむと,しゃりんいっしょすすみ,ケルブがつばさひろげてじょうからたかがると,しゃりんきをえず,そのそばをはなれなかった+ 17  ケルブがまると,しゃりんまり,ケルブがのぼると,しゃりんいっしょのぼった。ものはたらいているせいなるちからしゃりんなかにもあったからである。 18  エホバのえいこう+は,いえぐちところからはなれ,ケルブたちのうえにとどまった+ 19  ていると,ケルブたちはつばさひろげてじょうからのぼり,しゃりんいっしょのぼっていった。ケルブたちはエホバのいえひがしもんぐちまり,イスラエルのかみえいこうがそのうえかがやいていた+ 20  これは,わたしがケバルがわで,イスラエルのかみもとにいるのをものであり+わたしはそれがケルブであることをった。 21  ケルブは4にんとも4つのかおと4つのつばさがあり,つばさしたにはにんげんのようなものがあった+ 22  そのかおは,ケバルがわのほとりでたのとおなじだった+。ケルブたちはそれぞれっすぐにぜんしんするのであった+

脚注

または,「大空」。
神殿のこと。

注釈

メディア