エゼキエル​書 10:1-22

10  さらに見ていると,ケルブたちの頭上にある台座*の上に,サファイアの石のようなものが現れた。それは王座のように見えた+  神は亜麻布の服を着た者+に言った。「車輪の間+,ケルブの下に入り,ケルブの間にある炭火+を両手に満たし,都市の上にまき散らしなさい+」。それで私が見ていると,その者は入っていった。  その者が入った時,ケルブたちは家*の右側に立っており,雲が内側の庭に満ちていた。  そして,エホバの栄光+がケルブたちから昇って家の戸口の所に移り,家は徐々に雲で満たされ+,庭はエホバの栄光の輝きで満ちた。  ケルブたちの翼の音が,外側の庭にまで聞こえた。それは全能の神の声のようだった+  神は亜麻布の服を着た者に,「車輪の間,ケルブの間から火を持っていきなさい」と命じ,その者は入っていって車輪のそばに立った。  ケルブの1人が,ケルブたちの間にあった火+に向かって手を伸ばし,火をいくらか取って,亜麻布の服を着た者+の両手に置いた。その者は火を持って出ていった。  ケルブたちの翼の下には,人間の手のようなものがあった+  私が見ていると,ケルブたちのそばに4つの車輪があった。それぞれのケルブのそばに1つの車輪があり,かんらん石のように光っていた+ 10  車輪は4つとも同じ形をしていて,輪の中に輪があるかのようだった。 11  車輪は進む時,向きを変えずに4つのどの方向にも行くことができた。ケルブの頭が向いている方へ,向きを変えずに行くのである。 12  ケルブたちの全身,その背中と手と翼,また4人のケルブのそばにある車輪は,たくさんの目で覆われていた+ 13  また,車輪に向かって「車輪よ!」と呼び掛ける声が聞こえた。 14  ケルブにはそれぞれ4つの顔があった。1つ目はケルブの顔,2つ目は人間の顔,3つ目はライオンの顔,4つ目はワシの顔だった+ 15  ケルブたちは昇っていくのであった。それは私がケバル川で見たのと同じ生き物だった+ 16  ケルブが進むと,車輪も一緒に進み,ケルブが翼を広げて地上から高く舞い上がると,車輪も向きを変えず,そのそばを離れなかった+ 17  ケルブが止まると,車輪も止まり,ケルブが昇ると,車輪も一緒に昇った。生き物に働いている聖なる力が車輪の中にもあったからである。 18  エホバの栄光+は,家の戸口の所から離れ,ケルブたちの上にとどまった+ 19  見ていると,ケルブたちは翼を広げて地上から昇り,車輪も一緒に昇っていった。ケルブたちはエホバの家の東の門の入り口で止まり,イスラエルの神の栄光がその上で輝いていた+ 20  これは,私がケバル川で,イスラエルの神の下にいるのを見た生き物であり+,私はそれがケルブであることを知った。 21  ケルブは4人とも4つの顔と4つの翼があり,翼の下には人間の手のようなものがあった+ 22  その顔は,ケバル川のほとりで見たのと同じだった+。ケルブたちはそれぞれ真っすぐに前進するのであった+

脚注

または,「大空」。
神殿のこと。

注釈

メディア