エズラ​記 3:1-13

3  第7の月+になり,それぞれの町にいたイスラエル人は,同じ思いでエルサレムに集まった。  エホツァダクの子エシュア+と仲間の祭司たち,シャルテル+の子ゼルバベル+とその兄弟たちは,立ち上がってイスラエルの神の祭壇を作った。真の神に仕えた人モーセの律法に記されている通りに+,全焼の犠牲を祭壇の上で捧げるためだった。  彼らは周囲の国の人々を恐れながらも+,祭壇を元の場所に設け,朝と夕方に,全焼の犠牲をエホバに捧げ始めた+  そして,律法に記されている通りに仮小屋の祭りを行い+,毎日,定められている数の全焼の犠牲を捧げた+  その後,日々の全焼の捧げ物+,新月+の捧げ物,エホバの全ての神聖な祭りの時期+のための捧げ物,また民から差し出されたエホバへの自発的な捧げ物+を捧げた。  第7の月の1日+から全焼の犠牲をエホバに捧げ始めたが,エホバの神殿の土台はまだ据えられていなかった。  彼らは石切り工+と職人+にお金を渡した。また,シドン人とティルス人には食べ物や飲み物や油を与えた。ペルシャのキュロス王の許可の下+,レバノンから海路でヨッパ+へ杉材を運ばせるためである。  エルサレムの真の神の家に来た年の翌年,第2の月に,シャルテルの子ゼルバベル,エホツァダクの子エシュア,彼らの兄弟たち,祭司とレビ族,捕囚の地からエルサレムに帰ってきた全ての人+は,工事に着手した。20歳以上のレビ族の人たちが,エホバの家の工事の監督として任命された。  そこで,ユダの子孫である,エシュアとその子たちや兄弟たち,カドミエルとその子たちが協力し,真の神の家の工事をする人たちを監督した。レビ族である,ヘナダドの子たち+と,彼らの子たちや兄弟たちも,同じようにした。 10  建築者たちがエホバの神殿の土台を据えると+,正装をした祭司たちはラッパを持ち+,アサフの子孫であるレビ族の人たちはシンバルを持って,イスラエルのダビデ王の指示通りにエホバを賛美する+ために立ち上がった。 11  そして,エホバに賛美と感謝を捧げ,「神は善い方で,イスラエルへの揺るぎない愛は永遠に続く+」と交互に歌った+。民も皆,エホバの家の土台が据えられたことで,エホバを大声で賛美した。 12  祭司,レビ族,氏族長のうちの多くの人,つまり以前の神の家+を見たことがある年老いた人たちは,この家の土台が据えられるのを見て大声で泣いた。一方,ほかの大勢は,大きな歓声を上げた+ 13  そのため,民は歓喜の声と泣き声とを区別できなかった。遠くまで聞こえるほどの大きな声だったのである。

脚注

注釈

メディア