エステル​記 8:1-17

8  その,アハシュエロスおうはユダヤじんてき+ハマン+いえをエステルおうあたえた。そして,モルデカイはおうまえた。エステルが,モルデカイとのつながりをあきらかにしたからである+  おうは,ハマンからかえしたにんいんゆび+はずし,モルデカイにわたした。エステルはハマンのいえをモルデカイにたくした+  エステルはふたたおうはなした。おうあしもとにひれして,アガグじんハマンのあくとユダヤじんたいするくわだてをわらせてくれるよう,なみだながらにおうたんがんした+  おうきんおうしゃくしたので+,エステルはこしておうまえち,  こうった。「もしおうにとっていとおもわれ,わたしおうこうており,おうがこのことをてきせつおもわれ,わたしおうにかなうのでしたら,あのいんけんなアガグじん+ハメダタのハマンのしょじょう+めいれいしるされますように。ハマンがおうすべてのしゅうのユダヤじんほろぼすためにいたしょめんでございます。  ぶんみんぞくかるさいなんをどうしてていられるでしょうか。しんぞくほろびをどうしてていられるでしょうか」。  アハシュエロスおうはエステルおうとユダヤじんモルデカイにった。「わたしはハマンのいえをエステルにあた+,ハマンをくいけた+。ユダヤじんさつがいくわだてたからだ。  さあ,ユダヤじんのためにいとおもうことをおうまえき,おうにんいんゆびいんしなさい。おうまえかれておうにんいんゆびいんされためいれいてっかいできないからだ+」。  そのときだい3のつきすなわちシワン*つきの23にちに,おうしょかんしょうしゅうされた。そして,ユダヤじんと,インドからエチオピアにおよぶ127のしゅうたいしゅ+そうとくこうかん+てて,モルデカイがめいじたことすべてをいた。それぞれのしゅう*使つかってそれぞれのみんぞくげんで,またユダヤじんにはその*げんいた。 10  しょめんは,アハシュエロスおうまえかれ,おうにんいんゆび+いんされ,きゅう使によっておくられた。きゅう使たちは,おうしつようそだてられたはやうまっていった。 11  おうはそのしょめんで,すべてのまちのユダヤじんに,しゅうごうしてぶんたちのいのちまもることをゆるし,じょせいどもふくめ,ユダヤじんおそおうとするどのみんぞくしゅうものたちをもころし,ほろぼし,ぜんめつさせて,ざいさんうばることをゆるした+ 12  それは,アハシュエロスおうすべてのしゅうで,だい12のつきすなわちアダル*つきの13にちに,1にちのうちにおこなわれるのである+ 13  そのしょめん*は,すべてのしゅういたところほうれいとしてされ,すべてのみんぞくこうされることになった。ユダヤじんが,てきふくしゅうするそのそなえるためだった+ 14  おうしつようはやうまきゅう使たちは,おうめいれいいそいですぐにていった。そのほうれいはシュシャン+じょうでもされた。 15  モルデカイは,あおぬのしろぬのおうふくごときんかんむりむらさきめたじょうとうおりもののマントをけて+おうまえからていった。すると,シュシャンのみやこかんせいがった。 16  ユダヤじんにはぼうひかりよろこびとかんえいがあった。 17  そして,どのしゅう,どのまちでも,おうめいれいほうれいとどいたところでは,ユダヤじんよろこび,かんし,えんかいひらき,いわった。このしょみんぞくおおくのひとが,ぶんはユダヤじんだとせんげんしていた+。ユダヤじんたいするおそれをいだいたからである。

脚注

付録B15参照。
または,「文体」。
または,「文体」。
付録B15参照。
または,「書面の写し」。

注釈

メディア