エステル​記 6:1-14

6  その夜,王は眠れなかった。それで,その時代の歴史を記した書物+を持ってくるように言った。その書物が王の前で朗読された。  すると,次の記述が見つかった。王の2人の廷臣で戸口番のビグタナとテレシュがアハシュエロス王の殺害をたくらんだことについて,モルデカイが報告した,という記述である+  王が,「この件で,モルデカイにどんな栄誉と褒美が与えられたか」と尋ねると,王のそばで仕える人たちは,「何も与えられておりません」と答えた。  その後,王は言った。「庭にいるのは誰か」。ハマンが王の家*の外側の庭+に入ってきていた。用意した杭にモルデカイを掛けることについて王に話すためだった+  王に仕える人たちは言った。「ハマン+が庭に立っております」。それで王は,「通せ」と言った。  ハマンが入ってくると,王は言った。「王が栄誉を与えたいと思う人には,何をすればよいか」。ハマンは心の中で言った。「王は私以外の誰に栄誉を与えたいと思うだろうか+」。  そして王に言った。「王が栄誉を与えたいと思われる人のために,  王がお召しになる王の服+を持ってこさせ,王がお乗りになる馬に特別な頭飾りを付けて,引いてこさせてください。  その衣服と馬を,王に仕える著名な高官の1人に託すのです。王が栄誉を与えたいと思われる人は,それを着て都の広場でその馬に乗ります。その前で,『王が栄誉を与えたいと思う人はこのようにされる』という宣言がなされますように+」。 10  直ちに王はハマンに言った。「急げ! その衣服と馬を取って,あなたが言った通りに,王の門の所に座っているユダヤ人モルデカイに行うのだ。あなたが述べたことを全て行いなさい」。 11  それでハマンは衣服と馬を取り,モルデカイ+に着せ,都の広場で馬に乗せ,その前で,「王が栄誉を与えたいと思う人はこのようにされる」と宣言した。 12  その後,モルデカイは王の門に戻った。ハマンは,嘆いて頭を覆い,家へと急いだ。 13  ハマンが妻ゼレシュ+と友人たち全員に,自分に生じたことを何もかも語ると,賢人たちと妻ゼレシュは言った。「あなたはすでにモルデカイに負けそうになっていますが,モルデカイがユダヤ人でしたら,あなたはかないません。必ず負けるでしょう」。 14  話し合いが続いているうちに,王の廷臣たちが到着し,エステルの設けた宴会に,急いでハマンを連れていった+

脚注

または,「宮殿」。

注釈

メディア