エステル​記 1:1-22

1  アハシュエロス*がインドからエチオピア*まで127しゅう*はいしていた+だいのことである。  アハシュエロスおうはシュシャン*+じょう*おうについており,  せいだい3ねんすべてのこうかんらいのためにえんかいもよおした。ペルシャ+とメディア+ぐんじんぞくしゅうこうかんしゅっせきしていた。  おうは180にちものあいだかがやかしいおうこくとみや,ぶんえいこうげんしめした。  そのわると,おうは,ぶんじょうわずシュシャンじょうにいたたみぜんいんのために,おうきゅう殿でんにわで7かんえんかいもよおした。  そこには,ぬのじょうとう綿めんあおぬのが,だいせきはしらぎんに,じょうとうおりものむらさきようもうつなでしっかりけられていた。また,きんぎんでできたが,はんがんだいせきしんじゅくろだいせきいたゆかうえかれていた。  ぶどうしゅきんさかずき*され,さかずきひとひとことなっていた。おうていきょうしただけあって,ぶどうしゅたいりょうだった。  むことについて,だれきょうせいされないことになっていた*。それぞれがきにすればよいと,おうきゅう殿でんやくにんたちとめておいたからである。  ワシテ+おうも,アハシュエロスおういえ*じょせいたちのためにえんかいもよおした。 10  7に,アハシュエロスおうは,ぶどうしゅじょうげんになっていたとき,そばでつかえる7にんていしんメフマン,ビズタ,ハルボナ+,ビグタ,アバグタ,ゼタル,カルカスにめいじて, 11  ワシテおうおうあたまかざ*をかぶらせておうまえれてこさせようとした。そのうつくしさをたみこうかんせるためだった。おうはとてもうつくしかったのである。 12  しかし,ワシテおうていしんつたえたおうめいれいこばつづけ,ようとしなかった。それでおうたいへんはらて,はげしいいかりにえた。 13  そこでおうは,せんれい*じゅくしているけんじんたちとはなした。(おうは,ほうりつしょうつうじたすべてのひとそうだんするのがつねだった。 14  おうそっきんは,カルシェナ,シェタル,アドマタ,タルシシュ,メレス,マルセナ,メムカンという,ペルシャとメディアの7にんこうかん+で,おううことができ,おうこくもっとくらいたかひとたちだった。) 15  おうたずねた。「ほうりつによれば,ワシテおうをどうすべきか。ていしんつたえたわたしアハシュエロスおうめいれいしたがわないのだ」。 16  メムカンはおうこうかんたちのまえった。「ワシテおうは,おうたいしてだけでなく,アハシュエロスおうすべてのしゅうすべてのこうかんたみたいしても,とうなことをしました+ 17  おうのしたことがわたり,つまたちはみなおっとかるて,『アハシュエロスおうが,ワシテおうれてくるようにとっても,おうこうとしなかった』とうでしょう。 18  今日きょうにも,ペルシャとメディアのこうかんじんたちはおうのしたことをって,おっとにそのことをはなすでしょう。そうすると,たいへんけいべついきどおりがしょうじます。 19  もしおういとおもわれるのでしたら,ワシテはアハシュエロスおうまえてはならないというめいれいし,それをペルシャとメディアのほうりつなかしるして,せないものとなさいますように+。そして,おうくらいをワシテよりすぐれたじょせいさずけられますように。 20  おうのこのめいれいこうだいりょうぜんたいつたわるなら,ぶんじょうわず,つまみなおっとけいはらうでしょう」。 21  おうこうかんたちはこのていあんり,おうはメムカンがはなしたとおりにした。 22  おうは,すべてのしゅう+に,それぞれのしゅう*使つかってそれぞれのみんぞくげんがみおくった。おっとみなつづいえおさ*ぶんみんぞくげんはなすためだった。

脚注

ダリウス大王(ダリウス・ヒュスタスピス)の息子,クセルクセス1世と考えられている。
または,「クシュ」。
または,「管轄地域」。
または,「スサ」。
または,「宮殿」,「要塞」。
または,「器」,「脚付きの酒杯」。
つまり,飲む量は自由だった。
または,「宮殿」。
または,「ターバン」。
または,「手続き」。
または,「文体」。
または,「家で長となり」。

注釈

メディア