イザヤ​書 9:1-21

9  しかし,いんうつさは,なんわれたときのようではなくなる。かつてゼブルンのとナフタリのはずかしめられたときのようではなくなる+のちかみは,うみ沿いのみち,ヨルダンほうこくひとびとのガリラヤがたたえられるようにする。   やみなかあゆんでいたたみは,おおきなひかりた。ふかかげんでいたひとたちのうえに,ひかりかがやいた+   あなたはそのこくみんおおくし,おおいによろこばせた。かれらはあなたのまえよろこぶ。しゅうかくときよろこひとびとのように。せんひんよろこんでけるひとたちのように。   あなたは,かれらがっていたてんびんぼう*や,かたぼうや,ごとてるもののつえをこなごなくだいた。ミディアンのときおなじように+   こうしんしてめんらすながぐつと,にまみれたふくみなにくべるねんりょうとなる。   わたしたちのためにまれた+わたしたちにだんあたえられた。かれかたとうせきにん+らしいじょげんしゃ+ちからづよかみ+えいえんちちへいとうしゃ*ばれる。   かれとう*かぎりなくさかえ,へいがいつまでもつづ+かれはダビデのおうにつき+おうこくによってとうする。そのおうこくこうせい+せい+によってかくりつされ+いまもこれからもずっとそんぞくする。たいぐんひきいるねっしんかみエホバがそうならせる。   エホバはヤコブにけいこくことつたえた。それはイスラエルにたいしてかたられた+   たみみなそのことをる。エフライムもサマリアのじゅうみんも。ごうまんこころがおごりたかぶったかれらはこうう。 10  「れんがはくずれたが,われわれはいしてる+エジプトイチジクのられたが,われわれはわりにすぎ使つかう」。 11  エホバはレツィンのてきたいしゃたちにイスラエルをめさせ,イスラエルのてきたちをふるたせる。 12  ひがしからシリア,西にし*からフィリスティアじん+くちけてイスラエルをむさぼり+たみそむいたために,かみいかりはおさまらず,つためにばされたままである+ 13  たみぶんたちをかたのもとにもどっていないからだ。かれらはたいぐんひきいるエホバにたよっていない+ 14  エホバはイスラエルから,あたまわかえだとイグサ*を1にちのうちに+ 15  うやまわれているちょうろうあたまいつわりをおしえているげんしゃである+ 16  みちびいているひとたちはたみをさまよわせており,みちびかれているひとたちはこんらんしている。 17  そのため,エホバはわかもののことをよろこばず,ちちおやのいないども*ややもめにあわれみをしめさない。かれらはみなはいきょうしゃまたあくにんであり+ふんべつなことをかたっているからである。たみそむいたために,かみいかりはおさまらず,つためにばされたままである+ 18  じゃあくさはのようにえ,いばらとざっそうくす。もりしげみにき,けむりがもうもうとのぼる。 19  たいぐんひきいるエホバはげきし,がった。たみにくべるねんりょうとなる。だれもがきょうだいさえようしゃしない。 20  ひとみぎけるが,まだえている。ひだりらいくが,まんぞくしない。それぞれぶんうでにくをむさぼりう。 21  マナセはエフライムをむさぼりい,エフライムはマナセをむさぼりう。かれらはともにユダをおそ+たみそむいたために,かみいかりはおさまらず,つためにばされたままである+

脚注

用語集参照。
または,「という名で」。
または,「政府」。
直訳,「背後」。
もしかすると,「ヤシの枝とアシ」。
または,「孤児」。

注釈

メディア