イザヤ​書 7:1-25

7  ユダのおう,ウジヤのヨタムのアハズ+だいに,シリアのレツィンおうと,イスラエルのおうでレマルヤのペカハ+が,エルサレムにたたかいをけにやってた。しかし,ることはできなかった+  「シリアがエフライムとんだ」というらせがダビデのおうつたえられた。 アハズのこころたみこころは,かぜすられるもりのようにどうようした。  エホバはイザヤにった。「どうか,アハズにいにってほしい。あなたのシェアル・ヤシュブ*+ともに,せんたくにんはらいたかいどう沿いにある,うえいけすいどう*+はしきなさい。  アハズにこうわなければならない。『れいせいでいるようにしなさい。おそれてはいけない。これら2つのくすぶるまるはしくれのために,シリアのレツィンとレマルヤの+えるいかりのために,こころよわくしてはいけない。  シリアはエフライムとレマルヤのともに,あなたにがいくわえようとたくらみ,こうっている。  「ユダにめていき,いて*せいふく*しよう。そして,タブエルのをそこのおうにしよう+」。  しゅけんしゃであるしゅエホバはこうっている。 「それはせいこうせず,そのようにはならない。   シリアのしゅはダマスカス,ダマスカスのおうはレツィン。わずか65ねんのうちに,エフライムはこなごなくだかれ,たみではなくなる+   エフライムのしゅはサマリア+サマリアのおうはレマルヤの+しっかりとしたしんこうがなければ,あなたたちがしっかりとつづけることはない」』」。 10  エホバはアハズにさらにはなした。 11  「あなたのかみエホバにしるしをもとめなさい+。それははか*のようにふかいか,そらのようにたかいかもしれない」。 12  しかしアハズはった。「わたしもとめません。エホバをためすこともしません」。 13  イザヤはった。「ダビデのおうみなさん,どうかいてください。ひとをいらたせるだけではらず,かみをもいらたせるのですか+ 14  エホバはみなさんにしるしをおあたえになります。おとにんしんしておとこ+,インマヌエル*けます+ 15  そのは,ぜんあくはんだんできるようになるまでに,バターとはちみつべます。 16  そのおとこぜんあくはんだんできるようになるまえに,あなたがおそれている2人ふたりおうかんぜんてられます+ 17  エホバはあなたとたみとあなたのちちぞくに,エフライムがユダからかれて+らいあじわったことがないようななんあじわわせます。アッシリアのおうさせるのです+ 18  その,エホバはくちぶえき,エジプトのナイルがわとおりゅうにいるハエと,アッシリアにいるみつばちせます。 19  それらはみなやってて,けわしいたに*いわすべてのいばらのしげみやみずにとどまります。 20  そのかわ*ほうやとわれたかみそり,すなわちアッシリアのおうにより+,エホバはユダのあたまあしをそり,あごひげもそりとします。 21  そのひとれのわかうし1とうひつじ2ひきかしておくことになります。 22  ミルクがたくさんあるので,ひとはバターをべます。のこっているひとみな,バターとはちみつべるのです。 23  その,かつてぎん1000まいあたいする1000ぼんのブドウのがあったしょはどこも,いばらとざっそうおおわれます。 24  ひとゆみってそこにきます。ぜんたいがいばらとざっそうだらけになるからです。 25  ぜんはくわでひらかれていたやまやまに,あなたはちからなくなります。いばらやざっそうおそれるからです。そこはうしくさをはみ,ひつじらすしょになります」。

脚注

意味,「残りの者だけが帰る」。
または,「水路」。
もしかすると,「脅かして」。
または,「城壁を破壊」。
ヘブライ語,シェオル。用語集参照。
意味,「私たちと共に神がいる」。
または,「ワジ」。
ユーフラテス川のこと。

注釈

メディア