イザヤ​書 7:1-25

7  ユダの王,ウジヤの子ヨタムの子アハズ+の時代に,シリアのレツィン王と,イスラエルの王でレマルヤの子ペカハ+が,エルサレムに戦いを仕掛けにやって来た。しかし,攻め取ることはできなかった+  「シリアがエフライムと手を組んだ」という知らせがダビデの王家に伝えられた。 アハズの心と民の心は,風に揺すられる森の木々のように動揺した。  エホバはイザヤに言った。「どうか,アハズに会いに行ってほしい。あなたの子シェアル・ヤシュブ*+と共に,洗濯人の野原に至る街道沿いにある,上の池の水道*+端に行きなさい。  アハズにこう言わなければならない。『冷静でいるようにしなさい。恐れてはいけない。これら2つのくすぶる丸太の端くれのために,シリアのレツィンとレマルヤの子+の燃える怒りのために,心を弱くしてはいけない。  シリアはエフライムとレマルヤの子と共に,あなたに危害を加えようとたくらみ,こう言っている。  「ユダに攻めていき,引き裂いて*征服*しよう。そして,タブエルの子をそこの王にしよう+」。  主権者である主エホバはこう言っている。 「それは成功せず,そのようにはならない。   シリアの首都はダマスカス,ダマスカスの王はレツィン。わずか65年のうちに,エフライムは粉々に砕かれ,民ではなくなる+   エフライムの首都はサマリア+サマリアの王はレマルヤの子+しっかりとした信仰がなければ,あなたたちがしっかりと立ち続けることはない」』」。 10  エホバはアハズにさらに話した。 11  「あなたの神エホバにしるしを求めなさい+。それは墓*のように深いか,空のように高いかもしれない」。 12  しかしアハズは言った。「私は求めません。エホバを試すこともしません」。 13  イザヤは言った。「ダビデの王家の皆さん,どうか聞いてください。人をいら立たせるだけでは飽き足らず,神をもいら立たせるのですか+ 14  エホバは皆さんにしるしをお与えになります。乙女が妊娠して男の子を産み+,インマヌエル*と名付けます+ 15  その子は,善悪を判断できるようになるまでに,バターと蜂蜜を食べます。 16  その男の子が善悪を判断できるようになる前に,あなたが恐れている2人の王の土地は完全に捨てられます+ 17  エホバはあなたと民とあなたの父の家族に,エフライムがユダから分かれて+以来味わったことがないような苦難を味わわせます。アッシリアの王に来させるのです+ 18  その日,エホバは口笛を吹き,エジプトのナイル川の遠い支流にいるハエと,アッシリアにいる蜜蜂を呼び寄せます。 19  それらは皆やって来て,険しい谷*,岩の裂け目,全てのいばらの茂みや水場にとどまります。 20  その日,川*の地方の雇われたかみそり,すなわちアッシリアの王により+,エホバはユダの頭と脚の毛をそり,顎ひげもそり落とします。 21  その日,人は群れの若い雌牛1頭と羊2匹を生かしておくことになります。 22  ミルクがたくさんあるので,人はバターを食べます。土地に残っている人は皆,バターと蜂蜜を食べるのです。 23  その日,かつて銀1000枚に値する1000本のブドウの木があった場所はどこも,いばらと雑草に覆われます。 24  人は弓矢を持ってそこに行きます。土地全体がいばらと雑草だらけになるからです。 25  以前はくわで切り開かれていた山々に,あなたは近寄らなくなります。いばらや雑草を恐れるからです。そこは牛が草をはみ,羊が踏み荒らす場所になります」。

脚注

意味,「残りの者だけが帰る」。
または,「水路」。
もしかすると,「脅かして」。
または,「城壁を破壊」。
ヘブライ語,シェオル。用語集参照。
意味,「私たちと共に神がいる」。
または,「ワジ」。
ユーフラテス川のこと。

注釈

メディア