イザヤ​書 61:1-11

61  主権者である主エホバの聖なる力が私の上にある+エホバが私を選び*,温厚な人に良い知らせを告げるようにさせたからである+私は神から遣わされて,心が傷ついた人を癒やし,捕らわれている人に釈放を,囚人に目が大きく開かれることを知らせる+   また,エホバの恵み*の年と,私たちの神の復讐の日+について広め,嘆き悲しむ人全てを慰め+   シオンのことで嘆き悲しんでいる人たちに,灰の代わりに頭飾りを,悲しみの代わりに歓喜の油を,落胆の代わりに賛美の衣服を与える。彼らは正義の大木と呼ばれる。エホバがご自分の栄光の*ために植えた木々である+   彼らは古い廃虚を建て直す。過去に荒れ果てた場所を復興し+破壊された町々を元通りにする+長い間荒廃していた場所をである+   「よそ者が立ってあなたたちの羊の群れを世話し,外国人+があなたたちのために農業をし,ブドウを栽培する+   あなたたちはエホバの祭司と呼ばれ+神の奉仕者だと言われる。国々の資産を食べ+彼らの富*について誇る。   恥の代わりに2倍の分け前を得て,屈辱の代わりに自分の分について喜んで叫ぶ。自分たちの土地で2倍の分け前を持つようになり+いつまでも喜ぶことになる+   私エホバは公正を愛し+強奪と不正を憎んでいる+民に誠実に報酬を与え,彼らと永遠の契約を結ぶ+   彼らの子孫は国々の中で知られ+末孫は人々の間で知られる。彼らを見る人は皆,彼らがエホバに祝福された子孫だと分かる+」。 10  私はエホバのことで歓喜する。私の神のことで喜びに満ちる+神は救いの衣服を着せてくださった+正義の外衣*をまとわせてくださった。祭司のに似たターバン+を巻く花婿のように。装飾品で身を飾る花嫁のように。 11  大地が芽を生じさせ,庭園がまかれた種を芽生えさせるように,主権者である主エホバは全ての国の人々の前で,正義+と賛美を芽生えさせる+

脚注

直訳,「に油を注ぎ」。用語集の「油を注ぐ」参照。
または,「善意」。
または,「ご自分を美しくする」。
または,「栄光」。
または,「袖なしの上着」。

注釈

メディア