イザヤ​書 53:1-12

53  わたしたちから*いたことだれしんこうったでしょうか+エホバのちから*+だれしめされたでしょうか+   かれえだのように,かわっためんなかのように,ひと*まえ+どうどうたる姿すがたはしておらず,かがやかしくもない+わたしたちはかれても,そのよう姿けられない。   かれかろんじられ,ひとびとけられた+つうあじわうことになって*おり,びょうをよくっていた。かおわたしたちからかくされているかのようだった*かれかろんじられ,わたしたちはかれした+   かれはまさしくわたしたちのびょうにな+わたしたちのいたみをった+しかしわたしたちは,かれさいやくい,かみたれてくるしんでいるとかんがえた。   かれわたしたちのはんのために+とおされ+わたしたちのあやまちのためにくだかれた+かれしょばつけたのでわたしたちにへいがもたらされ+かれきずのおかげでわたしたちはやされた+   わたしたちはみなひつじのようにさまよい+それぞれのみちあゆんでいた。エホバはわたしたちみなあやまちをかれわせた+   かれしいたげられ+くるしめられるままになったが+くちひらこうとしなかった。ひつじのように,ころされる*ためにれてこられ+ひとたちのまえだまっているひつじのようになり,くちひらこうとしなかった+   かれとうさばきをけて*られた。だれかれけい*しょうさいろうとするだろうか。かれじょうからのぞかれた+わたしたみはんのゆえにむちでたれた*+   あくにんともはかあたえられ+ゆうふくひとともほうむられた+なにちがったことをしておらず*あざむきをかたったこともないのに+ 10  しかし,エホバはかれくだかれることをのぞ*かれくるしむようにしました。もしあなたがかれいのちゆうざいささものとするなら+かれぶんそんて,ながきることになり+エホバののぞまれること*かれとおしてげられます+ 11  かれのうけっまんぞくします。わたしつかえるただしいもの+は,ぶんしきによって,おおくのひとただしいとなされるようにし+かれらのあやまちを+ 12  それで,わたしかれおおくのひとたちとどうようまえあたえ,かれちからがあるものたちとせんひんう。かれぶんいのちささげて*をも+はんしゃたちの1人ひとりかぞえられたからである+かれおおくのひとつみにな+はんしゃたちのためにちゅうさいした+

脚注

直訳,「腕」。
もしかすると,「私たちが」。
または,「神」。
または,「理解して」。
もしかすると,「人々が顔を背けるような者だった」。
または,「ほふられる」。
または,「抑圧と裁きのゆえに」。
または,「生き方」。
または,「ゆえに打たれて死んだ」。
または,「暴力を振るったことはなく」。
または,「喜ばれること」。
または,「喜び」。
直訳,「注ぎ出して」。

注釈

メディア