イザヤ​書 4:1-6

4  その日,7人の女性が1人の男性にすがって+言う。 「私たちは自分のパンを食べ,自分の服を着ます。ただ,あなたの名前を名乗らせてください。私たちの恥*を取り去るためです+」。  その日,エホバが芽生えさせるものは栄光に輝き,土地の実りは生き残ったイスラエル人にとって誇らしく美しいものとなる+  シオンに残っている人とエルサレムに残された人,すなわちエルサレムで生きる者として書き記される人は皆+,聖なる者と呼ばれる。  エホバは処罰の力*と焼き払う**によって+,シオンの住民*の汚れ*を洗い流し+,エルサレムの中で流された血を洗い落とす。その時,  エホバはシオンの山全体と大会が行われる場所の上に,昼は雲と煙を,夜は明るく燃える火を生じさせる+。栄光に輝くもの全てが保護されるのである。  また,昼の暑さをしのぎ+,嵐や雨から避難するための仮小屋が建てられる+

脚注

結婚しておらず子供がいない,という恥辱のこと。
ヘブライ語,ルーアハ。用語集参照。
または,「浄化する」。
ヘブライ語,ルーアハ。用語集参照。
直訳,「娘たち」。
直訳,「排せつ物」。

注釈

メディア