イザヤ​書 36:1-22

36  ヒゼキヤおうせいだい14ねんに,アッシリア+おうセナケリブがユダのぼうされたまちまちすべてをめにて,せんりょうした+  アッシリアのおうはラキシュ+から,ラブシャケ*+たいぐんともにエルサレムのヒゼキヤおうところおくった。かれらは,せんたくにんはらいたかいどう沿いにある+うえいけすいどう+のそばにじんった。  すると,いえ*ひとたちのまとめやくでヒルキヤのであるエリヤキム+しょかんシェブナ+,アサフのであるろくかんヨアハが,ラブシャケのところていった。  するとラブシャケがこうった。「ヒゼキヤにってもらいたい。『アッシリアのおうだいおうはこうっている。「おまえはどうしてそこまでつよなのか+  おまえは『わたしにはせんりゃくせんりょくがある』とうが,それはくちさきだけだ。いったいだれたよって,わたしそむくのか+  いいか。おまえは,エジプトというあのれかけたアシのささえにたよっているが,かっても,それにのひらをとおされるだけだ。エジプトのおうファラオにたよるなら,みなそのようになるのだ+  おまえたちはわたしに,『わたしたちがたよっているのは,わたしたちのかみエホバだ』とうだろう。だが,ヒゼキヤはそのかみたかしょさいだんつぎつぎのぞいてしまったではないか+。そしてユダとエルサレムに,『このさいだんまえでひれすべきだ』とっている+」』。  わがしゅじんであるアッシリアのおう+けをしたらいい。おまえがじゅうぶんようできたら,2000とううまあたえてやろう。  へいしゃしゅのためにエジプトにたよるおまえには,わがしゅじんらいなかもっとたないそうとく1人ひとりさえもかえせないだろう。 10  わたしがエホバからのきょなしにこのほろぼそうとしてのぼってきたとおもうか。エホバがわたしに,『こののぼってほろぼせ』とったのだ」。 11  エリヤキムとシェブナ+とヨアハは,ラブシャケ+った。「アラム*+はなしてください。わたしたちはかいできますから。じょうへきうえひとたちにこえるところでは,ユダヤじんげんはなさないでください+」。 12  ラブシャケはった。「わがしゅじんは,これらのことをおまえのしゅじんやおまえだけにはなすようわたしつかわしたというのか。じょうへきうえすわっているものたちにもはなすためではないか。かれらもおまえたちとともぶん便べんべ,尿にょうむようになるのだ」。 13  ラブシャケはって,ユダヤじんげんおおごえでこうさけんだ+。「アッシリアのおうだいおうこと+ 14  おうはこうっている。『ヒゼキヤにだまされるな。かれにはおまえたちをすくすことなどできない+ 15  ヒゼキヤが「エホバはかならすくしてくださる。このがアッシリアのおうわたされることはない」とおまえたちにってエホバをしんらいさせようとしても,そのるな+ 16  ヒゼキヤのうことにみみしてはならない。アッシリアのおうはこうう。「へいおうじ,こうふくせよ。そうすれば,それぞれがぶんのブドウのやイチジクのべ,ぶんみずためのみずめるようになる。 17  やがてわたしが,おまえたちののようなへとれていってやる+。そこには,こくもつあたらしいぶどうしゅ,パンとブドウえんがふんだんにある。 18  『エホバがすくしてくださる』とうヒゼキヤにあざむかれてはならない。くにぐにかみなかに,アッシリアのおうからぶんくにすくったかみがいるか+ 19  ハマトやアルパドのかみがみはどこにいるのか+。セファルワイムのかみがみはどこにいるのか+。そのかみがみはサマリアをわたしからすくったか+ 20  こうしたくにかみがみだれわたしからぶんくにすくえなかったのに,エホバはわたしからエルサレムをすくえるというのか+」』」。 21  それでも,かれらはちんもくまもり,ひとことこたえなかった。おうから,「みなさんはこたえてはなりません」とめいじられていたからである+ 22  いえ*ひとたちのまとめやくでヒルキヤのであるエリヤキム,しょかんシェブナ+,アサフのであるろくかんヨアハはふくき,ヒゼキヤのところて,ラブシャケのことつたえた。

脚注

または,「献酌人の長」。
または,「宮殿」。
または,「シリア語」。
または,「宮殿」。

注釈

メディア